« December 2010 | Main | March 2011 »

February 2011

February 12, 2011

デフレの正体

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第235号  2011/2/11 『デフレの正体』
  ▼  まえがき
  ▼  [業界動向] (1)「デフレの正体」への批判についての私見
  ▼  [業界動向] (2)否定できない部分
  ▼  [業界動向] (3)生産年齢人口減少でも明るい未来が可能
  ▼  [業界動向] (4)数年前と同じことをやろうとしている


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは。
蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

藻谷浩介著「デフレの正体」を読みました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047102334/keiitteanifty-22



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[業界動向] (1)「デフレの正体」への批判についての私見
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

賛否両論のある本ですが、私は良いと思いました。

「デフレの正体」に対する批判についての私見を「新航海術の補足」
ブログに載せておきましたので、興味のある方は参照してください。


 [新航海術の補足ブログ]「デフレの正体」に対する批判についての私見
 http://www.gamou.jp/comment/2011/02/post-3a2a.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[業界動向] (2)否定できない部分
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「デフレの正体」を経済学的な理論面から批判する人も次の点は
否定しない、または、賛同するのではないでしょうか?

--------------------------------

○1995年頃から就業者数減少が始まり、それによって内需は構造的な
 縮小を始めた。

○日本の生産年齢人口は、今後20年間で少なくとも2割近く、
 40年間では少なくとも4割減少する。

○現実の経済は次のような国内経済縮小の悪循環に向かっている。

 団塊世代の一次退職
 →彼らの年収の減少
  →彼らの消費の減退
   →内需対応産業の一層の供給過剰感
    →内需対応産業の商品・サービスの値崩れ
     →内需対応産業の採算悪化
      →内需対応産業の採用抑制・人件費抑制
       →内需の一層の減退


○この悪循環を断ち切るためには次の3つを目標にすべきである。

・生産年齢人口が減るペースを少しでも弱めよう
・生産年齢人口に該当する世代の個人所得の総額を維持し増やそう
・(生産年齢人口+高齢者による)個人消費の総額を維持し増やそう

○【上記目標達成の方策1】高齢富裕層から若者への所得移転

その実現方法の一つとして、「高齢者市場の開拓」が挙げられる。

すなわち、
・高齢者の個別の好みを先入観を排して発見すること
・高齢者が手を出す際に使える「言い訳」を明確に用意すること
・多ロット少量生産に伴うコスト増加を消費者に転嫁可能な水準以下に
 抑えること

○【上記目標実現の方策2】女性の就労と経営参加を当たり前にする

○【上記目標>実現の方策3】
 労働者ではなく外国人観光客・短期定住客を受け入れる。

--------------------------------


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[業界動向] (3)生産年齢人口減少でも明るい未来が可能
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「デフレの正体」の魅力の一つは、上記3目標に向けて努力すれば、
次のような明るい未来も可能だと言っているところです。

○生産年齢人口減少は、「日本の雇用や内需を維持しつつ同時に生産性も
 高めていける」チャンスでもある。

○人口減少に合わせて都市開発地域を縮小し、旧来の市街地や農山村集落を
 再生していけば、「多様な個性のコンパクトシティたちと美しい田園が
 織りなす日本」になれる。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[業界動向] (4)数年前と同じことをやろうとしている
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第233号「医療IT市場」で書いたとおり、IT業界の景気は、
情報サービス、医療、公共/公益分野では回復基調にあります。

証券/その他金融、建設/土木、一般サービス/その他、官公庁では
依然としてマイナス成長が続いていますが、・・・。

 第233号「医療IT市場」
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2010/12/it-480b.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/233-101231.html


また、未経験者、年配者の仕事は厳しいままですが、若手WEB系技術者の
需要は回復しつつあります。
(単価は上がりませんが・・・。)

周囲の中小ソフト会社からも「社内の空き要員がいなくなった」
という声が聞こえてきます。

「求人サイトでJava経験者の募集を再開した」という声も聞こえてきます。

数年前と発想は変わっていません。


それも必要でしょうが、「デフレの正体」で述べられているような
長期トレンドを念頭に入れた戦略も必要でしょう。

慶は現在の請負開発業務の中で収益を確保し、人材を育成しながらも、
長期的には医療IT、農業ITを志向しています。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの歴史については、
http://www.gamou.jp/comment/2010/02/227-3991.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2011年2月11日現在、671名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

February 05, 2011

次回羅針盤21研修会のテーマは「スマートフォン」

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第234号  2011/2/5 『羅針盤21研修会のご案内』
  ▼  まえがき
  ▼  [羅針盤21] (1)2月17日研修会のテーマはスマートフォン
  ▼  [羅針盤21] (2)研修会の内容詳細
  ▼  [羅針盤21] (3)本メルマガ読者から5名までご招待
  ▼  [羅針盤21] (4)羅針盤21新規会員募集中!!


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

今回は、「羅針盤21」のPR号です。

「羅針盤21」とは中小ソフトウェア会社の業界団体で、私も理事の
一人となっています。

羅針盤21ホームページ:http://r21.arrow.jp/



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (1)2月17日研修会のテーマはスマートフォン
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

羅針盤21では2月17日(木)に下記のとおり、研修会を開催します。
今回のテーマはスマートフォンです。

【日時】2月17日(木)15:00~17:30 

【場所】関東ITソフトウェア健保会館 会議室
JR中央本線大久保駅下車北口改札より徒歩1分
JR山手線新大久保駅下車徒歩5分
http://www.its-kenpo.or.jp/restaurant/okubo_kaigisitu/index.html

【内容】次の3部構成です。
第1部:羅針盤21今年度体制紹介・年間行事について
第2部:スマートフォンの基礎知識
第3部:アンドロイドアプリ開発入門



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (2)研修会の内容詳細
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第1部:羅針盤21今年度体制紹介・年間行事について
時間:15:00~15:15
講師:羅針盤21理事会


第2部:スマートフォンの基礎知識
時間:15:20~16:20
講師:スマートソリューションズ株式会社 ソリューション事業部 今野様 
内容:スマートフォンの定義、ケータイ市場(日本と世界)、
   iPhoneとアンドロイド、今後の市場予測、各社の取り組み、
   スマートフォン/タブレットでできること 等


第3部:アンドロイドアプリ開発入門
次回:16:30~17:30
講師:株式会社ジェイ・クリエイション 鴫原様
内容:アンドロイドアプリ開発を初心者にもわかりやすく説明。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (3)本メルマガ読者を5名までご招待
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次のような方にお勧めです。
・スマートフォンが話題になっているが正直よく分からない。
・今後アンドロイドアプリ開発を手掛けたい。


本来は羅針盤21の会員しか聴講できませんが、羅針盤21の活動を
知っていただくために、本メルマガ読者を5名まで無料でご招待
いたします。

3部全体でなく、一部のみの参加も可能です。

参加希望者は、koffice@kei-it.com までお申し込みください。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (4)羅針盤21新規会員募集中!!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

また、羅針盤21では、現在、新規会員を募集中です。

【主な活動】
・年間3、4回の研修会・懇親会
・年間1、2回のレクリエーション(ボウリング大会、バーベキューなど)
・案件情報の交換(随時)
・各種協業

【正会員と賛助会員】

羅針盤21の会員には正会員と賛助会員とがあります。
会社として入会される場合は正会員、個人として入会される場合は
賛助会員になる場合が多いのですが、賛助会員として入会されている
会社もあります。

会員としての特典の違いに若干の違いがあります。

例:
 懇親会に出席する場合、正会員は2名無料、賛助会員は1名無料です。
 会員が本を出版した場合、正会員には2冊無料で配布、賛助会員には
 1冊のみ無料配布です。

会費にも次の違いがあります。
正会員:4,000円/月
賛助会員:2,000円/月


羅針盤21に興味を持たれた方は是非ご一報ください。

羅針盤21ホームページ:http://r21.arrow.jp/



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの歴史については、
http://www.gamou.jp/comment/2010/02/227-3991.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2011年2月5日現在、670名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

« December 2010 | Main | March 2011 »