« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 24, 2009

ITは英語と他言語との格差を拡大し固定する

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第216号  2009/1/24 『ITは英語と他言語との格差を拡大し固定する』
  ▼  まえがき
  ▼  [グーグルの衝撃] (1)6D-ビジョン
  ▼  [グーグルの衝撃] (2)図書館の本質は選択と集積
  ▼  [グーグルの衝撃] (3)英語を母語とする人々の鈍感さ
  ▼  [グーグルの衝撃] (4)「ITと言語」を「6D-ビジョン」で見ると
  ▼  [グーグルの衝撃] (5)英語と他の言語との格差拡大・格差固定
  ▼  [グーグルの衝撃] (6)日本語は亡びるか
  ▼ おまけ:「なぜITは社会を変えないのか」を引用した主な記事

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

第215号で取り上げた「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」
(水村美苗著)について、もう少し話します。

 【関連記事】
 第215号:「日本語が亡びるとき」を読んで
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2009/01/post-53ea.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/215-090101.html

特に、グーグルなどによる大図書館計画について掘り下げます。

 【関連記事】
 新航海術の補足ブログ:グーグル「大図書館」計画の影の部分
 http://www.gamou.jp/comment/2008/12/post-c352.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (1)6D-ビジョン
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「なぜITは社会を変えないのか」(ジョン・シーリー ブラウン、
ポール ドゥグッド著)という本があります。
( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532149312/keiitteanifty-22 )

1999年9月にアメリカで出版され、2002年3月に日本語版が出版されました。

通俗的なIT革命論を痛烈に批判した本です。

多くの未来学者は、ITによって社会が次のような方向に変わると説きます。

 非マス化 (demassfication)
 非集中化 (decentralization)
 非国有化 (denationalization)
 非専門化 (despecialization)
 非仲介化 (disintermediation)
 非集約化 (disaggregation)

これらは全て「D」で始まるので、「なぜITは社会を変えないのか」では
「6D-ビジョン」と呼んでいます。

「なぜITは社会を変えないのか」は「6D-ビジョン」が「複雑化する
世界を見通す強力なレンズだ」と認めながらも、実際にはそれとは
反対の流れもあると指摘しています。
ITによって逆にマス化や集中化が進行しているというように・・・。

詳しくは、「新航海術の補足」ブログの下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足]「6D-ビジョン」と反対の流れ
 http://www.gamou.jp/comment/2009/01/6d-7900.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (2)図書館の本質は選択と集積
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「なぜITは社会を変えないのか」は、約10年前に書かれたにも関わらず、
既に大図書館計画について非常に鋭い指摘をしています。

> 図書館は「収集庫」というよりはむしろ役に立つものを選択して
> 集積しているところだ
>   (ジョン・シーリー ブラウン、ポール ドゥグッド著
>   「なぜITは社会を変えないのか」より)

図書館を図書館たらしめているものは「保有すべきもの」を選ぶ
見識であり、大図書館の時代になっても既存の図書館の重要性は損な
われないという主張です。

詳しくは、「新航海術の補足」ブログの下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足] 図書館を図書館たらしめているもの
 http://www.gamou.jp/comment/2009/01/post-66d4.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (3)英語を母語とする人々の鈍感さ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「なぜITは社会を変えないのか」は非常に広範囲な議論を精緻に展開
していますが、「ITと言語」の問題については一言も触れていません。

「日本語が亡びるとき」が大図書館を言語との関連で論じているのに対し、
「なぜITは社会を変えないのか」では、既存の図書館と大図書館との
関係を論じているにすぎません。

このあたりが、水村美苗氏が言うところの「英語を<母語>とする
書き手の底なしの無邪気さと鈍感さ」なのでしょう。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (4)「ITと言語」を「6D-ビジョン」で見ると
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「ITと言語」の問題を、上記「6D-ビジョン」で見れば、非集中化、
非集約化に向かっているように見えます。

1960年代末、UNIXが誕生したとき、UNIXはASCIIコードしか扱えま
せんでした。

現在は、ユニコードによって、漢字、カナ、ハングル、アラビア文字
など様々な言語の文字がインターネット上を行き交っています。

世界中のブログで最も使われている言語は日本語だそうですし
( http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070406_technorati_blog/ )、
YouTubeでも日本語のコンテンツが大量に登録されています。

これのみを見ると、言語は「6D-ビジョン」のとおり、非集中化、
非集約化に向かっているように見えます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (5)英語と他の言語との格差拡大・格差固定
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、水村美苗氏が「日本語が亡びるとき」で指摘していることは、
「量の問題ではない」ということです。

英語の大図書館が、英語圏の人々のみならず世界中の非英語圏の
インテリによっても利用されるということ、そして、そこにグーグル
のようなランキング・システムが作用するということが重要なのです。

> 世界中の<叡智を求める人々>がアクセスし、何が、より<読まれる
> べき言葉>であるかという序列を、もっとも<世界性>をもった、
> もっとも厳しいところで、おのずから創り出す必然性がある。

> そして、その序列づけ=ランキング・システムは、永久革命のように
> 変化して、<叡智を求める人>にとってもっとも意味があるもので
> あり続ける必然性がある。
>
>     (水村美苗氏著「日本語が亡びるとき」より)

それによって、英語と他の言語との格差は拡大し、且つ、その格差は
固定され、近代以降に成立した「普遍語-国語-現地語」という3階層は、
再び「普遍語(英語)-現地語」という近代以前の2階層に戻っていくと
水村美苗氏は予測しています。

これは、英語を母語とする人々、英語に近い西洋語圏の人々、
英語で学問してきた開発途上国のインテリからは出ない意見であり、
日本人ならではの意見だと思います。

ここに「日本語が亡びるとき」のオリジナリティがあると思います。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (6)日本語は亡びるか
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

上でも書いたとおり、「なぜITは社会を変えないのか」でも
「6D-ビジョン」は必ずしも間違いではないと認めています。

ITが非集中化、非集約化を進めるという面も確かにあるのです。

日本語の言語としての魅力を日本人が磨き続けようとしたなら、
ITにはそれを助ける面もあるはずです。

日本人が日本語を磨き続けることができるなら、日本語は「普遍語」
にはなり得ないとしても、「国語」であり続けるのではないでしょうか。

しかし、ほうっておいたら、日本語は「現地語」に転落し、その意味で
「日本語は亡びる」でしょう。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 おまけ:「なぜITは社会を変えないのか」を引用した主な記事
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「なぜITは社会を変えないのか」を引用した主な記事を紹介します。

第46号:超巨大企業の時代
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2004/10/post_d926.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/46-041025.html

第142号:グーグルの検索やアマゾンの推薦は中立か?
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2006/08/post_8f6e.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/142-060828.html

第143号:ロングテール
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2006/09/post_70c5.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/143-060904.html

第196号:eXtreme Programming(エクストリーム・プログラミング)
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2007/12/extreme_program_b60b.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/196-071203.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年1月23日現在、675名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

|

January 01, 2009

「日本語が亡びるとき」を読んで

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第215号  2009/1/1 『「日本語が亡びるとき」を読んで』
  ▼  まえがき
  ▼  [教育] (1)日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
  ▼  [教育] (2)インターネットと英語
  ▼  [教育] (3)文化的にも、政治的にも、重大な問題
  ▼  [教育] (4)私が微力ながらできること

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[教育] (1)日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

水村美苗著「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」を読みました。

「日本語が亡びるとき」は今インターネット上で書評があふれている
本です。
 (例 http://en.yummy.stripper.jp/?eid=1094337 )

「今世紀においてこれまで書かれた中で、最重要の一冊」と絶賛している
人もいれば、「やや雑なアジテーション」と酷評している人もいます。

私は、この本は英語・日本語問題について考える上での基盤を提供
してくれる良書だと思います。

「日本語が亡びるとき」の要約は「新航海術の補足」ブログの下記の
記事を参照してください。

  [新航海術の補足] 「日本語が亡びるとき」の要約
 http://www.gamou.jp/comment/2008/12/post-6879.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[教育] (2)インターネットと英語
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「日本語が亡びるとき」の中で、本メルマガの読者が最も興味を持てる
部分は、「6章 インターネット時代の英語と<国語>」だと思います。

インターネット上には、様々な言語が流れています。
したがって、インターネットは、一見、多言語主義であり、あらゆる
言語が平等に扱われているように見えます。

多くの人々は、「インターネットと英語」について、「インターネットは
アメリカで生まれたから用語や技術資料は全部英語だ」という
程度にしか考えません。

しかし、水村美苗は「インターネットによって英語は普遍語としての
地位をほぼ永続的に保てる運命を手にした」と主張します。

> インターネットという技術の登場によって、英語はその<普遍語>
> としての地位をより不動のものにしただけではない。
> 英語はその<普遍語>としての地位をほぼ永続的に保てる運命を手にした
> のである。
> 人類は、今、英語の世紀に入ったというだけではなく、これからも
> ずっと英語の世紀のなかに生き続ける
>
>  (水村美苗著「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」より)

グーグル・ブックサーチなどの「大図書館」によって莫大な英語の
文献が参照可能となり、利用者が増えればランキング・システムの
精度も高まり、それがさらに文献と利用者を増加するという循環が
生まれるからです。

詳しくは「新航海術の補足」ブログの下記の記事を参照してください。

 [新航海術の補足] グーグル「大図書館」計画の影の部分
 http://www.gamou.jp/comment/2008/12/post-c352.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[教育] (3)文化的にも、政治的にも、重大な問題
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「英語の世紀」問題に関連することと言えば、2年前、私は第157号
「サービス業のオフショアリング」で次のようなことを述べました。

日本語という壁があるため、日本ではサービス業(ソフトウェア開発も
含む)のオフショアリングが進まない。
このことは、長期的には日本企業の競争力を弱めていく。

 第157号「サービス業のオフショアリング」
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2006/12/post_6f55.html
 [HP版] http://www.kei-it.com/sailing/157-061211.html

これは、主に経済面での問題です。

しかし、「日本語が亡びるとき」を読んで、「英語の世紀」問題は、
文化的にも、政治的にも、今まで考えていた以上に、重大な問題で
あると思いました。

> 英語が<国語>であることの計り知れぬ利益は、英語を<国語>と
> する幸せな国民以外は、誰もがよく知っている
>
>  (水村美苗著「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」より)

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[教育] (4)私が微力ながらできること
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「日本語が亡びるとき」は、時間的も地域的にも、広く深い考察を
展開しています。

しかし、最終章「英語教育と日本語教育」では、次のような、
ごく常識的な結論となっています。

・英語教育は国民の一部がバイリンガルになることを目的とすべき。
・日本語教育で日本近代文学をもっと教えるべき。

問題が大きすぎるだけに、実現可能な解決策はこれくらいしかない
のでしょう。

そして、私は自分が微力ながらできることは次のことだと思っています。

 日本語で魅力的なコンテンツを提供し続けること。
 会社としては自社サービスで、個人的にはメルマガやブログで・・・。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2009年1月1日現在、665名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

« December 2008 | Main | February 2009 »