« 新章の構想 | Main

January 25, 2020

トマトの養液栽培農家

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第257号 2020/01/21 『トマトの養液栽培農家』
▼ まえがき
▼ (1)イスラエルのIoTクラウド農業
▼ (2)練馬区内のトマトの養液栽培農家
▼ (3)ビニールハウス全体
▼ (4)ボイラーとダクト
▼ (5)養液と水
▼ (6)イスラエルのICT農業との違い
▼ あとがき


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは。蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

第256号『新章の構想』(2019年11月9日発行)で記したとおり、
「IT技術者のための農業入門」は次の方向で書き進めます。

第1部:農業のICT化はどの程度進んでいるのか?
第2部:AI、IoT、クラウドと農業

農家.comブログ(↓)では、毎週情報発信をしてますので、是非ご覧ください。

 ブログ:https://www.nou-ka.com/infomes_list_1.html
 調理情報:https://www.nou-ka.com/infomes_list_3.html
 豆知識:https://www.nou-ka.com/infomes_list_5.html


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (1)イスラエルのIoTクラウド農業
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次の文章は竹下正哲著「日本を救う未来の農業」(第3章 最先端ICT農業とは
 第7節 IoTクラウド農業の時代)からの引用です。
イスラエルで行われている農業を記しています。

 ----------------------------
 土壌センサーは、土壌の温度、水分量、pH、ECを分単位で
 リアルタイムに計測してくれる。気象センサーは気温、湿度、
 照度、降水量、風速などをやはり分刻みで計測してくれる。
 さらにすごいのは、日本ではまだまったく使われていないが、
 植物成長量センサーだ。
 ----------------------------

同書では、水に乏しいイスラエルではドリップ灌漑が普及し、
それを基盤として、各種センサーを活用して、IoTクラウド農業が
行われていることを解説しています。

日本では雨が豊富なため、露地でのドリップ灌漑は行われていません。
辛うじてハウス栽培でドリップ灌漑が行われています。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (2)練馬区内のトマトの養液栽培農家
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私は農業ボランティアとして月2回ほど休日に練馬区内の農家に行き、
様々な農作業のお手伝いをしています。

その中にハウス内でトマトの養液栽培(つまりドリップ灌漑)を行っている
農家があります。
練馬区内で行われているトマトの養液栽培としては、先進的な事例です。

その様子を記します。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (3)ビニールハウス全体
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

House_20200126162601    ビニールハウスはUVカットするフィルムで覆われています。

紫外線がカットされるとコナジラミ、アザミウマなどの害虫の侵入が
抑制されるそうです。

ビニールハウス内は白いシートで覆われ、スリッパを履いて入ります。

トマトを植え付ける台(ベッドと呼びます)にはヤシガラが入っています。

植え付けた苗は上からロープで誘引します。

苗は500本植え付けられています。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (4)ボイラーとダクト
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

Ondo 温度センサーがハウス内に一つ吊り下げられていて、設定温度以下になると、
ボイラーに接続されている大きなビニールのダクトに自動的に温風が
送られます。

写真ではビニールのダクトはペシャンコですが、夜気温が下がると温風で膨れます。

 

 

 

 

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (5)養液と水
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

Youeki 養液と水は別系統になっていて、養液と水を別々に、設定された時刻に
自動で流します。
例えば、養液は1日1回、潅水は1日4回など。

養液も水も循環させません。

養液は一種類のみで、生育ステージによって量を変えます。

第5果房開花期が最も多く、第1果房開花期の6倍の量となります。
養液の濃度は変えません。

上記の通り生育ステージによって量が異なるので、第1果房開花期は1分56秒、
第5果房開花期は約11分38秒と設定されています。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (6)イスラエルのICT農業との違い
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

この養液栽培は日本では先進的ですが、冒頭で引用したイスラエルの
ICT農業とは次の点で異なっています。

センサーは温度センサーのみ。(しかもハウス内で1個)
水や養液は自動で流しますが、あくまでも人間の設定です。
研究所が作成したマニュアルと農家の経験値で設定します。
例えば、使う苗(品種、接ぎ木苗か否か等)によっても生育度合いが微妙に違います。
農家はそこを経験値で調整しています。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
あとがき:農家.comのおすすめ商品
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

農家.com https://www.nou-ka.com/ のおすすめ商品

・季節のりんご◇家庭用:3kg
  https://www.nou-ka.com/detail0000000824.html

・令和元年産伊佐米なつほのか(白米)25kg
  https://www.nou-ka.com/detail0000000897.html

・無肥料・無農薬・自然栽培天日干し米『おいらせ夢ロマン』白米5kg  令和元年産 
  https://www.nou-ka.com/detail0000000704.html

|

« 新章の構想 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新章の構想 | Main