« 成功と幸福を予言(predict)できる資質 | Main | Sales funnel:もっと多くの人と会うか、成約比率を上げるか »

January 09, 2007

楽観主義者は4つのオリエンテーション(見当識)を持つ

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第161号 2007/1/8
▼ まえがき
▼ [新営業マニュアル] (1)著述よりも講演に才能を発揮する人
▼ [新営業マニュアル] (2)オリエンテーション(見当識)とは
▼ [新営業マニュアル] (3)4つのオリエンテーション(見当識)
▼ [新営業マニュアル] (4)成功の心理学の要約
▼ [新営業マニュアル] (5)見当識についてのブライアンの言葉
▼ 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

今週号も「新営業マニュアル」シリーズです。

「新営業マニュアル」シリーズを最初から読みたい方は、
「バックナンバー 新営業マニュアル」
( http://www.kei-it.com/sailing/back_sales.html )を参照して
ください。

または、ブログ( http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/ )の
「カテゴリー 新営業マニュアル」(↓)を参照してください。
http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/cat6624385/index.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[新営業マニュアル] (1)著述よりも講演に才能を発揮する人
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「新営業マニュアル」シリーズは、ブライアン・トレーシー(Brian Tracy)
の講演ビデオ「販売の心理学(Psychology of Selling)」を見ながら
書き進めています。音声は英語で日本語字幕がついているビデオです。

 関連記事:第153号「(2)ブライアン・トレーシーの講演のビデオ」
 [B] http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/2006/11/post_51b6.html
 [H] http://www.kei-it.com/sailing/153-061113.html


わずか約2時間10分のビデオですが、非常に得るものの多いビデオです。

ブライアン・トレーシーの本も1冊くらい読んでおこうと思って、
「自分らしくお金持ちになるための70の習慣」を買ったのですが、
こちらはあまり読む気がしなくて、机の上に積んだままです。

「全米トップ5に数えられる有能な講演家」と言われるだけあって、
著述よりも講演に才能を発揮する人なのでしょう。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[新営業マニュアル] (2)オリエンテーション(見当識)とは
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第160号では、次のようなことを述べました。

 成功しているセールスマンは楽観主義者( Optimist )である。
 楽観主義者は次の二つの資質を持っているから成功する。
 ・多くの課題に取り組む( try more things )
 ・根気( persist more )

 (第160号:成功と幸福を予言(predict)できる資質
 [B] http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/2007/01/predict_56e6.html
 [H] http://www.kei-it.com/sailing/160-070101.html 参照)


ブライアン・トレーシーは、さらに、「楽観主義者には数々の分野で、
特定の思考方法があることが明らかになっている」と言っています。
その特定の思考方法の一つが、Orientation(オリエンテーション)です。

「オリエンテーション」は日本語にもなっています。
例えば、学校、会社、サークルなどの組織で、新入者に最初に
概要説明や指導をすることを「オリエンテーション」と呼んでいます。

Orientation の語源は、Orient(オリエント)です。
世界史の教科書に出てくる「古代オリエント文明」の「オリエント」です。

もともとは「東に向けること、聖壇を東向きにすること」という
意味でしたが、心理学で Orientation というと「見当識(けんとう
しき)」という意味になります。

 見当識:〔心〕時間、場所、周囲の人・状況などについて正しく
     認識する機能。見当感。     (出展:goo辞書)


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[新営業マニュアル] (3)4つのオリエンテーション(見当識)
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ブライアン・トレーシーも"Orientation"を「見当識」の意味に
使っています。

Orientation is a particular way of thinking about life and
the world.
(オリエンテーションとは人生や世界に関するある特定の考え方の
ことです。)

そして、楽観主義者は次の4つのオリエンテーションを持っている
と言っています。

・Future Orientation(未来の見当識)
・Goal Orientation(目標設定の見当識)
・Excellence Orientation(長所の見当識)
・Growth Orientation(成長の見当識)


尚、介護用語で「見当識」というと、次のように意味になります。

 見当識とは、現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど
 基本的な状況把握のこと。
 見当識の保たれているかどうかが意識障害の指標となる。
 車酔いなどで耳の奥にある三半規管の感覚がパニックを起こし
 平衡感覚が崩れた状態の時、「見当識失調」と呼ぶ。
 また、痴呆でも見当識は徐々に失われていく。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


こちらの方が生々しいイメージがわくかもしれません。

「未来の見当識失調」「目標設定の見当識失調」などの概念が
生まれてきます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[新営業マニュアル] (4)成功の心理学の要約
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ブライアン・トレーシーの「販売の心理学」の前半のテーマは
「成功の心理学」であり、後半は「それを活用して売上げを伸ばす
方法」です。

そして、「成功の心理学」を要約すると次のようになります。

 楽観主義者( Optimist )が成功する。
 楽観主義者は次の2つの資質を持つ。
 ・多くの課題に取り組む( try more things )
 ・根気( persist more )
 楽観主義者は次の4つの見当識( Orientation )を持つ
 ・未来の見当識( Future Orientation )
 ・目標設定の見当識( Goal Orientation )
 ・長所の見当識( Excellence Orientation )
 ・成長の見当識( Growth Orientation )

個人や企業が成功するためには、この「成功の心理学」は強力な
指針となるでしょう。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[新営業マニュアル] (5)見当識についてのブライアンの言葉
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

見当識( Orientation )に関するブライアン・トレーシーの言葉を
幾つか紹介します。

【 Future Orientation 】
・楽観主義者はいつも未来について考える。
 Optimist think about the future all the time.

【Goal Orientation】
・楽観主義者はいつも明確な目標を持っている。
 Optimist have very clear written goals that they work on
 everyday.

・目標を書き出すことにより、潜在意識に目標達成のためのプログラムが
 組まれる。
 Writing a goal down programs it into your subconscious mind.

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

新営業マニュアルシリーズの今後の展開は、次のように考えています。

第1部:営業の基本
ブライアン・トレーシーの「販売の心理学」を参考にして、次の
ようなことを論じます。

・Sales funnel(セールスの漏斗)
 見込み(Prospecting)、提案(Presenting)、継続(Follow up) 、
 終結(closeing)の技術を磨く。

・新しいリレーションシップ販売モデル
 ( new relationship selling model )

・営業と成功哲学


第2部:インターネットと営業

営業に関して最近言われていることについて論じます。

・PUSH型とPULL型。
・インターネットがエージェントになる(?)
・ロングテール。


次号は、1月15日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2007年1月7日現在、574名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)


バックナンバーは、発行者サイトまたはブログで、体系として
見てもらいたいので、「まぐまぐ!」でのバックナンバー公開は
最新号のみとなっています。

バックナンバーブログ:http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/
発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

|

« 成功と幸福を予言(predict)できる資質 | Main | Sales funnel:もっと多くの人と会うか、成約比率を上げるか »