« 3種類の基本的な労働時間制度 | Main | 製造業の在庫とソフトウェア業の仕掛品 »

August 13, 2007

YouTubeは画期的な独自技術ではない

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第191号 2007/8/13
▼ まえがき
▼ [グーグルの衝撃] (1)ネット産業はテクノロジー事業
▼ [グーグルの衝撃] (2)YouTubeは画期的な独自技術ではない
▼ [グーグルの衝撃] (3)YouTubeについて次に語りたいこと
▼ [グーグルの衝撃] (4)Amazonアフェリエイト
▼ 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達です。

今週は「グーグルの衝撃シリーズ 第二部」です。

「グーグルの衝撃シリーズ 第二部」では、慶を含めて各社が独自
サービスを生み出す上でのヒントになるような話をしていきます。

本日はYouTubeについて話します。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (1)ネット産業はテクノロジー事業
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

梅田望夫氏は「ウェブ進化論」の中で、次のようなことを主張して
います。要約して紹介します。

 グーグルはネット産業をテクノロジー事業としてとらえている。
 ヤフーやアマゾンなどの米国のネット列強もグーグルの影響を
 受けて、同じように考えるようになった。
 したがって、彼らには強烈なテクノロジー志向があり、テクノロ
 ジーを創造しようとしている。

 一方、楽天などの日本のネット企業はテクノロジーを創造する気
 はない。彼らはネット産業は「生活密着型サービス産業」であり、
 テクノロジーはサービスのために利用するものと考えている。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (2)YouTubeは画期的な独自技術ではない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それなら、YouTubeはどうでしょうか?
テクノロジーを創造しようとしているのでしょうか?

確かに世界最大の動画配信サイトを構築し運用するには高度な技術が
必要なのでしょう。
しかし、それは画期的な独自技術と言えるほどのものでしょうか?

むしろ、要素技術を独自に開発するのではなく、既存のものをうまく
組み合わせて開発しているところがWeb2.0らしいのではないでしょうか。


梅田望夫著「ウェブ進化論」には、次のような話も出てきます。
これも要約して紹介します。

 グーグル・マップスというAPIが公開されたことにより、日本の
 某ベンチャーが、「たくさんの人たちが、それぞれ撮影した写真や
 書いた文章を、関連する場所を示す地図上に自由に添付できる
 サービス」を作った。(はてなマップ http://map.hatena.ne.jp/ )

 もしもこれをゼロから開発したら数億円以上かかったであろうが、
 グーグル・マップスAPIを使うことによって、エンジニア1人が
 わずか5日で作り上げることができた。


YouTubeとはてなマップとでは、サービスとしての普及率や規模は
比較になりませんが、既存の技術を組み合わせて、新規サービスを
短期間に作り上げたという点では似ているではないでしょうか。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (3)YouTubeについて次に語りたいこと
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

YouTubeについては、メルマガ1回では語り切れません。

今回、話したかったことを要約すると次のようになります。

 YouTubeのような新しい世界的なサービスも、既存の技術を組み
 合わせて作られている。
 日本の中小ソフトウェア会社が、Googleの検索エンジンやAmazonの
 ウェブサービスそのものを作ることはできないが、YouTubeを作る
 ことは不可能ではない。


次に話すべきことは、「では、どのようなサービスを提供すればよいか」
ということでしょう。

ここで、キーワードとなるのが、「総表現社会、娯楽性、楽しさ」です。

それについては次号以降で解説していきます。


また、YouTubeについて語る上で、必須のテーマが著作権、法制度、
社会の体質です。
ここに日本からYouTubeが出てこない理由の一つがあります。

それについても次号以降で解説していきます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[グーグルの衝撃] (4)Amazonアフェリエイト
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今回は梅田望夫著「ウェブ進化論」についての言及が多かったですが、
実際には、坂村健著「変われる国・日本へ」からも想を得ています。

> 私が注目するのは、YouTubeが何も難しい技術を使っていないという
> ところです。インターネットの中でよく知られている技術を組み合
> わせるだけで、これだけのことができてしまう。
> 逆に言うと、Googleが目をつけて買ったのは画期的な独自技術など
> ではなく、YouTubeという仕組みの新規性だったのです。これが
> インターネットのすごいところなのです。
>           (坂村健著「変われる国・日本へ」より)


ブログ「ソフトウェア業界 新航海術」では、本メルマガで
引用の多い本のAmazonのアフェリエイトを設定してみました。
( http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/ )

左欄の下の方です。

興味ある本があれば、ここから購入してください。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号は、8月20日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2007年8月4日現在、621名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/ または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、member@baisoku.co.jp knextall@kei-it.com には直接配信
しています。)


バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

バックナンバーブログ:http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/
発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)


☆筆者の趣味のブログ:身近にいる小動物の図鑑☆
 http://kei-it.tea-nifty.com/small/

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役 蒲生 嘉達

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            kn-office@kei-it.com

|

« 3種類の基本的な労働時間制度 | Main | 製造業の在庫とソフトウェア業の仕掛品 »