« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 27, 2006

ブルックスの法則は正しいか?

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第120号 2006/3/27
▼ まえがき
▼ [5年後のシステム開発] 「ブルックスの法則」とは
▼ [5年後のシステム開発] 遅れが生じた場合の有効な対策は?
▼ [5年後のシステム開発] 再スケジュールも規模縮小もできない
▼ [5年後のシステム開発] 頭数は一つよりは多いほうが絶対にいい(?)
▼ 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号から2回か3回、「ブルックスの法則」について書きます。
久しぶりの「5年後のシステム開発」シリーズです。

「5年後のシステム開発」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_2010.html
を参照してください。

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[5年後のシステム開発] 「ブルックスの法則」とは
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「ブルックスの法則」とは、フレデリック・P・ブルックス,Jr.が
「人月の神話」の中で述べている次のような法則です。

   遅れているソフトウェアプロジェクトへの要員追加はさらに
   遅らせるだけだ。


この法則は、ソフトウェア開発に関する様々な書籍や雑誌の中で言及
されているので、本メルマガの読者なら、ご存知の方が多いと思います。

失敗したプロジェクトの管理者を批判する文脈でよく使われます。
例えば、次のように・・・。

「『遅れているプロジェクトへの要員追加はさらに遅らせるだけ』
ということは、現場で修羅場を経験したことのある人間なら誰でも
知っていること。
しかし、不勉強で現場認識の甘い管理者は、プロジェクトに遅れが
生じた場合、要員を投入するだけで早く完了できると短絡的に考えて
しまう。
彼らはソフトウェア開発というものをまったく理解していないのだ!」


しかし、私は批判された管理者にも同情します。
彼らは次のように言うでしょう。

「でも、要員追加以外に手は無かったじゃないか。」
「たとえ結果的に効果が出なかったとしても、あの場面で要員追加
しなければ、お客様もプロジェクトメンバーも納得しなかっただろう。」

私は、これも真実だと思います。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[5年後のシステム開発] 遅れが生じた場合の有効な対策は?
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私は、「管理者はブルックスの法則を理解していない」と批判する側も、
次の点で無責任だと思います。

・プロジェクトに遅れが生じた場合の有効な対策を提示しているわけ
 ではない。
・ブルックスの法則の正しさを疑っていない。


もしもブルックスの法則が正しいとすると、プロジェクトに遅れが
生じた場合、次の二つしか対策がないことになります。

(1)要員追加はせず、スケジュールを立て直す。
 (新しいスケジュールではたっぷり時間をとる。)

(2)要員追加はせず、仕事を縮小する。


実際にブルックスも「人月の神話」で、納期も仕事も変えないままでの
要員追加を「破滅的」「狂気が潜んでいる」と批判する一方で、上記
二つの対策を推奨しています。
そして、特に「仕事を縮小する」が「現実的には、この対応が一番
とられやすい」としています。

> 開発チームがスケジュールの遅れを見つけた場合、遅延による二次
> コストは非常に高いため、これが唯一取り得る手段となる。
> マネージャーにとって唯一の対応策は、仕事を正式に慎重に削減
> してスケジュールし直すか、あるいは性急なデザインと不完全な
> テストによって暗黙のうちに仕事が削減されるのを待つかである。
>
>         (ブルックス著「人月の神話」より)

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[5年後のシステム開発] 再スケジュールも規模縮小もできない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ブルックスは、1964年~1965年にかけてIBMでOS/360メインフレーム用の
オペレーティングシステム開発マネジャーを担当し、その経験を基に
「人月の神話」を著しました。

当時のIBMのように圧倒的な力を持った企業が、自社製品を作る場合には、
上記二つのどちらでも採用できるでしょう。

しかし、現在の日本の中小ソフトウェア企業が請負開発をする場合には、
(1)も(2)も極めて困難です。

その理由は下記のページが参考になります。


第8号「ポスト産業資本主義の時代」
http://www.kei-it.com/sailing/08-040126.html
> 経済のグローバル化はあらゆる業種において、地域的な差異性を
> 消し去り、標準化を進めます。
> 標準化ということは同じ土俵で戦うということです。
> 同じ土俵で差異性を確保するため、企業は、激烈な低価格化競争、
> 短納期化競争に突入しました。


第109号「安くて気の利いたものしか売れなくなる」
http://www.kei-it.com/sailing/109-060109.html
> ソフトウェアのコモディティ化が進むということは、ソフトウェア開発
> における効率の高さが極限まで求められる

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[5年後のシステム開発] 頭数は一つよりは多いほうが絶対にいい(?)
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

レイモンド氏は「伽藍とバザール」の中で、ブルックスの法則に対して
次のような反対意見を述べています。
( http://cruel.org/freeware/cathedral.html 参照)


・ブルックスの法則が唯一無二の真理なら、Linux はあり得なかっただろう。

・開発コーディネーターが、最低でもインターネットくらい使える
 メディアを持っていて、圧力なしに先導するやりかたを知っている
 場合には、頭数は一つよりは多いほうが絶対にいい。


次回以降で、次の方向で考察を続けます。

まず、ブルックスの法則が成り立つ根拠をブルックス自身がどのように
語っているのかを見てみます。
そこには、時代を超えて通用する深い洞察があります。

次いで、レイモンドが、ブルックスとは反対に何故「頭数は一つよりは
多いほうが絶対にいい」と主張しているのか考えてみます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降では次のようなテーマも取りげていきます。

労務系:
・雇用契約、裁量労働制、個人事業主

技術系:
・贈与と交換
・ピアレビュー

外国系:
・中国は脅威か?


次号は、4月3日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2006年3月27日現在、468名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


--------------------------------------------------

「厳選!優良案件情報ブログ」では、エンドユーザ直、持ち帰り可、
高単価案件を掲載しています。
もしも興味をお持ちの案件がありましたら、ご一報ください。
URL:http://kei-it.tea-nifty.com/gensen/
ID:gensen
パスワード:gensen

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役 蒲生 嘉達
 y_gamou@kei-ha.co.jp
 Webシステム開発事業部 http://www.kei-ha.co.jp
 ITサービス事業部 http://www.kei-it.com
 人材コンサルティング事業部 http://www.k-bank.jp
 TEL:03-5951-8490

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            office@kei-ha.co.jp


|

March 20, 2006

採用が事業モデルを決める

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第119号 2006/3/20
▼ まえがき
▼ [永久運動の設計] 急速に深刻化するIT技術者不足
▼ [永久運動の設計] IT技術者不足なのに単価は上がらない
▼ [永久運動の設計] 採用の側からの事業再構築
▼ [永久運動の設計] MS日本法人が7月にサポート料を値上げへ
▼ [永久運動の設計] オープンソースの導入が急速に進展 他
▼ [永久運動の設計] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号は、日経コンピュータ2006年3月20日号
( http://itpro.nikkeibp.co.jp/NC/index.html ) の中で、
私が面白いと感じた記事について、コメントします。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 急速に深刻化するIT技術者不足
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

○急速に深刻化するIT技術者不足

> IT技術者不足が、この1年で急速に深刻化している。
> 本誌が2月末から3月上旬にかけて実施した緊急調査では回答した
> IT企業の70%が、過去6カ月間に技術者不足を経験。
> そのうちの67%が、昨年4月以降に不足の傾向が顕著になったと
> 答えている。 ・・・(中略)・・・
> 特に、金融、通信、運用、組み込みの技術者不足が顕著。・・・


日経コンピュータは、技術者不足の原因として下記の3つを上げています。
・最大の原因は、金融機関のIT投資の増加。
・業績が好調な製造業大手をはじめ、さまざまな業種でIT投資が増えている。
・ユーザ企業が自社システム部門再強化に乗り出している。
 そのため、IT業界からユーザ企業のシステム部門に転職する技術者が
 増えている。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] IT技術者不足なのに単価は上がらない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それほど技術者不足が深刻なら、普通に考えると、需要と供給の関係で、
IT技術者単価が上昇するはずです。
しかし、日経コンピュータは、一概に上がっていないことも指摘しています。

> 自社のIT技術者の単価は、「上がった」と答えた企業は5%にとどまった
> のに、9%の企業が「下がった」と答えている

ユーザからの価格引下げ要求が依然として根強いため、単価は逆に
下がっているのです。

但し、協力会社への支払い単価は上昇傾向です。

> 仕事を依頼するパートナー企業のIT技術者に支払う単価が上がった、
> と答えた企業が36%に達した


これは私の実感とも一致しています。


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 採用の側からの事業再構築
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

現在、大手も中小もソフトウェア会社は、次のような悩みを抱えています。

・技術者を採用できない。(中途も新卒も)
・採用コストがかかる。(採用広告費はほとんどドブに捨てることになる。)
・採用しても定着率が悪い。
・協力会社の技術者単価は上がっているので、協力会社に頼ると採算が
 取れない。

参考ページ:
 第96号「定着率が悪く、中途採用も難しい」
  http://www.kei-it.com/sailing/96-051010.html 

 第45号「中小企業の中途採用の現状」
  http://www.kei-it.com/sailing/45-041018.html


このような状況の中で、中小ソフトウェア会社が採るべき戦略は
次のどちらかです。

(1)未経験者採用を前提としたモデルを確立する。
(2)人が増えないことを前提としたモデルを確立する。

(1)(2)の戦略のどちらを採るかによって、営業、人事などの基本方針が、
正反対なくらい大きく異なります。
慶は、サービス系は(1)、開発系は(2)でいきます。


(2)の場合、人が増えなくても、昇給は必要なので、人件費は上昇します。
したがって、次のどちらかが実現できないと、事業は成り立ちません。

・人数は同じでも売上は上げる
・売上が横ばいなら、人件費以外の経費を削減する。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] MS日本法人が7月にサポート料を値上げへ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「IT技術者不足」以外に面白かった記事をいくつか上げます。


○MS日本法人が7月にサポート料を値上げへ

アップグレード権付きのサポート契約「ソフトウェア アシュアランス(SA)」
の料金を約3割値上げするそうです。

この記事は下記の号と合わせて読めば、背景が分かります。

第109号「パッケージ・ソフトが置かれている状況」
http://www.kei-it.com/sailing/109-060109.html
> 現在、パッケージ・ソフト収入の源泉は、インストール・ベースの
> ライセンス料金から、保守サービス料金へと移っている

第104号「独占企業は自由にサポートを打ち切る」
http://www.kei-it.com/sailing/104-051205.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] オープンソースの導入が急速に進展 他
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

○オープンソースの導入が急速に進展 ミドルウェアの利用が拡大

> ユーザ企業・公共の情報システムにおけるOSSの導入率は48.8%となった。
> 前回調査(※)の32%からこの1年間で16.8ポイントも上昇しており、
> OSSの導入が活発に進んでいる。

このあたりは、第107号「インフラの世界」
http://www.kei-it.com/sailing/107-051226.html
を読めば、背景が分かります。


○グローバル経営に飲み込まれた決算発表

IBMは多国籍企業経営からグローバル統治に変わり、日本IBMには
地域本社的な機能は無くなったという内容の記事です。

第46号「超巨大企業の時代へ」
http://www.kei-it.com/sailing/46-041025.html
と関連しています。


○「2年以内に抜本的改革」動き出す日本の経営者

米IBMが実施した世界各国のCEO800人へのインタビューによると、
76%のCEOが「新しいアイデアを顧客ないしビジネスパートナーから得る」
と答えたそうです。
「コアになるアイデアは個人からしか生まれない」のも事実
http://www.kei-it.com/sailing/85-050725.html 参照)ですが、
「商売になるアイデアは、顧客と接することからしか生まれない」
のも事実です。
営業の大切さを感じさせる文章でした。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降では次のようなテーマも取りげていきます。

労務系:
・雇用契約、裁量労働制、個人事業主

技術系:
・ブルックスの法則を超えるもの
・贈与と交換
・ピアレビュー

外国系:
・中国は脅威か?


次号は、4月3日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2006年3月18日現在、466名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


--------------------------------------------------

「厳選!優良案件情報ブログ」では、エンドユーザ直、持ち帰り可、
高単価案件を掲載しています。
もしも興味をお持ちの案件がありましたら、ご一報ください。
URL:http://kei-it.tea-nifty.com/gensen/
ID:gensen
パスワード:gensen

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役 蒲生 嘉達
 y_gamou@kei-ha.co.jp
 Webシステム開発事業部 http://www.kei-ha.co.jp
 ITサービス事業部 http://www.kei-it.com
 人材コンサルティング事業部 http://www.k-bank.jp
 TEL:03-5951-8490

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            office@kei-ha.co.jp

|

March 13, 2006

日銭を稼ぐことが第一目標

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第118号 2006/3/13
▼ まえがき
▼ [永久運動の設計] アイデア系ベンチャーは打ち上げ花火
▼ [永久運動の設計] 日銭を稼ぐことが第一目標
▼ [永久運動の設計] 「インターネットビジネス成功の法則」セミナー
▼ [永久運動の設計] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号は、事業全体の話なので「永久運動の設計」シリーズに分類します。

「永久運動の設計」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_forever.html
を参照してください。

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] アイデア系ベンチャーは打ち上げ花火
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

去年1月、某ソフトウェア業界紙(毎月3回発行、発行部数1回10,000部)に、
慶が『「注目の開発手法」Webシステム開発のコスト・工期を従来の約1/2に』
として紹介されたことがあります。

先週、その業界紙の記者が、1年ぶりに慶に取材に来ました。


その業界紙には、「ベンチャーがこんな新商品、新サービスを
始めました!」という記事が多いので、私は記者に次のような
質問をしてみました。

「毎号、アイデア系ベンチャーの記事がたくさん載っていますが、
こういったアイデア系ベンチャーはその後続いているんですか?」


記者の答えは次のようなものでした。

「取材した会社の名刺の束が社内にあって、今回、その名刺をもとに、
多くの会社に再取材の依頼の電話をしました。
しかし、電話が通じない、電話の移転先が分からないという会社が
非常に多かったです。
ベンチャーはほとんど打ち上げ花火のようなものです。」

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 日銭を稼ぐことが第一目標
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

堀江貴文氏も昔の著作ではまともなことを言っています。
「堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方」によると、
オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)起業当時は、「とにかく日銭を
稼ぐことを第一目標にして、ウェブ制作やホスティングなどの事業に
精を出した」そうです。

> 当時は新しいビジネスモデルがもてはやされ、他社が思いつきもし
> なかったような新しいサービスをいち早くスタートさせるのがカッコ
> いいと思われた時代だったから、ウェブ制作やホスティングなどの
> 業務はいかにも地味で、カッコ悪かった。
> でも流行の最新ビジネスモデルが一銭のカネも生み出さず、コストを
> どんどん吸収してベンチャー企業の経営を悪化させていくのを横目で
> 見ながら、ウェブ制作やホスティングはきちんと毎日毎日、安定した
> 収入を上げ続けてくれたのである。
>
>      (「堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方」より)

周りを見渡しても、カッコいいことを言っていたベンチャーは
ほとんど潰れています。

その理由については、次の号が参考になります。
・第85号「成功確率が低く、成功しても寿命が短い」
 http://www.kei-it.com/sailing/85-050725.html

・第107号「今週号は「発明」がテーマ」
 http://www.kei-it.com/sailing/107-051226.html


カラに閉じこもっている会社の方がかえって長続きしています。
しかし、カラに閉じこもってばかりいたら、長期的には衰退するので、
日銭をきっちり稼いだ上で、その利益の中から、新規事業への
投資を地道に行っていかなければなりません。

投資すべき新規事業を考えるにあたって、下記のセミナーが参考
になるかもしれません。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 「インターネットビジネス成功の法則」セミナー
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶が所属している業界団体「羅針盤21」http://r-21.jp/ で
下記のセミナーを開催します。

【テーマ】インターネットビジネス成功の法則
【日 時】平成18年3月20日(月)13:00~17:00    
【場 所】トスラブ赤坂 会議室
【内 容】
1.インターネットビジネスを展開するための基本的な考え方について
2.インターネットビジネス上での市場調査について
3.ターゲットユーザー(本当のお客様)について
4.ホームページの活用方法について
5.商品(サービス)を販売する場所の選択について

【講師】
マックシステム株式会社
セールス&マネージメント部 企画推進室 ウェブビジネスコンサルタント 
 落合 和義 氏


最初は「SEO対策」というテーマで落合講師に依頼しましたが、
「インターネットビジネスの基本を理解しないとSEO対策は意味がない」
という講師からのアドバイスがあり、上記内容となりました。

例えば、Yahoo!とGoogleのビジネスモデルの比較などもあり、私も
期待しています。


本来なら羅針盤21会員しか参加できませんが、非会員のために
5名の枠を用意しました。

本メルマガの読者は、無料でご招待いたします。
また、セミナー後の懇親会にも無料でご招待いたします。

聴講希望の方は下記までメールください。
office@kei-ha.co.jp

枠が5名なので、お早めにお申し込みください。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降では次のようなテーマも取りげていきます。

労務系:
・雇用契約、裁量労働制、個人事業主

技術系:
・ブルックスの法則を超えるもの
・贈与と交換
・ピアレビュー

外国系:
・中国は脅威か?


次号は、3月20日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2006年3月6日現在、460名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


--------------------------------------------------

「厳選!優良案件情報ブログ」では、エンドユーザ直、持ち帰り可、
高単価案件を掲載しています。
もしも興味をお持ちの案件がありましたら、ご一報ください。
URL:http://kei-it.tea-nifty.com/gensen/
ID:gensen
パスワード:gensen

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役 蒲生 嘉達
 y_gamou@kei-ha.co.jp
 Webシステム開発事業部 http://www.kei-ha.co.jp
 ITサービス事業部 http://www.kei-it.com
 人材コンサルティング事業部 http://www.k-bank.jp
 TEL:03-5951-8490

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            office@kei-ha.co.jp

|

March 06, 2006

「のこぎり入れ方パターン計算ソフト」のようなソフトを作るべき

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第117号 2006/3/6
▼ まえがき
▼ [製造業の呪縛] 開発コストとユーザの意識の乖離
▼ [製造業の呪縛] マイクロソフトは、Solarisは怖くないが、Linuxは怖い
▼ [製造業の呪縛] のこぎり入れ方パターン計算ソフト
▼ [製造業の呪縛] オープンソースが苦手とするソフトを作るべき
▼ [製造業の呪縛] これまでにパッケージについて触れた号
▼ [製造業の呪縛] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号は、パッケージソフトについて考えます。

「製造業の呪縛」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_maker_service.html
を参照してください。

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 開発コストとユーザの意識の乖離
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

2月中旬、S社を訪問し、T常務と会談しました。
S社は、創業1987年、売上高約9億円、社員数85名、資本金4,000万円の
会社です。

特殊な監視制御装置、計測機器の製造販売からスタートした会社で、
今でもハードウェアの売上が売上全体の1/3を占めています。
会社案内に、パッケージソフトの製作・販売もやっていると
書かれていたので、「パッケージは売れていますか?」と質問した
ところ、次のような回答が返ってきました。

「全然売れていません。開発コストは1,000万円以上なのに、ユーザの
意識は『パッケージなら1本10万円~20万円だろう』ですからね。」


日本ではもともと、パッケージソフトで儲かっている会社は
ほとんどありませんでしたが、その傾向はますます強まっています。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] Solarisは怖くないが、Linuxは怖い
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それでは、外国のパッケージソフト会社が好調なのかというと、
そうでもありません。


> 世界のパッケージ・ソフト市場は、急激な低価格化やセキュリティ問題、
> 優れたオープン・ソースの登場など、深刻な問題に直面しつつある。
> 現在、パッケージ・ソフト収入の源泉は、インストール・ベースの
> ライセンス料金から、保守サービス料金へと移っている
>   (日経コンピュータ2006/1/9号 
>    マイケル・クスマノ著「日本のソフトウェア産業の謎」より)


パッケージソフトが儲からなくなっているのは、世界的な傾向です。

現代は、技術の標準化が世界的な大競争を生み、その結果として、
あらゆる商品が安くなる時代です。
(第8号「ポスト産業資本主義の時代」
http://www.kei-it.com/sailing/08-040126.html 参照)

しかし、パッケージソフトの世界では、もう一つのデフレ要因が
あります。

例えば、自動車業界なら車を無料で配るなどという連中はいません。
しかし、ソフトウェアの世界ではそのような連中がいるのです。
オープン・ソース・コミュニティーです。

しかも彼らが無料で配るソフトウェアはものすごく優秀です。
巨大なソフトウェア・ベンダーが莫大な開発費をかけて開発した
製品よりも、優秀なオープンソース製品も少なくありません。


マイクロソフトもオラクルも、オープンソースを意識した事業
展開を余儀なくされています。

マイクロソフトはSolarisやAIXは怖くありませんが、Linuxは怖いのです。
オラクルもSybaseやDB2は怖くありませんが、MaySQLやPostgreSQLは
怖いのです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] のこぎり入れ方パターン計算ソフト
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

エリック・レイモンド著「魔法のおなべ」の中で次のような話が
載っています。


> 1999年頭にぼくは、丸太から垂木をなるべくたくさんとりたい
> 製材所向けの、のこぎりの入れ方パターンを計算するソフトを
> 書いている会社から相談を受けた。
> 「うちはオープンソースにすべきでしょうか?」
> ぼくは「ノー」と結論した。


エリック・レイモンド氏はオープンソース運動の理論的な指導者です。
彼が書いた「伽藍とバザール」はオープンソース運動の聖典のような
存在です。

そのエリック・レイモンド氏がなぜ「のこぎり入れ方パターン計算ソフト
はオープンソースにすべきではない」と言ったのでしょうか?

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] オープンソースが苦手とするソフトを作るべき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

エリック・レイモンド氏は、オープンソースのメリットが高いのは
次のようなケースだと言っています。

(a) 信頼性、安定性、スケーラビリティがとても重要な場合。
(b) デザインや実装の正しさが、独立ピアレビュー以外の方法では
  きちんと検証できない場合。
(c) そのソフトがその利用者のビジネス展開を決定的に左右する
  ような場合。
(d) そのソフトが、共通のコンピュータ・通信インフラを確立するか
  可能にする場合。
(e) その核となるメソッド(あるいは機能的にそれと等価なもの)が、
  よく知られた工学的な知識の一部であるとき。

Linux、Appache、MySQL、PsotgreSQL は、正しく、この要件を満た
しています。

しかし、「のこぎり入れ方パターン計算ソフト」は、これらの要件を
一つも満たしていないのです。


あれば確かに便利だが、また特殊なノウハウが詰まっているのだろうが、
「でもいざとなったら、経験豊かなオペレータが自分でのこぎりの入れ方を
手動で計算できるだろう」(エリック・レイモンド氏)という類の
ソフトです。

また、市場が小さいから大手パッケージ会社も手を出さないソフトです。


パッケージを自社開発するとき、ついつい格好いい立派なコンセプトを
描いてしまいます。
しかし、実は、この「のこぎり入れ方パターン計算ソフト」のような
ソフトを作るべきなのです。

つまり、オープンソースにするメリットがないソフト、オープンソース
コミュニティが苦手とするソフト、そして、大手パッケージ会社も手を
出すメリットがないソフトです。


慶でも来期は「のこぎり入れ方パターン計算ソフト」のような
パッケージを作っていきます。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] これまでにパッケージについて触れた号
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

これまで、パッケージソフトについて触れた号は次のとおりです。
参考にしてください。

第103号「パッケージソフト会社は何を売っているのか?」
http://www.kei-it.com/sailing/103-051128.html

第104号「立地さえ良ければ多少商品が悪くても売れてしまう」
http://www.kei-it.com/sailing/104-051205.html

第106号「パッケージがプログラマの職を奪うことはない」
http://www.kei-it.com/sailing/106-051219.html

第109号「パッケージ・ソフトが置かれている状況」
http://www.kei-it.com/sailing/109-060109.html


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降では次のようなテーマも取りげていきます。

労務系:
・雇用契約、裁量労働制、個人事業主

技術系:
・ブルックスの法則を超えるもの
・贈与と交換
・ピアレビュー

外国系:
・中国は脅威か?


次号は、3月13日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2006年3月6日現在、460名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


--------------------------------------------------

「厳選!優良案件情報ブログ」では、エンドユーザ直、持ち帰り可、
高単価案件を掲載しています。
もしも興味をお持ちの案件がありましたら、ご一報ください。
URL:http://kei-it.tea-nifty.com/gensen/
ID:gensen
パスワード:gensen

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役 蒲生 嘉達
 y_gamou@kei-ha.co.jp
 Webシステム開発事業部 http://www.kei-ha.co.jp
 ITサービス事業部 http://www.kei-it.com
 人材コンサルティング事業部 http://www.k-bank.jp
 TEL:03-5951-8490

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            office@kei-ha.co.jp


|

« February 2006 | Main | April 2006 »