« 助成金を活用して最先端技術者を育成する | Main | 7年間で変わったこと、変わらなかったこと »

June 17, 2009

農家.com

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第220号  2009/6/17 『農家.com』
  ▼  まえがき
  ▼  [商品] (1)山形・新庄果樹園のさくらんぼがおすすめ!!
  ▼  [商品] (2)農家.comを開発した理由
  ▼  [商品] (3)農家.com自体の売上、そして、本業への良い影響
  ▼  [商品] (4)他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

本日は、慶が「農家.com」を開発した理由について話します。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (1)山形・新庄果樹園のさくらんぼがおすすめ!!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶が開発・運用している「農家.com」が本稼動しました。
農家.comはインターネット上の農家専用のショッピングモールです。

 農家.com: http://www.nou-ka.com/
 プレスリリース:http://release.vfactory.jp/release/34199.html

6月から7月初旬までの目玉は「山形・新庄果樹園のさくらんぼ」です。

盆地で寒暖の差が大きい新庄市は、果物の栽培に適しており、
生産者は味に絶対の自信を持っております。

ご存じのように、国産品さくらんぼは決して安い金額ではありませんが、
デリケートで上品な味は、海外物の比ではありません。

農家.comでの販売額は、デパートやスーパー、他の果樹園に比べ、
同じ容量で1,500円から2,000円お得になっております。

ご自宅でのご賞味、あるいは贈答品として、是非ご利用ください。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (2)中小ソフト会社の冬の時代はしばらく続く
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、景気の底入れ期待が高まっていますが、中小ソフトウェア会社の
冬の時代はしばらく(2年くらい)続くでしょう。

その理由は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]中小ソフト会社の冬の時代はしばらく続く
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-7525.html

冬の時代にあって、慶の戦略は次の3点です。

(A)まず既存のビジネスをしっかりと
(B)基幹系に食い込む
(C)自社サービスを立ち上げる

詳細は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]冬の時代の慶の戦略
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/post-a6f0.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (3)農家.com自体の売上、そして、本業への良い影響
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

農家.comは上記(C)にあたります。

農家.comという自社メディアを立ち上げるということには、
二つの目的があります。

第一に、当然、農家.comそのもので売上を上げることです。

第二に、本業(請負開発/研修)へ良い影響を与えることです。
これには次の二つの面があります。

・営業面:実績をアピールし、エンドユーザから小規模案件を
     直接受託する。

・技術面:エンドユーザからの小規模案件に最適な技術を社内に
     蓄積する。

この営業面では、広報の役割が重要になってきます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[商品] (4)他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

羅針盤21( http://r21.arrow.jp/ )で6月8日(月)に研修会があり、
その中のテーマの一つとして「広報」を取り上げました。

仕事不足の時代には、技術力だけでなく、アピールも重要であることを
学ぶことができる興味深いセミナーでした。

詳細は、「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足ブログ]
 他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術
 http://www.gamou.jp/comment/2009/06/220-2b8b.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年6月17日現在、665名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

« 助成金を活用して最先端技術者を育成する | Main | 7年間で変わったこと、変わらなかったこと »