商品

March 26, 2011

農業とIT

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第236号  2011/3/26 『農業とIT』
  ▼ 東日本大震災による災害お見舞いと慶の対応について
  ▼ (1)医療系SEは存在するが、農業系SEは存在しない
  ▼ (2)日本の農業に起きる3つの流れ
  ▼ (3)ヤル気のある専業農家が置かれている状況
  ▼ (4)農家.comの第一の使命は農家の売上拡大
  ▼ (5)ITを使った農業周辺ビジネスを生み出す
  ▼ (6)自給自足への関心が一層高まる
  ▼ あとがき


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  東日本大震災による災害お見舞いと慶の対応について
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

東日本大震災におきまして、被害にあわれた皆様に心より
お見舞い申しあげるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、
深くお悔やみを申しあげます。

東日本大震災に関する弊社の対応については、弊社ホームページの
下記記事を参照してください。

 「東日本大震災に関する弊社の対応」
 http://www.kei-it.com/newsseminar.html#20110316



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (1)医療系SEは存在するが、農業系SEは存在しない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

医療ITについては、第233号「医療IT市場」で医療とITとが不可分に
結びついていること、医療IT市場が巨大であることを示しました。

 第233号「医療IT市場」
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2010/12/it-480b.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/233-101231.html


一方、農業は医療ほどにはITが入りこんでいません。

医療系SE(医療系業務知識を持ったSE)は存在しますが、農業系SEは
存在しません。

医療IT市場は証券/その他金融の1.75倍、建設/土木の3倍の市場規模を
持っていますが、農業の場合は市場規模を論じる以前に、農業IT市場
というカテゴリーそのものが存在しません。

しかし、今回のメルマガでは、慶のような中小ソフトウェア会社が
農業に貢献できることもあるという話をします。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (2)日本の農業に起きる3つの流れ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今後、日本の農業では次の3つの流れが同時に進行します。

(A)ヤル気のある専業農家の大規模化、集約化
 →大規模化が容易な平坦な土地中心に進む。

(B)農業周辺ビジネスの拡大
 →大規模化が難しい中山間地、都市近郊の土地中心に進む。

(C)零細な兼業農家の衰退


この3つの流れが同時に進行する理由については、「新航海術の補足
ブログ」の下記記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]日本の農業に起きる3つの流れ
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-4823.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (3)ヤル気のある専業農家が置かれている状況
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶では2009年6月に農家.comという農家専用のショッピングモールを
立ち上げました。

 農家.com:http://www.nou-ka.com/


現在15の農家が出店しています。

商品情報、ブログ記事、豆知識、調理情報などを自分で積極的に書き込む
ITリテラシーの高い農家もいらっしゃいます。

彼らは「(A)ヤル気のある専業農家の大規模化、集約化」の流れにいる
人たちです。

専業農家として売上・利益を拡大していきたいと考えている人たちです。

ヤル気のある専業農家が置かれている状況は次のとおりです。
・耕作放棄地はあるので、需要さえあれば、規模の拡大は可能。
・しかし、既存の販路では作っても、作っても利益が出ない。

「既存の販路では作っても、作っても利益が出ない」理由については
「新航海術の補足ブログ」の下記記事を参照してください。


 [新航海術の補足ブログ]作っても、作っても利益が出ない
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-8f5b.html


そして、彼らと話をすると、「新しい販路が欲しい」「価格決定権を
取り戻したい」という要求があることが分かります。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (4)農家.comの第一の使命は農家の売上拡大
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そのため、ネット販売を試みる農家も多いのですが、ネット販売では
これまでのJAへの販売には無かったノウハウが必要となります。

JAへの販売では「規格化された商品を大量に作る」ことが求められますが、
ネットの利用者は、逆に「特色」「ニッチ」「訳あり」が大好きです。

農家.comの第一の使命は、上記ノウハウを開拓し、登録農家に伝え、
登録商品が売れるようにすることです。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (5)ITを使った農業周辺ビジネスを生み出す
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次に「(B)農業周辺ビジネスが拡大する」について記します。

慶は既存の請負開発業務の中で収益を確保し、人材を育成しながらも、
長期的には医療IT、農業ITを志向しています。

農業ITの一つとして農家.comを開発・運営しています。

農家.comを拡張しながら、あるいはそこから派生させて、
「ITを使った農業周辺ビジネス」を生み出すことも、慶の使命です。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (6)自給自足への関心が一層高まる
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今回の大震災の影響の一つとして、家庭菜園、週末農業、さらには、
自給自足への関心が一層高まることは確実でしょう。
これは「ITを使った農業周辺ビジネス」を生み出すヒントの一つとなります。


「新航海術の補足ブログ」に自給自足に関連した記事をUPしたので、
興味のある方は参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]どのくらいの農地があれば人一人が生きられるか
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-08eb.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 あとがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶の自社農園の状況については、「1アールの菜園ブログ」
http://www.gamou.jp/nougyo/ で公開しています。

また、農家.comの最新情報はツイッターでも配信するので、是非、
フォローしてください。

 ツイッター「農家.com」http://twitter.com/nou_ka



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの歴史については、
http://www.gamou.jp/comment/2010/02/227-3991.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2011年3月26日現在、670名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

July 07, 2009

7年間で変わったこと、変わらなかったこと

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第221号  2009/7/6 『7年間で変わったこと、変わらなかったこと』

  ▼  まえがき
  ▼  [商品] (1)7年前に開発したショッピングモール
  ▼  [商品] (2)ECサイトの基本機能は7年前と驚くほど変わっていない
  ▼  [商品] (3)農家.comは近年の技術的進化を最大限に利用している
  ▼  [商品] (4)検索エンジンとリスティング広告
  ▼  [商品] (5)開発技術はサービス成功の必要条件の一つに過ぎない



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

農家.com( http://www.nou-ka.com/ )は慶が運営している農家専用の
ショッピングモールです。

今は「山形・新庄果樹園のさくらんぼ」が大好評です。

さくらんぼの注文締切が迫っているので、農家.comを是非ご覧ください。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (1)7年前に開発したショッピングモール
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、慶がショッピングモールを開発したのは、実は今回が初めて
ではありません。

7年前に「anycode」というショッピングモールを開発しました。
(最初は受託開発でしたが、事情があって、途中からkcodeと改称し、
自社サービスとして開発しました。)

雑誌やテレビなどで紹介された商品に特定のコード(anycode)を割り当て、
ユーザがanycodeサイトにアクセスし、そのコードを入力するだけで
該当商品を購入できるというサービスでした。

当時においては携帯電話3キャリアに対応した先進的なサービスでした。

anycodeの詳細については、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を
参照してください。

 [新航海術の補足]anycode
 http://www.gamou.jp/comment/2009/07/anycode.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (2)ECサイトの基本機能は7年前と驚くほど変わっていない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

anycodeのオープンは2002年3月、農家.comのオープンは2009年6月。
その間、7年。

しかし、ショッピングサイトに求められる基本機能は、驚くほど
変わっていません。

検索、会員登録、ショッピングカート、注文、確認メール、
携帯電話対応・・・等、全てanycodeで既に実現されています。


技術面でもWebアプリケーションの基本的な動きは全く変わっていません。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (3)農家.comは近年の技術的進化を最大限に利用している
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、当然のことながら、違いもあります。

この7年間に起きた大きな技術的進化は次の3点でしょう。

・強力なフレームワークの登場
・Ajax
・優れたソフトウェア部品の充実


農家.comはこれらの技術的成果を最大限に活用しています。

この3点について書き出すと長くなるので、新航海術の補足ブログの
下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足]農家.comで用いられている技術
 http://www.gamou.jp/comment/2009/07/com-b4a0.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (4)検索エンジンとリスティング広告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、この7年間では、開発技術の進化もさることながら、サイトを
取り巻く外部環境の変化の方が大きいのではないでしょうか。

例えば、anycodeではユーザをサイトに誘導するために、他メディアと
商品コードが必要でした。

しかし、今ではユーザは、検索エンジンとリスティング広告で誘導
されます。

検索エンジンがメディアとなり、検索キーワード自体が「anycode」と
なってしまったのです。


(もっと重大な外部環境の変化は「低価格化・短納期化圧力」ですが、
テーマが大きすぎるので、ここでは論じません。)



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (5)開発技術はサービス成功の必要条件の一つに過ぎない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第220号「農家.com」で、冬の時代の慶の戦略は次の3点だと述べました。

(A)まず既存のビジネスをしっかりと
(B)基幹系に食い込む
(C)自社サービスを立ち上げる

詳細は下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]冬の時代の慶の戦略
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-a6f0.html
 

「(C)自社サービス」は、極めて限られた予算・人数で開発しなければ
ならなりません。
したがって、最も生産効率が高い開発技術を採用していきます。

しかし、開発技術は自社サービスを成功させるための必要条件の一つに
過ぎません。

成功は、様々な「才能」「情熱」「努力」、そして、「偶然」の複合に
よって達成されます。

7年前も今も・・・。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年7月6日現在、655名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

June 17, 2009

農家.com

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第220号  2009/6/17 『農家.com』
  ▼  まえがき
  ▼  [商品] (1)山形・新庄果樹園のさくらんぼがおすすめ!!
  ▼  [商品] (2)農家.comを開発した理由
  ▼  [商品] (3)農家.com自体の売上、そして、本業への良い影響
  ▼  [商品] (4)他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

本日は、慶が「農家.com」を開発した理由について話します。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (1)山形・新庄果樹園のさくらんぼがおすすめ!!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶が開発・運用している「農家.com」が本稼動しました。
農家.comはインターネット上の農家専用のショッピングモールです。

 農家.com: http://www.nou-ka.com/
 プレスリリース:http://release.vfactory.jp/release/34199.html

6月から7月初旬までの目玉は「山形・新庄果樹園のさくらんぼ」です。

盆地で寒暖の差が大きい新庄市は、果物の栽培に適しており、
生産者は味に絶対の自信を持っております。

ご存じのように、国産品さくらんぼは決して安い金額ではありませんが、
デリケートで上品な味は、海外物の比ではありません。

農家.comでの販売額は、デパートやスーパー、他の果樹園に比べ、
同じ容量で1,500円から2,000円お得になっております。

ご自宅でのご賞味、あるいは贈答品として、是非ご利用ください。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (2)中小ソフト会社の冬の時代はしばらく続く
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、景気の底入れ期待が高まっていますが、中小ソフトウェア会社の
冬の時代はしばらく(2年くらい)続くでしょう。

その理由は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]中小ソフト会社の冬の時代はしばらく続く
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-7525.html

冬の時代にあって、慶の戦略は次の3点です。

(A)まず既存のビジネスをしっかりと
(B)基幹系に食い込む
(C)自社サービスを立ち上げる

詳細は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]冬の時代の慶の戦略
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-a6f0.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (3)農家.com自体の売上、そして、本業への良い影響
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

農家.comは上記(C)にあたります。

農家.comという自社メディアを立ち上げるということには、
二つの目的があります。

第一に、当然、農家.comそのもので売上を上げることです。

第二に、本業(請負開発/研修)へ良い影響を与えることです。
これには次の二つの面があります。

・営業面:実績をアピールし、エンドユーザから小規模案件を
     直接受託する。

・技術面:エンドユーザからの小規模案件に最適な技術を社内に
     蓄積する。

この営業面では、広報の役割が重要になってきます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (4)他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

羅針盤21( http://r21.arrow.jp/ )で6月8日(月)に研修会があり、
その中のテーマの一つとして「広報」を取り上げました。

仕事不足の時代には、技術力だけでなく、アピールも重要であることを
学ぶことができる興味深いセミナーでした。

詳細は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]
 他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/220-2b8b.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年6月17日現在、665名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

June 04, 2009

助成金を活用して最先端技術者を育成する

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第219号  2009/6/4 『助成金を活用して最先端技術者を育成する』
  ▼  まえがき
  ▼  [商品] (1)技術者余りの時代に仕事を取るために
  ▼  [商品] (2)助成金を活用して最先端技術者を育成する
  ▼  [商品] (3)手間をかけて、助成金を取るためだけの研修(?)
  ▼  [商品] (4)数名のRails技術者を養成しておくこと
  ▼  [商品] (5)サービス内容


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

今回は弊社サービスのPR号です。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (1)半歩先を行く技術者の育成が必須
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

> (日銀の亀崎英敏審議委員は)
> 景気の現状については「悪化は続いている」としたが、「急な坂道を
> 転げ落ちるかのような状況にはブレーキがかかってきた」と述べた。
> 企業の生産や売上高が以前の水準に戻るには「相当時間がかかる」と指摘。
> 雇用・所得が悪化して「個人消費も一段と弱まる可能性がある」とも話し、
> 景気が回復に向かっても力強さには欠けるとの認識を示した。
>
> http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090603AT2C0300A03062009.html


「景気が回復に向かっても力強さには欠ける」ということは、
あとしばらく(2年くらい)は、開発予算の削減、技術者余りが続くと
いうことです。

中小ソフト会社が技術者余りの時代に仕事を取るためには、差別化
できる技術者、半歩先を行く技術者の育成が必須となります。

しかし、各社ともに経営状況が苦しいので、技術者を育成する予算を
捻出することが不可能になっています。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (2)助成金を活用して最先端技術者を育成する
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そこで、株式会社慶は「助成金を活用して最先端技術者を育成する」
サービスをご提供いたします。

具体的には次のようなサービスです。

・中小企業緊急安定助成金受給のためのコンサルティングを行なう。
・Ruby on Rails の研修を行なう。(受講料は上記助成金の6割弱)


中小企業緊急安定助成金とは、中小企業が不況などで事業縮小などを
余儀なくされたとき、従業員を休業及び教育訓練させることで雇用を
維持した場合に国から賃金や教育訓練費に対する助成金が支給される
制度です。

この制度を利用すると、休業者一人につき最大1日7,730円の支給を
受けることができます。

しかも、休業期間中に教育訓練を受けるとさらに一人につき1日6,000円
(休業と合わせて13,730円)の支給を受けることができます。


詳細は厚生労働省の下記ページを参照してください。
http://www-bm.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/a01-2.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (3)手間をかけて、助成金を取るためだけの研修(?)
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

中小企業緊急安定助成金(教育訓練)の届出を既に出されている企業、
あるいは現在計画中の企業も多いと思います。

それらの企業の多くは「外部研修」ではなく「事業所内訓練」を計画
されています。
受講料が必要ないからです。

しかし、事業所内訓練による助成金受給には、次の落とし穴があります。


第一に、届出書類、申請書類作成にかかる時間と手間が馬鹿になりません。
その理由については、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照
してください。

 [新航海術の補足ブログ]
 中小企業緊急安定助成金(事業所内訓練)で必要な書類
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-bcf3.html


第二に、社内講師の人件費がかかります。


第三に、教育訓練の内容が本当にスキルアップにつながるものではなく、
助成金を取るためだけのものになってしまいがちです。

つまり、社内にない技術を身につけるのではなく、既に社内にある技術を
伝播するだけの研修になってしまいがちなのです。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (4)数名のRails技術者を養成しておくこと
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

弊社がご提供する研修のテーマは Ruby on Rails です。

生産効率が圧倒的に高いフレームワークだからです。


例えば、楽天は「my Rakuten」をRuby on Railsでリニューアルした際、
「JavaやPHPを利用した従来の開発プロセスに比べ,工数を約3割削減
できた」と証言しています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071219/289701/


弊社も自社サービスを立ち上げるときは、最近では、Java、PHPではなく、
Ruby on Rails を使用しています。

 例:農家ドットコム http://www.nou-ka.com/


今後のことを考え、御社の中で数名のRails技術者を養成しておくことは
けっして無駄にはなりません。


 [関連記事]
 第207号:Java技術者が時間を費やしていること
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2008/07/java_25be.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/207-080721.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (5)サービス内容
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

弊社が提供する Ruby on Rails 研修サービスの概要は次のとおりです。

【助成金コンサルティング】

中小企業緊急安定助成金についてのコンサルティングを行ないます。
(原則として御社に届出・申請を行なっていただきますが、
社会保険労務士資格を有する弊社社員が有料で申請代行を行うことも
可能です。)


【技術研修】

・テーマ:Ruby on Rails によるWEBシステム開発
・期間:20日間(7月スタート)
・場所:弊社内

・コース:下記の二つのコースがあります。
  経験者コース(他の言語でWEBシステムを作成された経験のある方が対象)
  未経験者コース(WEBシステム作成経験のない方が対象)

守りを固めながら、攻めに転じませんか?

このサービスについてのお問合せは、koffice@kei-it.com まで。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年6月4日現在、663名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

January 24, 2007

会計は会社の心臓

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
特別号 2007/1/23
■ まえがき
■ 財務報告書を読んで理解できるようになることが重要
■ しかし、手ごろな本が存在しない
■ 財務諸表が読めないと答えられない問題
■ 短時間で財務諸表が読めるようになる方法
■ 会社の営みがクリアに見えてくる
■ 定価・購入方法


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
■ まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

このたび小冊子「会計は会社の心臓」を出版しました。

本号はその宣伝です。

小冊子「会計は会社の心臓」の試読版は下記URLで公開しています。
http://www.kei-it.com/sailing/pdf/heart_sample.pdf


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 ■ 財務報告書を読んで理解できるようになることが重要
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

下記は新営業マニュアルシリーズで取上げているブライアン・
トレーシーの著作からの引用です。


> 概して起業家は物事を概念的にとらえがちで、数字などの細かい
> ことに注意を払わず、人や製品、セールスに焦点を合わせがちだ。
> 財務管理は専門家からほんの少し指導を受け、実務経験を積めば、
> 比較的簡単に学べるスキルだ。
> そのスキルを身につけ、自分で財務報告書を読んで理解できるように
> なったら、あとは簿記係や会計士を雇って数字を見張ってもらえばいい。
>
>      (ブライアン・トレーシー著
>       「自分らしくお金持ちになるための70の習慣」より)

私はこの意見の次の主張に全面的に賛成します。

・財務管理は比較的簡単に学べるスキルである。
・財務報告書を読んで理解できるようになることが重要である。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 ■ しかし、手ごろな本が存在しない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、ソフトウェア会社を起業した人、起業しようとしている人、
または、中小ソフトウェア会社の管理職になった人が、自分で財務
報告書を読んで理解できるようになるための手ごろな本が存在しない
のです。

財務諸表を作る人向けの本は山のようにありますが・・・。


実は私も困りました。

私は有限会社慶を1998年9月に立ち上げました。
当初は、個人事業主に毛の生えた程度だったので、EXCELで現金出納帳
だけ付けて、あとは税理士にお任せしました。

それでも、税理士が作成した損益計算書は何となく理解できましたが、
貸借対照表はさっぱり分かりませんでした。
会社の規模が小さいうちはそれでも困りませんでした。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
■ 財務諸表が読めないと答えられない問題
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、2001年5月に株式会社化し、会社の規模が急速に大きくなる
(2000年度の売上:630万円 → 2001年度の売上2170万円)につれて、
次のような問題に出会うことになりました。

・試算表をどのように見るのか?
・どこまで借入をしてもよいのか?
・「借入で事務所の敷金を払う」ということをどのように考えるべきか?
・期をまたがる開発はどこまで仕掛とすればよいのか?
・株式配当は行うべきか?
・パッケージ開発費をどこまで資産計上すべきなのか?
・保険積立金をどのように考えればよいのか?
・増資は行うべきか?


これらは、ある程度、財務諸表(特に貸借対照表)が読めないと
答えられない問題です。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
■ 短時間で財務諸表が読めるようになる方法
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、当時私は、(さすがに開発は引退していましたが、)
営業、人事、経理など開発以外のあらゆることをこなしていたので、
おちついて簿記の勉強ができるような状況ではありませんでした。

短時間で財務諸表を読めるようになるためにはどうすればよいか?

この課題の解決策として、私は、会社で起きる一つ一つの事象について、
「これは財務諸表にどのような影響を与えるのか」考えてみることに
しました。

実際にやってみたら、ソフトウェア会社のお金の流れのパターンは
ごくごく限られたものでした。

それらは本冊子の第2章から第4章(↓)に網羅されています。


 2. シンプルな取引
  2.1 請求書と支払通知書の発行
  2.2 顧客からの入金
  2.3 協力会社への支払い
  2.4 販売費及び一般管理費(販管費)
  2.5 入金よりも支払いが先になる場合が多い
  2.6 仕掛金
 3. 借入れ
  3.1 借入れ前
  3.2 借入れ
  3.3 通常の取引
  3.4 元本返済
  3.5 利息支払
  3.6 税引前当期損益
  3.7 当期損益
 4. 増資
  4.1 株式発行による増資
  4.2 内部留保による増資
  4.3 通常の取引
  4.4 税金
  4.5 株式配当

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
■ 会社の営みがクリアに見えてくる
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そして、これらを理解できるようになると、会社の営みがクリアに
見えてきました。
そのことを本冊子の第5章から第6章(↓)で解説しています。

 5. 会社の営みがクリアに見えてくる
  5.1 事業部制
  5.2 カンパニー制
  5.3 部課やプロジェクト単位の収支管理表
  5.4 親会社・子会社
  5.5. 自社製品開発
 6. ソフト会社の会計の本質
  6.1 資産が資産を生む
  6.2 ソフト会社の真の資産
  6.3 ソフト会社の会計の本質

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
■ 定価・購入方法
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


小冊子「会計は会社の心臓」を送料込み・消費税込みで600円で販売
したします。ページ数は61ページです。

試読版は下記URLで公開しています。
http://www.kei-it.com/sailing/pdf/heart_sample.pdf

購入をご希望の方は、メールでお申し込みください。

 申し込みメールアドレス:office@kei-it.comp


返信メールで振込先口座をお教えしますので、振込み確認後の発送と
なります。

|