« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 21, 2008

不況は自分が強くなる機会

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第213号  2008/11/21 『不況は自分が強くなる機会』
  ▼  まえがき:春告魚(はるつげうお)
  ▼  [会社の心臓] (1)読者に元気を出してもらうために
  ▼  [会社の心臓] (2)不況は自分が強くなる機会(B.トレーシー)
  ▼  [会社の心臓] (3)今回の不況が生易しいものでないことも事実
  ▼  [会社の心臓] (4)成功を予言(predict)できる資質
  ▼  [会社の心臓] (5)委縮せず、根気よく多くの課題に取り組む


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき:春告魚(はるつげうお)
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

11月9日(土)、9歳の息子を連れて、メバルを狙って夜釣りに行って
きました。

メバル釣りは冬から春にかけて最盛期を迎えます。
そのため、メバルには「春告魚(はるつげうお)」という呼び名も
あるそうです。

春告魚(はるつげうお)、縁起の良い名前ですね。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (1)読者に元気を出してもらうために
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

11月22日号の週刊ダイヤモンドの特集は「日本経済崩落 トヨタショック
で始まる景気総崩れ」です。

 目次:http://dw.diamond.ne.jp/number/081122/index.html


9月15日のリーマンショック以来、世界経済についても日本経済
についても悲観論が広まっています。


読者に元気を出してもらうために、今週号ではブライアン・トレーシーが
不況について語った言葉を紹介します。

ブライアン・トレーシーについては、第153号「営業の神様」を参照
してください。

 第153号:営業の神様
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2006/11/post_51b6.html
 [HP版]  http://www.kei-it.com/sailing/153-061113.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (2)不況は自分が強くなる機会(B.トレーシー)
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ブライアン・トレーシーは、不況になったら次のように考えろと
説いています。


【不況は自分が強くなる機会】

トレーニング中は重しをつけて走るランナーがいます。
重しをつけたまま普通に走れれば、重しをはずしたときに、
以前よりも速く走れるようになるからです。

不況とはランナーにとっての重しのようなものです。
経済状況が厳しいから(つまり重しがあるから)業績は上がりません。
しかし、そこで頑張っていれば、経済状況が好転したとき(つまり
重しがなくなれば)業績は上がるはずです。
したがって、不況は自分をより強くするためのチャレンジの機会なのです。

不況を会社の筋肉を鍛える好機だと捉えましょう。


【競争相手が減る】

競争に耐えられない人たちはいなくなり、競争相手が減るから、
本当に有能な人たちにとっては不況はプラスに作用します。


詳細は「新航海術の補足ブログ」に載せておきますので、参照して
ください。少し元気になると思います。


 [新航海術の補足ブログ]
 ブライアン・トレーシーが不況について語ったこと
 http://www.gamou.jp/comment/2008/11/post-ea53.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (3)今回の不況が生易しいものでないことも事実
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、今回の不況が生易しいものでないことも事実です。
「新航海術の補足ブログ」の下記の記事を参照してください。


 [新航海術の補足ブログ]
 「恐慌的スタグフレーションが来る」の要約
 http://www.gamou.jp/comment/2008/09/211-d868.html




*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (4)成功を予言(predict)できる資質
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ここでもう一度、ブライアン・トレーシーの教えを思い出しましょう。

成功を予言(predict)できる資質とは「楽観主義(Optimism)」であり、
その理由は楽観主義者(Optimist)が次の二つの資質を備えていてるからだ
という教えです。

・多くの課題に取り組む( try more things )
・根気( persist more )

  ※ persist:固執する; 主張する; やり通す; 持続する


> 彼らは非現実的な期待を抱いて根気よく努力し続けますから、
> いずれは成功するのです。
>       (ブライアン・トレーシー「販売の心理学」より)


詳しくは下記の記事を参照してください。

 第160号:成功と幸福を予言(predict)できる資質
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2007/01/predict_56e6.html
 [HP版]  http://www.kei-it.com/sailing/160-070101.html



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (5)委縮せず、根気よく多くの課題に取り組む
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

不況に委縮せず、根気よく多くの課題に取り組んでいきましょう。

・積極的に営業すること。
・技術を磨くこと。
・独自性のあるサービスを作りだすこと。
・厳しい中で、ある程度の投資も必要なので、お金の管理をしっかり
 すること。



 関連記事:
 第211号:本格的な冬の時代に突入する前に
 [Blog版] http://www.gamou.jp/sailing/2008/09/post-bc17.html
 [HP版]  http://www.kei-it.com/sailing/211-080923.html




*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2008年11月21日現在、675名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

|

« October 2008 | Main | December 2008 »