« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 26, 2005

公開戦略vs.非公開戦略vs.特許戦略

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第107号 2005/12/26
▼ まえがき:今週号は「発明」がテーマ
▼ [製造業の呪縛] 4つの世界
▼ [製造業の呪縛] インフラの世界
▼ [製造業の呪縛] インフラの世界でのITベンチャーの発明
▼ [製造業の呪縛] アプリケーションの世界
▼ [製造業の呪縛] ミドルウェアの世界
▼ [製造業の呪縛] ビジネスモデルの世界
▼ [製造業の呪縛] ある発明家との業務提携
▼ [製造業の呪縛] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき:今週号は「発明」がテーマ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

・第102号から「製造業の呪縛」シリーズを連載しています。

・「製造業の呪縛」シリーズを最初から読みたい方は、
 http://www.kei-it.com/sailing/back_maker_service.html 
 を参照してください。

・バックナンバーはブログでも公開しています。
 ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

ある顧客からのシステム開発費支払いが滞っているので、調査した
ところ、経営不振に陥っていることが分かりました。
その顧客は資本金4億円を超えるITベンチャーです。
それだけの資本金の大半を一つの発明につぎ込み、それが全く収益に
結びついていないのです。

発明や新しいビジネスモデルを核とした事業展開をし、経営不振に
陥ってしまったITベンチャー、倒産にまで至ったITベンチャーは
少なくありません。
むしろ、発明やアイデアで儲けているITベンチャーは、例外的な
存在だと言っても過言ではないでしょう。


今週号では、発明について考えます。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 4つの世界
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

発明した人、アイデアを思いついた人は、どうしても自分の世界で
妄想を膨らましてしまいます。

その発明やアイデアを客観的に見るために、世界を下記の4つに分類し、
その発明やアイデアがどの世界にあるのかを考えることは非常に
役立ちます。

1.ビジネスモデルの世界
2.アプリケーションの世界
3.ミドルウェアの世界
4.インフラの世界


これらの4つの世界はそれぞれ性格が異なり、それ故、下記の3つの
戦略の有効性も異なるのです。

・オープン化戦略
・非公開戦略
・知的所有権戦略(公開するが知的所有権で守る)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] インフラの世界
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

インフラの世界とは、OS、ネットワーク、WEBサーバなどの世界です。

水道、電気、ガスが途絶えたら一般の人は生活できなくなります。
それと同様に、ITインフラが止まったり、不安定だったり、あるいは
セキュリティ面などで障害が発生したりすれば、ほとんどの人の仕事は
深刻なダメージを受けます。

したがって、信頼性、安定性、スケーラビリティが強く求められます。
その結果、公共財化、共有物化、標準化、オープン化の力が強烈に
働くのです。

したがって、この世界では、長期的には次の二つしか成功パターンは
ありません。

(1)マイクロソフトやシスコシステムズのように圧倒的な力を持った
 グローバル企業が、自ら世界標準を作ってしまう。
(2)LinuxやApacheのように、世界中のオープンソースコミュニティを
 味方に付ける。


(1)の場合は、非公開戦略を採ることによって、製品として独占し、
利益を得ることが可能です。
また、知的所有権戦略を採ることによって、ライセンス料で利益を
得ることも可能です。
しかし、それらの戦略を採って、尚且つ、極めて高水準の信頼性、
安定性を維持するためには、莫大な開発費が必要となります。
また、技術とは関係ない強力な力(圧倒的な政治力、営業力、企業力)が
必要となります。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] インフラの世界でのITベンチャーの発明
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

冒頭で述べたITベンチャーの発明はインフラの世界の発明でした。
現実のビジネスモデルと不可分に結びついているわけではなく、
「ブラウザでこんなこともできるようになりました。ビジネスモデルは
皆さんで考えてください」という性格の発明でした。

マイクロソフトがIEの追加機能としてリリースするなら、「画期的だ」と
評価されたでしょうが、同じことを中小企業がやっても莫大な開発費に
見合うだけのメリットがありません。

オープンソースにしてオープンソースコミュニティを味方に付ければ、
開発費は節約できるでしょうが、その場合は知的所有権による直接的な
収益はありません。

したがって、インフラの世界で個人や中小企業が非公開技術や
知的所有権だけ持っていても利益を生み出せないのです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] アプリケーションの世界
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

アプリケーションの世界は、オープンな技術規格が弱い、または、
存在しない世界です。

例えば、Wordや一太郎などのワープロソフト、筆王などの年賀状ソフト、
AutoCADなどのCADソフト、Illustratorなどの画像編集ソフトなどは
全て、非公開の独自ファイルフォーマットを持っています。
おそらくそのアプリケーションを組む上では、最適なファイルフォーマット
になっているのでしょう。

ITインフラの障害はほとんどの人の仕事に深刻な影響を与えますが、
アプリケーションが多少不安定でも、バグがあっても本当に困る人は
ごく少数です。
したがって、アプリケーションの世界では、信頼性、安定性、
スケーラビリティはインフラの世界ほどには求められません。
それ故、公共財化、共有物化、標準化の力は弱いのです。

ここでは、個人や中小企業が非公開戦略、知的所有権戦略を採ることは
理にかなったことです。

しかし、この場合、知的所有権の目的は、ライセンスで稼ぐことではなく、
真似されるのを防ぐことになるでしょう。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] ミドルウェアの世界
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ミドルウェアの世界とは、Oracleのようなデータベース、シトリックスの
MetaFrameのような開発ツールの世界で、技術規格はあるけれど不完全
な世界です。

インフラの世界とアプリケーションの世界の中間的な性格を持っています。
また、インフラとミドルウェア、アプリケーションとミドルウェア
との境界線は実際には曖昧です。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] ビジネスモデルの世界
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ビジネスモデルの世界とは、現実の業務の世界です。

この世界では、知的所有権はあまり意味がないと思います。

特許取得には時間と費用がかかる上に、ビジネスモデルを特許で
守ることは現実的には難しいからです。

知的所有権で守るよりも、他人が容易に真似できないノウハウを
蓄積していくこと、才能ある人を集めていくことの方が重要でしょう。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] ある発明家との業務提携
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


私は11月末から、ある発明家と業務提携について話し合っています。
慶が請負開発や技術者派遣だけでなく、発明や新しいビジネスモデルを
狙って行かなければならないことは確かだからです。

その発明家が持っている発明はインフラ系の発明なので、それ単独
ではなく、アプリケーションまたはビジネスモデルと密接に結びつけて
世に出したいと考えています。


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降は次のようなテーマで書く予定です。

・オープンソース時代のソフトウェア会社のあり方
・製造を外注した場合のソフトウェア会社のあり方
・ソフトウェア全体を外注するサービス会社のあり方


次号は、1月2日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2005年12月25日現在、448名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------


|

December 19, 2005

パッケージが請負を駆逐することはない

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第106号 2005/12/19
▼ まえがき
▼ [製造業の呪縛] パッケージがプログラマの職を奪うことはない
▼ [製造業の呪縛] プログラマの労働時間のほとんどはインハウス開発
▼ [製造業の呪縛] どこに焦点を絞るか
▼ [製造業の呪縛] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

・第102号から「製造業の呪縛」シリーズを連載しています。

・「製造業の呪縛」シリーズを最初から読みたい方は、
 http://www.kei-it.com/sailing/back_maker_service.html 
 を参照してください。

・バックナンバーはブログでも公開しています。
 ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] パッケージがプログラマの職を奪うことはない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

これまで「製造業の呪縛」シリーズで考察してきたことを基にして、
いくつかの未来予測をしてみましょう。

そのうちの一つは、「パッケージ製品が、請負開発をしている
プログラマの職を奪うことはない」という予測です。

製造業の場合、工場で大量生産された製品が、手作業の職人を駆逐
しました。
コンピュータソフトウェアのパッケージ製品も大量に複製される製品
ですが、それによってプログラマの職が奪われるということは、
これまでも無かったし、今後もあり得ません。


確かに、我々が日常的に使うソフトウェアのほとんどはパッケージ
製品です。
MS-Windows、MS-Office、ブラウザ、メーラ、グループウェア、
会計ソフト、給与計算ソフト、画像編集ソフト、CADソフト、
データベースソフト、データ分析ソフト、・・・など。

今から20年前、世界中で動いているプログラムの90%は汎用機で動く
社内システムでしたが、今ではPC上のプログラムを含めると、
世界中で動いているプログラムの90%以上はパッケージ製品だと
言っても過言ではないでしょう。

今後さらにERP、SCMなどの大規模なパッケージ製品が普及すると、
企業の基幹システムもかなりの部分がパッケージ製品に置き換わって
いくでしょう。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] プログラマの労働時間のほとんどはインハウス開発
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、工業製品に駆逐された職人と同じように、ソフトウェア
受託開発会社やプログラマがパッケージ製品に駆逐されるかと言うと、
それはあり得ないことです。


CPU使用時間、ユーザの利用時間という観点では、パッケージ製品の
比重は圧倒的です。
新聞、雑誌、テレビなどで広告宣伝されている割合は、もっと圧倒的です。
(請負開発のテレビCMなど見たことありません。)
世界的なソフトウェアの売上高という観点でも、パッケージ製品が
占める割合は大きいでしょう。

しかし、手間、労働時間、雇用、人件費という点では、依然として
インハウス開発が圧倒的な比重を占めているのです。
(第103号「『インハウス開発』とは」
http://www.kei-it.com/sailing/103-051128.html 参照)

尚、インハウス開発には、パッケージ製品のカスタマイズも、パッケージ
製品の上に乗るアプリケーション開発も含まれています。


パッケージ先進国の米国ですら、プログラマの労働時間のほとんどは
インハウス開発です。

> This is called `maintenance', and any software engineer or
> systems analyst will tell you that it makes up the vast majority
> (more than 75%) of what programmers get paid to do. Accordingly,
> most programmer-hours are spent (and most programmer salaries
> are paid for) writing or maintaining in-house code that has no
> sale value at all.
>
> これは「メンテナンス」と呼ばれていて、どんなソフトエンジニア
> でもシステムアナリストでも、これがプログラマの賃金の大部分
> (75% 以上)を占める点には同意するはずだ。そしてこれにともなって、
> ほとんどのプログラマの労働時間が割かれるのは(そしてプログラマの
> 給料の大部分を占めるのは)、まったく販売価値のないインハウスの
> コーディングやメンテナンスだ。
>
>       (レイモンド著、山形浩生訳「魔法のおなべ」より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] どこに焦点を絞るか
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

したがって、in-house code を書くことを(持ち帰りまたは常駐で)
請負っているプログラマやソフトウェア会社は、自分たちがパッケージ
製品に駆逐されることを心配する必要はありません。

しかし、どこに焦点を絞るかということは重要です。

例えば、私は、1986年から1993年まで某ソフトハウスで、F社独自の
UNIXに組み込まれる通信制御ドライバや通信系ユーティリティの
請負開発に携わりました。
ところが、このようなメーカ独自OS内に組み込まれるソフトウェアの
請負開発は、当時と比べて今は激減しています。

OSのドライバやユーティリティ開発は、オープンソースコミュニティが
得意とする分野だからです。


オープンソースコミュニティが得意とする分野、パッケージ会社が
得意とする分野、オフショア会社が得意とする分野では彼らと競合せず、
彼らにできない分野を狙う、または彼らと協業する、利用するという
戦略を採らないと請負会社は成功しません。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降は次のようなテーマで書く予定です。

・オープンソース時代のソフトウェア会社のあり方
・製造を外注した場合のソフトウェア会社のあり方
・ソフトウェア全体を外注するサービス会社のあり方
・オープンにすること、クローズにすること、特許についての考え方


次号は、12月26日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は2005年12月18日現在、448名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

|

December 12, 2005

産業分類上の「ソフトウェア業」

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第105号  2005/12/12
  ▼  まえがき
  ▼  [製造業の呪縛] 新産業分類ではソフトウェアはサービス業ではない
  ▼  [製造業の呪縛] 情報通信業などの大分類新設は国際的な流れ
  ▼  [製造業の呪縛] 「サービス業→お客様は神様」を生み出す曖昧さ
  ▼  [製造業の呪縛] 次回以降の予告

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

・第102号から「製造業の呪縛」シリーズを連載しています。

・「製造業の呪縛」シリーズを最初から読みたい方は、
 http://www.kei-it.com/sailing/back_maker_service.html 
 を参照してください。

・バックナンバーはブログでも公開しています。
 ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [製造業の呪縛] 新産業分類ではソフトウェアはサービス業ではない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「ソフトウェア業はサービス業だ」と主張している人も「いや、
やっぱり製造業だ」と主張している人も、一般的な産業分類では
ソフトウェア業はサービス業に分類されていると思っています。

しかし、日本標準産業分類では、ソフトウェア業は大分類レベルでは
サービス業に分類されていません。「情報通信業」に分類されているのです。
( http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/3.htm 参照)

確かに昔はサービス業に分類されていましたが、2002年3月の改定で、
「情報通信業」が新設され、ソフトウェア業はそこに分類されるように
なりました。

「情報通信業」は、単純に旧サービス業から分離したのではなく、
下記の3つが統合されたものです。
・電気通信と郵便業の一部(旧分類では「運輸・通信業」)
・新聞・出版(旧分類では「製造業」)
・放送、情報サービス、調査、映画・ビデオ制作、ラジオ番組制作
 (旧分類では「サービス業」)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [製造業の呪縛] 情報通信業などの大分類新設は国際的な流れ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

2002年3月の改定では、他にも「医療、福祉」「教育、学習支援」が
旧サービス業から独立し、大分類となっています。

また、一般にはサービス業と思われている飲食店は、旧分類では
「卸・小売業」でしたが、旧サービス業の旅館・その他宿泊所と合体し、
「飲食店、宿泊業」となりました。

したがって、現時点で日本標準産業分類上、大分類レベルでサービス業と
言えるのは、次の2分類のみです。
・複合サービス業:郵便業、協同組合
・サービス業(他に分類されないもの):
    専門サービス業(他に分類されないもの)、学術・開発研究機関、
    洗濯・理容・美容・浴場業、娯楽、修理、リース、広告など

「情報通信業」「飲食店、宿泊業」「医療、福祉」「教育、学習支援」
を独立した大分類にするということは、日本の総務省の独創では
ありません。
むしろ日本の総務省が国際的な流れに追随したというのが実態です。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [製造業の呪縛] 「サービス業→お客様は神様」を生み出す曖昧さ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

もちろん、今でも、「有形の物を生産する第一次および第二次産業」
に対する「無形のサービスを供給する第三次産業」という概念は
存在します。

したがって、「ソフトウェア業は第三次産業だ」あるいは
「ソフトウェア業はサービスを供給する産業だからサービス業だ」という
言葉自体は、間違いではありません。

実際にソフトウェア業は情報通信業の中の小分類では「情報サービス業」
に分類されています。

しかし、「第三次産業」「サービスを供給する産業」という概念が
あまりにも広すぎるので、「これはこういう意味で言っているんだ」
と説明しないと、イメージだけの無意味な言葉になってしまいます。

「ソフトウェア業はサービス業だ。サービス業ではお客様は神様だ。
だから、無理難題を何でもきけ」という乱暴な三段論法を展開する
人も出てきてしまうのです。

レイモンド氏も「魔法のおなべ」で「ソフトウェア業はサービス産業だ」
と言っています。
この言葉の意味するところは「ソフトウェア業を工場モデルで考えては
いけない」ということです。
そして、それを根拠にして、レイモンド氏は、ソフトウェア業界で
現実に起きている流れを説明し、未来を示唆しています。

> Red Hat をはじめとする Linux ディストリビュータがやっているのは、
> こういうことだ。かれらが実際に売っているのは、ビット自体という
> 意味でのソフトではない。
> ちゃんとうごく OS を組み立てて試験することによる付加価値なんだ。
>        (エリック.S.レイモンド著「魔法のおなべ」より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [製造業の呪縛] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降は次のようなテーマで書く予定です。

・オープンソース時代のソフトウェア会社のあり方
・製造を外注した場合のソフトウェア会社のあり方
・ソフトウェア全体を外注するサービス会社のあり方

次号は、12月19日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は平成17年12月10日現在、444名です。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

|

December 05, 2005

パッケージソフトで長期的に成功することが難しい理由

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第104号 2005/12/05
▼ まえがき
▼ [製造業の呪縛] うらやましいが、参入できない
▼ [製造業の呪縛] 立地さえ良ければ多少商品が悪くても売れてしまう
▼ [製造業の呪縛] パッケージで長期的に大成功することは難しい
▼ [製造業の呪縛] その理由は「サポートのコスト」
▼ [製造業の呪縛] 独占企業は自由にサポートを打ち切る
▼ [製造業の呪縛] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

・第102号から「製造業の呪縛」シリーズを連載しています。

・第102号ではシリーズ名を「製造業かサービス業か」としていましたが、
 「製造業の呪縛」と改名します。

・「製造業の呪縛」シリーズを最初から読みたい方は、
 http://www.kei-it.com/sailing/back_maker_service.html 
 を参照してください。

・バックナンバーはブログでも公開しています。
 ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] うらやましいが、参入できない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

受託ソフト開発会社にとって、パッケージソフト会社はうらやましく
感じられます。

自分達は毎日働かないとメシが食えないのに、パッケージソフト会社は
一旦商品を開発してしまうと、後はコピーするだけでお金が稼げるように
見えるからです。

しかし、第64号、第65号で解説したようなパッケージソフト開発の
難しさを前にして、彼らはパッケージソフト開発に参入することを
あきらめます。

・第64号「仕様がない世界でのソフトウェア開発」
 ( http://www.kei-it.com/sailing/64-050228.html )

・第65号「改善に明け暮れて開発が遅れるとゴミになる」
 ( http://www.kei-it.com/sailing/65-050307.html )  参照

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 立地さえ良ければ多少商品が悪くても売れてしまう
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、パッケージソフト開発は、小規模な成功でよいなら、極端に
難しいわけではありません。

例えば、船井総合研究所ソフトハウス活性化チームでは
「ソフトハウス経営者が180日で利益率20%のレールに乗り換える法!」
http://www.funaisoken.co.jp/search/search_3/GO1099.html
というセミナーを行っています。
(このセミナーを企画されている斉藤芳宣氏は、本メルマガの読者で、
慶に来社されたこともあります。)

私はセミナーには出席していませんが、無料小冊子は読みました。
下記はその小冊子に書かれている斉藤芳宣氏の言葉です。

・パッケージはポイントさえ外さなければ、それほどムリせず確実に
 利益を生むことができるんです。

・パッケージ商品の開発というと、すぐに「何をつくるか」と考えて
 しまうことが多いのですが、一番大切なのは「どの市場向けにつくるか」
 なんです。


確かにそのとおりです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] パッケージで長期的に大成功することは難しい
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、より巨視的に見るなら、パッケージソフトで長期的に大成功
している会社は世界中でも数えるほどしかありません。
マイクロソフトだけと言ってもいいかもしれません。

大概のパッケージソフトおよびそのパッケージに依存したソフト会社が
たどる運命は次のようなものです。

 「最初の数年間は成長するが、市場の成熟とともに売上は横ばいとなり、
 下降線を描き、やがて消えていく。」


この盛衰の中から、カテゴリーごとにガリバーが誕生します。
DBのオラクル、ERPのSAP、そしてPCソフト全体のマイクロソフト、
というように・・・。

私はこれまで、この現象について、「OSや汎用的アプリケーションは
一種の媒体であって、規模の経済が働くからだろう」と思っていました。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] その理由は「サポートのコスト」
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし、エリック・レイモンド著「魔法のおなべ」を読んで、
パッケージソフトで長期的に成功することが難しい理由、および、
パッケージソフト市場が寡占化する理由が分かりました。

その理由は、「サポートのコスト」です。
ここで言う「サポート」とは、ヘルプデスク、バグフィックス、
アップグレードなどのアフターサービスです。

通常、パッケージソフトの購入価格は高く、サポート料は無料に
(有料でもうんと安く)設定されます。
これは工業製品の価格設定を真似たものです。

売上が伸びている場合はこのような価格設定でも、うまくいきます。
ユーザが増え、そのためサポートコストが増えても、売上の伸びで、
サポートコストの増加を賄えるからです。

しかし、市場が成熟して、売上の伸びが鈍化してくると、この価格
設定は破綻します。

売上が横ばいになっても、ユーザは売れた本数分増え続けるので、
サポートコストは増大し続けます。
売上が減っても、ユーザは減らないので、サポートコストは減りません。


工業製品も購入価格は高く、サポート料は低いのですが、それらは
ソフトウェアほどにはヘルプデスク、バグフィックス、バージョン
アップは必要としないので、大きな問題になりません。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 独占企業は自由にサポートを打ち切る
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

バージョンの数が増えるにしたがって、サポートはますます複雑・
煩雑になり、コストは膨らみ続けます。

サポートコストに耐え切れなくなったソフト会社は、旧バージョンの
製品のサポートを打ち切ります。
これは、シェアの小さい会社から行われます。

サポート打ち切りは、ユーザを離反させ、シェアをさらに小さくし、
やがて、その会社は市場から撤退していきます。

このようにして、寡占市場が形成され、いずれは独占企業が誕生します。

そうなったら、ユーザは他に流れようがないから、独占企業は自由に
サポートを打ち切るようになります。

例えば次のように。

> Windows 95 の無償サポートに関しては 2001 年 3 月末を持ちまして
> 終了し、オンライン セルフ サポートも、2002 年 12 月末を持ちまして
> 終了させていただきました。
> http://www.microsoft.com/japan/win95/default.asp


> ■ Windows 98 Second Edition アップデート CD の提供は終了しました。
> ■ Windows 98 Service Pack 1 の提供は終了いたしました。
> http://www.microsoft.com/japan/win98/

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[製造業の呪縛] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降は次のようなテーマで書く予定です。

・オープンソース時代のソフトウェア会社のあり方
・製造を外注した場合のソフトウェア会社のあり方
・ソフトウェア全体を外注するサービス会社のあり方

付け足しとして
・日本標準産業分類(平成14年3月改訂)ではソフトウェア会社は
「サービス業」ではなくなっている。


次号は、12月12日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。
「まぐまぐ!」での読者数は平成17年12月3日現在、444名です。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

バックナンバーはブログでも公開しています。
ブログ: http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/


|

« November 2005 | Main | January 2006 »