« ソフトウェアのコモディティ化が進むということ | Main | 監査法人の組織 »

January 16, 2006

大きくなるか、小さくなるか

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第110号 2005/1/16
▼ まえがき
▼ [大きくなるか、小さくなるか] 2006年は第二の創業期
▼ [大きくなるか、小さくなるか] 第45号~第51号での考察
▼ [大きくなるか、小さくなるか] 有限会社にヒントがあるかも
▼ [大きくなるか、小さくなるか] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号から、もう一度、会社の適正規模「大きくなるか、小さくなるか」
について考えてみます。

・バックナンバーはブログでも公開しています。
 ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[大きくなるか、小さくなるか] 2006年は第二の創業期
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

慶が会社として機能しだしたのは2000年からです。
その後5年間で、WEBシステム開発事業部、ITサービス事業部、
人材コンサルティング事業部が立ち上がり、売上高は4億円を超え、
正社員・契約社員・個人事業主の合計が60名となっています。

まずまずの成功ですが、最近、私は、今までのやり方が一つの限界に
来ていると感じています。

したがって、「2006年は第二の創業期」と捉え、やり方を根本的に
変えていこうと思っています。


さて、今後の方向性を考える上で、まず極めて基本的な問題が、
念頭に浮かびます。
「大きくなるか、小さくなるか」という問題です。


> --------------------【問題】--------------------
> ○売上2億円の会社を5つ作るべきか、売上10億の会社を1つ作るべきか?
> ○大きくなるか?小さくなるか?
> 会社は「規模の経済」「範囲の経済」の論理で大きくなる方がよいのか?
> それとも、コア・コンピタンスに集中し、残りの機能は極力アウト
> ソーシングする、つまり小さくなる方がよいのか?
> ------------------------------------------------
> (第50号 http://www.kei-it.com/sailing/50-041122.html より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[大きくなるか、小さくなるか] 第45号~第51号での考察
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次に示すように、以前にもこの問題について考えたことがあります。

第45号 http://www.kei-it.com/sailing/45-041018.html
  ・一人当たりの採用コストは大企業の方が安い
  ・中小企業の中途採用の現状
  ・リクナビやリクナビNEXTも「規模の経済」
  ・慶の営業に見る「範囲の経済」

第46号 http://www.kei-it.com/sailing/46-041025.html
  ・巨大組織がかかりやすい病気
  ・大企業が有利でなくなる理由
  ・超巨大企業の時代へ

第48号 http://www.kei-it.com/sailing/48-041108.html
  ・大きくなる必要がない理由
  ・巨大にならなければならない理由
  ・二つの道

第50号 http://www.kei-it.com/sailing/50-041122.html
  ・人材紹介会社の適正規模

第51号 http://www.kei-it.com/sailing/51-041129.html
  ・小さな会社の方が給料が高くなる
  ・システム開発請負会社の過去と現在


これらで書いたことを要約すると、次のようになります。
(岩井克人著「会社はこれからどうなるか」からの影響を強く受けて
います。)

-------------------------------------------------------
ポスト産業資本主義の時代にあっては、会社には次の二つの道がある。
(1)地球規模で「規模の経済」「範囲の経済」を追求する激烈な
 競争に参加する。
(2)標準化の進展によって、モノでもカネでも情報でも世界中どこでも
 ほぼ同一条件で手に入れられるようになったことを利用して、
 モノ・カネ・情報の流通以外の分野で独自の差異性を見出していく。
 この場合は、「規模の経済」「範囲の経済」の力は弱まる。
 システム開発請負会社の最適規模も10年前と比べ、小さくなっている。

-------------------------------------------------------

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[大きくなるか、小さくなるか] 有限会社にヒントがあるかも
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

このように以前の考察は抽象的なレベルに止まっていました。

しかし、最近、「規模の経済」「範囲の経済」という視点からではなく、
「会社の組織」という視点から考えると、もう少し具体的な回答が
見出せるのではないかと考えるようになりました。

自ら規模の拡大に制限をかけた「有限会社」という仕組みにヒントが
あるのではないかと考えるようになったのです。

「売上2億円の会社を5つ作るべきか、売上10億の会社を1つ作るべきか?」
という問題を次のように、置き換えて考えて見たいのです。

「有限会社の良さを取り入れた有限会社的な株式会社を5つ作るべきか、
それとも、株式会社の良さを活かした典型的な株式会社を1つ作るべきか?」

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[大きくなるか、小さくなるか] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降は次のようなテーマで書く予定です。

・新会社法では有限会社は無くなるのか?
・有限会社の知恵


これ以外に、下記の技術系テーマもそのうち書きます。

・ブルックスの法則を超えるもの
・贈与と交換
・ピアレビュー


次号は、1月23日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2006年1月7日現在、448名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


|

« ソフトウェアのコモディティ化が進むということ | Main | 監査法人の組織 »