« February 2011 | Main | May 2011 »

March 2011

March 26, 2011

農業とIT

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第236号  2011/3/26 『農業とIT』
  ▼ 東日本大震災による災害お見舞いと慶の対応について
  ▼ (1)医療系SEは存在するが、農業系SEは存在しない
  ▼ (2)日本の農業に起きる3つの流れ
  ▼ (3)ヤル気のある専業農家が置かれている状況
  ▼ (4)農家.comの第一の使命は農家の売上拡大
  ▼ (5)ITを使った農業周辺ビジネスを生み出す
  ▼ (6)自給自足への関心が一層高まる
  ▼ あとがき


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  東日本大震災による災害お見舞いと慶の対応について
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

東日本大震災におきまして、被害にあわれた皆様に心より
お見舞い申しあげるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、
深くお悔やみを申しあげます。

東日本大震災に関する弊社の対応については、弊社ホームページの
下記記事を参照してください。

 「東日本大震災に関する弊社の対応」
 http://www.kei-it.com/newsseminar.html#20110316



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (1)医療系SEは存在するが、農業系SEは存在しない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

医療ITについては、第233号「医療IT市場」で医療とITとが不可分に
結びついていること、医療IT市場が巨大であることを示しました。

 第233号「医療IT市場」
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2010/12/it-480b.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/233-101231.html


一方、農業は医療ほどにはITが入りこんでいません。

医療系SE(医療系業務知識を持ったSE)は存在しますが、農業系SEは
存在しません。

医療IT市場は証券/その他金融の1.75倍、建設/土木の3倍の市場規模を
持っていますが、農業の場合は市場規模を論じる以前に、農業IT市場
というカテゴリーそのものが存在しません。

しかし、今回のメルマガでは、慶のような中小ソフトウェア会社が
農業に貢献できることもあるという話をします。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (2)日本の農業に起きる3つの流れ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今後、日本の農業では次の3つの流れが同時に進行します。

(A)ヤル気のある専業農家の大規模化、集約化
 →大規模化が容易な平坦な土地中心に進む。

(B)農業周辺ビジネスの拡大
 →大規模化が難しい中山間地、都市近郊の土地中心に進む。

(C)零細な兼業農家の衰退


この3つの流れが同時に進行する理由については、「新航海術の補足
ブログ」の下記記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]日本の農業に起きる3つの流れ
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-4823.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (3)ヤル気のある専業農家が置かれている状況
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶では2009年6月に農家.comという農家専用のショッピングモールを
立ち上げました。

 農家.com:http://www.nou-ka.com/


現在15の農家が出店しています。

商品情報、ブログ記事、豆知識、調理情報などを自分で積極的に書き込む
ITリテラシーの高い農家もいらっしゃいます。

彼らは「(A)ヤル気のある専業農家の大規模化、集約化」の流れにいる
人たちです。

専業農家として売上・利益を拡大していきたいと考えている人たちです。

ヤル気のある専業農家が置かれている状況は次のとおりです。
・耕作放棄地はあるので、需要さえあれば、規模の拡大は可能。
・しかし、既存の販路では作っても、作っても利益が出ない。

「既存の販路では作っても、作っても利益が出ない」理由については
「新航海術の補足ブログ」の下記記事を参照してください。


 [新航海術の補足ブログ]作っても、作っても利益が出ない
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-8f5b.html


そして、彼らと話をすると、「新しい販路が欲しい」「価格決定権を
取り戻したい」という要求があることが分かります。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (4)農家.comの第一の使命は農家の売上拡大
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そのため、ネット販売を試みる農家も多いのですが、ネット販売では
これまでのJAへの販売には無かったノウハウが必要となります。

JAへの販売では「規格化された商品を大量に作る」ことが求められますが、
ネットの利用者は、逆に「特色」「ニッチ」「訳あり」が大好きです。

農家.comの第一の使命は、上記ノウハウを開拓し、登録農家に伝え、
登録商品が売れるようにすることです。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (5)ITを使った農業周辺ビジネスを生み出す
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次に「(B)農業周辺ビジネスが拡大する」について記します。

慶は既存の請負開発業務の中で収益を確保し、人材を育成しながらも、
長期的には医療IT、農業ITを志向しています。

農業ITの一つとして農家.comを開発・運営しています。

農家.comを拡張しながら、あるいはそこから派生させて、
「ITを使った農業周辺ビジネス」を生み出すことも、慶の使命です。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 (6)自給自足への関心が一層高まる
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今回の大震災の影響の一つとして、家庭菜園、週末農業、さらには、
自給自足への関心が一層高まることは確実でしょう。
これは「ITを使った農業周辺ビジネス」を生み出すヒントの一つとなります。


「新航海術の補足ブログ」に自給自足に関連した記事をUPしたので、
興味のある方は参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]どのくらいの農地があれば人一人が生きられるか
 http://www.gamou.jp/comment/2011/03/post-08eb.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 あとがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶の自社農園の状況については、「1アールの菜園ブログ」
http://www.gamou.jp/nougyo/ で公開しています。

また、農家.comの最新情報はツイッターでも配信するので、是非、
フォローしてください。

 ツイッター「農家.com」http://twitter.com/nou_ka



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの歴史については、
http://www.gamou.jp/comment/2010/02/227-3991.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2011年3月26日現在、670名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

« February 2011 | Main | May 2011 »