« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

October 23, 2008

血液が回りさえすれば

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第212号  2008/10/23 『血液が回りさえすれば』
  ▼  まえがき
  ▼  [会社の心臓] (1)事実を基にしたフィクションとして
  ▼  [会社の心臓] (2)巨額の借入
  ▼  [会社の心臓] (3)売掛と買掛の差はチープにならない
  ▼  [会社の心臓] (4)仕掛品が異常に大きい
  ▼  [会社の心臓] (5)今年破綻した理由
  ▼  [会社の心臓] (6)血液が回りさえすれば
  ▼  [会社の心臓] (7)技術、営業、そしてきちんとした資金計画
  ▼  [会社の心臓] (8)関連記事

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

最近、慶の取引先(以降A社と呼びます)が民事再生法の適用をうけました。

我々にとっても教訓となるので、本日はこのことについてお話しします。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (1)事実を基にしたフィクションとして
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

A社は資本金約1億円、年商約30億円の大きな会社です。
コンピュータ周辺機器の開発・販売、組み込みシステムの開発・販売を
得意としてきました。

慶にもA社に対する売掛金があったので、債権者説明会に私も出席
しました。

そこで配布された資料に過去3年間の貸借対照表、損益計算書の抜粋が
記載されていました。

多少なりとも会計の基礎知識があると、このような資料が面白く読めます。

「図212-1 2008年3月末時点の貸借対照表」
( http://www.kei-it.com/sailing/2008/212-1.htm )は極端に
簡略化した2008年3月末時点(2007年度決算)のA社の貸借対照表です。
分かりやすくするため、数字もかなり変えているので、「事実を
基にしたフィクション」としてご覧ください。単位は億円です。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (2)巨額の借入
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

まず、借入の多さが目を引きます。

短期借入金が10億、長期借入金が6億、借入金の合計が16億。
社債8億を含めると合計で約24億の資金調達が行われています。

A社の年商は30億円です。

金融機関から融資を受ける場合、一般には「借入は月商の3倍以内」
という非常に大雑把な目安があります。
この目安からするとA社の借入の限度額は7.5億程度です。

何故、A社は24億円もの資金調達が必要だったのでしょうか?

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (3)売掛と買掛の差はチープにならない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

請負会社が借入を必要とする最大の理由は、「売掛金」と「買掛金」
の差額です。
(拙著「ソフト会社の心臓 第3部4-1運転資金」参照)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779002958/keiitteanifty-22

 関連記事:第149号「売掛と買掛の差額はチープにならない」
 [HP] http://www.kei-it.com/sailing/149-061016.html
 [Blog] http://www.gamou.jp/sailing/2006/10/post_393d.html

「図212-1 2008年3月末時点の貸借対照表」での売掛金は14億円、
買掛金が5億円、その差額は9億円です。

けっして小さな数字ではありませんが、それだけでは約24億もの
資金調達を必要とした理由としては不十分です。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (4)仕掛品が異常に大きい
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「図212-1 2008年3月末時点の貸借対照表」をもう一度見ると
「仕掛品」が異常に大きいことに気づきます。8億円もあります。

「仕掛品とは何か」については、「ソフト会社の心臓 第4部1仕掛品」
を参照してください。

A社の主な得意先は公官庁、または、公官庁をエンドユーザとする
メーカーです。

公官庁相手の大型案件の特徴は、納品と支払が毎年、年度末の
前後2ヶ月(2月から5月)に集中するという点です。
その他の時期はひたすら売掛金と仕掛品が増大していくのです。

「図212-1 2008年3月末時点の貸借対照表」は、3月末時点、つまり、
売掛金と仕掛品が比較的少ない時期の財務状況を表しています。

民事再生手続を申立てした9月末時点では、売掛金と仕掛品がさらに
膨らみ、現金が枯渇する一方で、短期借入金がさらに膨らんでいたで
あろうことが想像できます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (5)今年破綻した理由
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

債権者説明会で配布された資料には2005年度、2006年度の貸借対照表、
損益計算書の抜粋も記載されていました。

それらも「巨額の売掛・仕掛品、それに対応した巨額の融資・社債」
という体質は同じでした。

それでもA社は回っていました。
特に2006年度には過去最高の売上、利益を記録しています。

何故今年、破綻したのでしょうか?

その理由は次のとおりです。

・ターゲットとする業界の不況による業績悪化。
・不況のため、銀行としても融資に慎重になっている。
・実際には現金化できない仕掛品、現金化できない売掛金を計上していた。
・社債の償還時期と重なった。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (6)血液が回りさえすれば
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私にはA社のつらさも分かります。

しかし、今回の破綻で弊社も被害を受けました。

A社の破綻はA社の従業員を不幸にするのみならず、取引先企業、
さらには取引先の従業員にも被害が及びます。

A社には優秀な技術者と有能な営業マンがいました。

お金という血液が回りさえすれば成功できる会社だったのです。

拙著「ソフト会社の心臓」で私は「経営者は常に貸借対照表の鼓動に
耳を傾けなければならない」と書きました。

鼓動に耳を傾けていれば、例え経営不振に陥ったとしても、民事再生
というハードランディングに至る前に何らかのソフトランディングが
可能だったのではないでしょうか?

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (7)技術、営業、そしてきちんとした資金計画
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第211号「本格的な冬の時代に突入する前に」ではソフト会社内の
構造改革の必要性を述べました。

 第211号『本格的な冬の時代に突入する前に』
 [HP] http://www.kei-it.com/sailing/211-080923.html
 [Blog] http://www.gamou.jp/sailing/2008/09/post-bc17.html

技術、営業、そしてきちんとした資金計画で構造改革を成し遂げましょう!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[会社の心臓] (8)関連記事
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

倒産したベンチャーの貸借対照表
[HP] http://www.kei-it.com/sailing/100-051107.html
[Blog] http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/2005/11/bs_2c30.html

電車に飛び込む人が後をたたない理由
[HP] http://www.kei-it.com/sailing/113-060206.html
[Blog] http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/2006/02/post_0b95.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2008年10月23日現在、671名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役  蒲生 嘉達
 http://www.kei-it.com/y_gamou/

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆

|

October 22, 2008

羅針盤21懇親会・特別講演のご案内

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
特別号  2008/10/22 『羅針盤21懇親会・特別講演のご案内』
  ▼  まえがき
  ▼  [羅針盤21] (1)不況を前提とした事業計画
  ▼  [羅針盤21] (2)懇親会・特別講演
  ▼  [羅針盤21] (3)羅針盤21新規会員募集中!!



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもうよしさと)です。

今回は、「羅針盤21」のPR号です。

「羅針盤21」とは中小ソフトウェア会社の業界団体で今期は私が
会長を務めています。

羅針盤21ホームページ:http://r21.arrow.jp/



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (1)不況を前提とした事業計画
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ソフトウェア業界が厳しい時期を向かえていることは、
第211号『本格的な冬の時代に突入する前に』でも述べました。

 第211号『本格的な冬の時代に突入する前に』
 [HP] http://www.kei-it.com/sailing/211-080923.html
 [Blog] http://www.gamou.jp/sailing/2008/09/post-bc17.html


そこにも書きましたが、今回の不況は短期的なものではありません。
少なくとも来年一杯、長引けば数年間続きます。

各社は不況を前提とした事業計画を立てて行かなければなりません。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (2)懇親会・特別講演
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私が理事長を務めている業界団体「羅針盤21」では11月12日(水)に
懇親会を開きます。
今回の懇親会では会員相互で情報交換するだけでなく、著名な経済
アナリストを招き、今後の景気動向について解説していただきます。

懇親会・特別講演の詳細は次のとおりです。


日時:11月12日(水)17:30~20:30

場所: 関東ITソフトウェア健保会館 レストラン桜華樓
JR中央本線大久保駅下車北口改札より徒歩1分
JR山手線新大久保駅下車徒歩5分
http://www.its-kenpo.or.jp/restaurant/okubo_kaigisitu/index.html

内容:
 17:30~18:00:懇親会第一部
 18:00~19:00:特別講演
        テーマ:2009年以降の景気予想
        講師:著名な経済アナリストK氏
 19:00~20:30:懇親会第二部

会費:4,000円(10,000円相当の料理が出ます!)


懇親会では、羅針盤21会員(中小ソフトウェア会社経営者・管理職)
と様々な情報交換が可能です。

本来は会員のみの懇親会・特別講演ですが、5名分の非会員枠を確保
いたしましたので、是非ご出席ください。

出席を希望される方は koffice@kei-it.com までお申し込みください。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[羅針盤21] (3)羅針盤21新規会員募集中!!
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

また、羅針盤21では、現在、新規会員を募集中です。

羅針盤21の会員には正会員と賛助会員とがあります。
会社として入会される場合は正会員、個人として入会される場合は
賛助会員になる場合が多いのですが、賛助会員として入会されている
会社もあります。

会員としての特典の違いに若干の違いがあります。

例:
 懇親会に出席する場合、正会員は2名無料、賛助会員は1名無料です。
 会員が本を出版した場合、正会員には2冊無料で配布、賛助会員には
 1冊のみ無料配布です。

会費にも次の違いがあります。
正会員:4,000円/月
賛助会員:2,000円/月

羅針盤21に興味を持たれた方は是非ご一報ください。

羅針盤21ホームページ:http://r21.arrow.jp/




*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガの精神については、発行者サイト
http://www.kei-it.com/sailing/index.html を参照してください。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非、
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.gampu.jp/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。)

「まぐまぐ!」での読者数は2008年10月23日現在、670名です。

バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

発行者サイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(バックナンバーの全文検索も可能です。)

ブログ:http://www.gamou.jp/sailing/
(人気記事ランキングが見られます。)



--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役  蒲生 嘉達
 http://www.kei-it.com/y_gamou/

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆

|

« September 2008 | Main | November 2008 »