« June 2005 | Main | August 2005 »

July 2005

July 25, 2005

M&Aが大好きな会社

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/  ソフトウェア業界 新航海術  _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第85号  2005/07/25
  ▼  まえがき
  ▼  [永久運動の設計] M&Aが大好きな会社
  ▼  [永久運動の設計] コアになるアイデアは個人からしか生まれない
  ▼  [永久運動の設計] 成功確率が低く、成功しても寿命が短い
  ▼  [永久運動の設計] インターネットは規模の利益が大きく作用する
  ▼  [永久運動の設計] M&Aする側の論理・される側の論理
  ▼  [永久運動の設計] 次回以降の予告

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

「永久運動の設計」シリーズは、ソフトウェア会社の最適な組織
について探っていくシリーズです。

「永久運動の設計」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_forever.html を参照してください。

今週号は金持ち会社がM&Aをする理由を解説します。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] M&Aが大好きな会社
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

先月GMOメディア社 http://www.gmo.jp/ を訪問しました。
システム部門の方とお会いし、今後慶が取引可能かどうか打ち合わせ
しました。

その際、GMOメディア社の担当者から頂いた名刺の裏には、GMOグループが
行っている事業のロゴが数十個印刷されていました。
「GMOグループ概要」( http://www.gmo.jp/profile/group_outline.html )
に載っているロゴの全てです。

これらの事業はGMOインターネット社が自前で立ち上げたものではありません。
全て会社買収( M&A:Mergers and Acquisitions )で手に入れたものです。

「うちはM&Aが大好きな会社なんですよ」とGMOメディア社のシステム
部門の方もおっしゃっていました。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] コアになるアイデアは個人からしか生まれない
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

楽天、ライブドア、サイバーエージェントなど、上場して莫大な資金を
手にした金持ち会社は皆M&Aが大好きです。
これらの金持ち会社は何故M&Aが大好きなのでしょうか?

それはインターネットビジネスの次のような性格から来ています。

(1)コアになるアイデアは個人からしか生まれない
インターネットビジネスで成功している例として
トクー!トラベルがあります。
通常のインターネットビジネスでは、利用者は無料にして、
企業の側からお金を取りますが、トクー!は利用者から会費を
徴収しています。
ちなみに私もプレミアム会員になって、会費を払っています。
会員から金を取って成功している例を、私は他に思いつきません。
トクー!はよくできたビジネスモデルなのです。

このような優れたビジネスモデルのコアになるアイデアは、
個人の才能、ノウハウ、人脈、さらには運からしか生み出せません。
大企業が金と時間をかけたら生み出せるというものではないのです。
ライブドアがいくら金を持っているからといっても、自前では生み
出せないのです。
組織が大きくなれば、逆に、新規なアイデアは生まれなくなって
しまいます。

> ほとんどの大企業で、新規事業開発室が新規事業の開発に成功した
> ためしがない。
>          (森永卓郎著「リストラと能力主義」より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] 成功確率が低く、成功しても寿命が短い
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

(2)成功確率が低い
我々はAmazon.comやトクー!のようにヒットして利益を上げている
ビジネスしか目にすることがありません。
しかし、我々が目にすることすらなく、消えていったビジネスの方が
はるかに多いのです。
ヒットすれば莫大な利益を手にできますが、実際には、ヒットせず
開発コストも回収できない投資のほうが圧倒的に多いのです。

> 欧米というモデルがあり、技術開発の目標がはっきりしている場合
> には、どの分野に投資をして何をやればよいかがはっきりしていた。
> しかし、いまは何を開発すれば市場が受け入れるのかが、まったく
> 見えない時代である。
>          (森永卓郎著「リストラと能力主義」より)

(3)ビジネスの寿命が短い
上述のように成功確率は低いのに、その成功の寿命は短いのです。
ブログがはやったかと思うと、次はソーシャルネットワークです。
トクー!だって5年後も同じ形で存続しているとは思えません。
インターネットビジネスはアイデアがベースになっているだけに、
すぐにマネされて、いずれは「当たり前」のものになってしまい、
利益を生み出せなくなってしまうのです。

> 産業資本主義の時代において、製鉄会社が建設した溶鉱炉、
> 造船会社が建設した造船所、石油精錬会社が建設した製油施設は、
> 20年も30年も利益を生みだし続けてくれます。・・・(中略)・・・
> これに対して、ポスト産業資本主義の利益の源泉である「違い」の
> 耐用年数は、短い。
>           (岩井克人著「会社はだれのものか」より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] インターネットは規模の利益が大きく作用する
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

(4)インターネットは規模の利益が大きく作用する
一方、インターネットは規模の利益が大きく作用する世界でもあります。
アイデアは個人にしか生み出せなにのに、普及させる段階では莫大な
資金が必要となります。
ヒットする目処がついたら、模倣者に追いつかれないように全速力で
走り抜けなければならないのです。
ここで、組織力、資金力が必要となります。
個人や小さな企業にはこれがありません。

(第48号「巨大にならなければならない理由」
http://www.kei-it.com/sailing/48-041108.html 参照。)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] M&Aする側の論理・される側の論理
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そこでM&Aが登場します。

M&Aをする金持ち会社にしてみれば、新規ビジネスを一から自分達で
作り上げるよりも、成功する兆しを見せている小さな会社を大金
(彼らにしてみれば「はした金」)を出して、買収してしまった方が
楽なのです。

また、買収される企業にしても、「自前で普及させるのは大変だし、
(彼らにとっては)夢のような大金でアイデアを売れるなら、その方が得」
という思惑が働きます。

しかし、金持ち会社がM&Aに成功し、豊富な資金力、組織力で
ビジネスを軌道に乗せたとしても、上述(3)のようにビジネスの寿命が
短いために、そのビジネスでいつまでも利益をあげられるわけでは
ありません。
次から次へと新しいサービスを立ち上げていかなければならないのです。
したがって、次から次へとM&Aを繰り返さなければならないのです。

第84号では、「今後は人材登録型の業務請負をやる大手派遣会社とそれに
登録している個人事業主が、ソフトウェア業界の大きな勢力になっていく
であろう」という予測を述べました。

今週号でお話したことは、システム開発そのもののノウハウで生きていこう
としているソフトウェア会社にとっては、直接的には関係のない世界です。
システム開発そのもののノウハウは時代によってあまり変わるものでは
ないからです。
(第12号「ソフトウェア技術者の幸福:難しさが市場を守る」
http://www.kei-it.com/sailing/12-040223.html 参照。)

しかし、「金持ちをますます金持ちにする」デフレ経済のもとで、
M&Aする側の金持ち会社はますます強大になり、日本の経済、社会、
そしてソフトウェア業界にも大きな影響を与えるようになってきています。
システム開発そのもののノウハウで生きているソフトウェア会社も
彼らと付き合う機会は増えてくるはずです。

また、独自サービスやパッケージ商品で生きていこうとするソフトウェア
会社にとっては、今週号でお話した世界は近しい世界です。

・コアになるアイデアは個人からしか生まれない。
・成功確率が低く、成功しても寿命が短い。
・M&Aと親しい関係にある。

という点において・・・。

慶としてもこれまでのノウハウ・資産を生かして、様々な独自
サービスを立ち上げていきたいと考えています。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  [永久運動の設計] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次号以降で下記のことを書いていきます。

・創造的な技術者が個人的な能力で牽引する会社は短期的には成功するが、
 長期的には息切れする。

・「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式の会社が長期的には成功する。
 でも、それをやるためには、個人ではなく組織が必要である。

・技術の標準化が引き起こす人材流動化は正社員の給与体系にも影響を
 与える。成果主義型報酬体系とは正社員の社内個人事業主化である。

・M&Aは成功するか?

次号は、8月1日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
  本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。

本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000136030.htm
(但し、web@kei-ha.co.jp it@kei-it.com には直接配信しています。)

発行者Webサイト: http://www.kei-it.com/sailing/
(発行者Webサイトではバックナンバーの全文検索も可能です。)

--------------------------------------------------
発行:
株式会社 慶
 代表取締役  蒲生 嘉達
 y_gamou@kei-ha.co.jp
 Webシステム開発事業部 http://www.kei-ha.co.jp
 ITサービス事業部 http://www.kei-it.com
 人材コンサルティング事業部 http://www.k-bank.jp
 TEL:03-5951-8490

☆ コピーや配布をされる時はご一報ください ☆
☆ このメルマガに対するご感想・ご質問はこちらにお寄せください。 ☆
            office@kei-ha.co.jp

|

July 19, 2005

大手派遣会社の脅威

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第84号 2005/07/18
▼ まえがき
▼ [永久運動の設計] 「人材登録型の業務請負」を狙う大手派遣会社
▼ [永久運動の設計] 大手派遣会社の脅威
▼ [永久運動の設計] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

「永久運動の設計」シリーズは、ソフトウェア会社の最適な組織
について探っていくシリーズです。

「永久運動の設計」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_forever.html を参照してください。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 「人材登録型の業務請負」を狙う大手派遣会社
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第83号では「技術の標準化が人材流動化を引き起こす。個人事業主の
増加はその一つの表れである」ということを述べました。

今後も個人事業主および個人事業主に近い零細企業(一人社長の会社)は
増えていきます。
したがって、個人事業主のエージェントとして振舞う会社は成功
するでしょう。

そして、実際に大手派遣会社はそこを狙っています。

例えば、リクルートは「アントレプロワーカーバンク」
( http://entre.yahoo.co.jp/pro/index.html )なるものを始めました。

また、リクルートは月刊誌アントレの3月号で、次のような美しい言葉で
個人事業主を釣っています。

> 会社に属し給料をもらって働く「会社員」ではなく、企業と対等の
> 関係で契約を結び、独立した個人事業主として能力・スキルを提供し、
> 成果で応え、報酬を得る。
> 自分を常に仕事を選択する立場に置き、やりたい仕事をやりたい時にやる。
> そんな、組織に縛られずに、自分が培った人脈・経験・スキルを活かして
> 働く人を、私たちはプロワーカーと名付けました。


ここで注意すべきことは、リクルートが「SEの一般派遣」ではなく、
「人材登録型の業務請負」をやろうとしている点です。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 大手派遣会社の脅威
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私は第52号で「人材を規格化・分類・交換可能なものとして扱うと
いう人材派遣会社の本質がソフトウェア開発の本質と合わない。
したがって、派遣会社は今後もソフトウェア業界では影の薄い存在
であり続けるであろう」というようなことを書きました。
( http://www.kei-it.com/sailing/52-041206.html 参照)

SE派遣を一般派遣のみでやっている大手派遣会社は怖くありませんが、
「人材登録型の業務請負」を本気になってやりだした大手派遣会社は
脅威です。

人材登録型の業務請負をやっているソフトウェア会社は大手派遣会社の
資金力、組織力、宣伝力、営業力に負けて淘汰されるかもしれません。

慶のITサービス事業部も似たようなことをやっているので、より一層の
工夫が必要となります。


> 向上心のある技術者ほど中小ソフト会社から流出していくのである。
> では彼らはどうやって職にありつくのか。
> IC(インディペンデント・コントラクター)いわゆる個人事業主として
> 腕一本で開発案件を獲得する道が整いつつあるのだ。
> 技術者派遣大手は相次いでICの囲い込みに乗り出している。
> “雇われない”技術者の増加は人集めに奔走してきた中間業者の衰退を
> 招きそうだ。
>
>        (ソフト人脈2005/6/25号「鵜の目鷹の目」より)

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それでは、ソフトウェア業界が、人材登録型の業務請負をやる大手
派遣会社とそれに登録している個人事業主だけになるのかというと、
そうではありません。


次号以降で下記のことを書いていきます。

・創造的な技術者が個人的な能力で牽引する会社は短期的には成功するが、
 長期的には息切れする。

・「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式の会社が長期的には成功する。
 でも、それをやるためには、個人ではなく組織が必要である。

・技術の標準化が引き起こす人材流動化は正社員の給与体系にも影響を
 与える。成果主義型報酬体系とは正社員の社内個人事業主化である。

・金持ち会社がM&Aをする理由。
 M&Aは成功するか?


次号は、7月25日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

|

July 11, 2005

個人事業主

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第83号 2005/07/11
▼ まえがき
▼ [永久運動の設計] 個人事業主とは
▼ [永久運動の設計] インディペンデント・コントラクター
▼ [永久運動の設計] 個人事業主が増えた理由
▼ [永久運動の設計] 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

今週号は久々の「永久運動の設計」シリーズです。
「永久運動の設計」シリーズでは、ソフトウェア会社の最適な組織
について探っていくシリーズです。

「永久運動の設計」シリーズを最初から読みたい方は、
http://www.kei-it.com/sailing/back_forever.html を参照してください。

「個人事業主」から話を始めます。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 個人事業主とは
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「個人事業主のソフトウェア技術者」とは「会社と雇用契約ではなく
業務単位の請負契約を結んでいるソフトウェア技術者」です。
フリーランス、フリーSEとも言います。
自分で確定申告をし、国民健康保険、国民年金に加入しています。

私がソフトウェア業界に入ったのは1986年です。
その頃からフリーSEは存在していましたが、あくまでも例外的な
存在でした。今ほど多くはありませんでした。
正確な数字は分かりませんが、現在この業界にいる技術者の2割位は
個人事業主なのではないでしょうか?

個人事業主がここまで増えた理由として、「不況で会社が正社員雇用を
減らしたから」と言う人もいます。
確かに、リストラにあって、次の就職先が見つからず、個人事業主に
なったという人もいるでしょう。
しかし、私の感触ではそれは少数派です。

多くの個人事業主は(特に若い個人事業主は)、彼らなりに十分に
計算した上で、積極的に個人事業主を選んでいます。
会社に慰留されても、自らの意志で正社員を辞めて、個人事業主
という生き方を選択しています。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] インディペンデント・コントラクター
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

参考までに、会社と請負契約を結ぶ個人事業主は、米国では
インディペンデント・コントラクター Independent Contractor
(直訳すると「独立契約社員」)と呼ばれています。

現在900万人いると言われ、やはり急増しているそうです。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[永久運動の設計] 個人事業主が増えた理由
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

個人事業主が増えた理由は、「個人事業主が存在しやすくなったから」
です。
そして「個人事業主が存在しやすくなった」理由は、技術の標準化と
PCの劇的な高性能化・低価格化にあります。

今ではPCとインターネット環境があれば、どこでも最新の技術が学べます。
そして、そのようにして学んだ技術は会社横断的に通用します。
例えば、PHP5.0の勉強をしたいと思えば、PHP5.0のソースコードは
インターネットから無償でダウンロードできます。
そして、そのようにして学んだPHP5.0に関する知識はPHP5.0を使う
プロジェクトではどこでも役に立ちます。
あるいは、ある会社でJavaを学んだ技術者は、その会社を辞めても
翌日から別の会社の別のJavaプロジェクトに参加することができます。

「そんなこと当たり前だ」と若い技術者は思っているでしょうが、
これはごく最近のできごとなのです。

ほんの10数年前まで、技術者は高価な開発環境と標準化されていない
技術の中で生きていました。
例えば「三菱電機製オフコンで動くソフトウェアを三菱電機製オフコン
特有の言語で開発する」というように・・・。
その技術者が身につけた技術は、その会社の中でこそ最も高く
評価されました。
したがって、社員の定着率も高く、会社から離れて個人事業主になる
ことなど誰も考えなかったのです。

開発環境が劇的に低価格化し、技術が標準化されたことによって、
会社の縛りが弱くなったことが、人材流動化を促進しました。
その一つの表れが個人事業主増加です。

(「標準化」については、第7号を参照してください。
http://www.kei-it.com/sailing/07-040119.html )


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[5年後のシステム開発] 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

開発環境の劇的な低価格化と技術の標準化によって、会社の縛りが
弱くなったことは会社のあり方を大きく変えていくと私は考えています。
次回以降に次のようなことを書いていこうと思います。

・個人事業主のエージェントとして振舞う会社は成功する。
 個人事業主のエージェントと大手派遣会社との違いは何か?

・創造的な技術者が個人的な能力で牽引する会社は短期的には成功するが、
 長期的には息切れする。

・「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式の会社が長期的には成功する。
 でも、それをやるためには、個人ではなく組織が必要である。

・技術の標準化が引き起こす人材流動化は正社員の給与体系にも影響を
 与える。成果主義型報酬体系とは正社員の社内個人事業主化である。

・金持ち会社がM&Aをする理由。
 M&Aは成功するか?


次号は、7月18日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

|

July 04, 2005

返さなくてもいい借入れ

**************************************************************
_/_/_/_/_/_/_/ ソフトウェア業界 新航海術 _/_/_/_/_/_/_/_/_/
**************************************************************
第82号 2005/07/04
▼ まえがき
▼ [金持ちソフト会社、貧乏ソフト会社] 返さなくてもいい借入れ
▼ [金持ちソフト会社、貧乏ソフト会社] IPA不採択
▼ [その他] 新航海術クラブ
▼ 次回以降の予告


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
まえがき
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

こんにちは、蒲生嘉達(がもう よしさと)です。

第81号では銀行からの融資金利をテーマに取り上げました。
今回も引き続き資金調達について話します。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[金持ちソフト会社、貧乏ソフト会社] 返さなくてもいい借入れ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

第81号で銀行からの融資をテーマに取り上げたからというわけでは
ないのですが、タイムリーなことに、先週某中堅ソフトウェア会社の
N社長から「返さなくてもいい借入れ」の話を聞きました。

その会社は平成16年にグリーンシート銘柄になりました。
グリーンシートとは日本証券業協会が、未公開企業の株式を売買する
ために、平成9年7月からスタートさせた制度です。
企業内容の開示(ディスクロージャー)を行い、投資家が相応の
投資判断材料を入手することができるなら、日本証券業協会が売買の
仲介をしましょうという制度です。
詳細は、 http://www.jsda.or.jp/html/greensheet/index.html
参照してください。

株式を公開すれば、直接金融で資金調達ができるようになり、
「返さなくてもいい資金」が手に入ります。
ここまでは誰でも知っています。

しかし、N社長は次のように言います。
「それだけではありません。実は『返さなくてもいい借入れ』も
できようになるんですよ。」

そのソフトウェア会社は優良企業なので、銀行からの借入れ金利は
グリーンシート銘柄になる前も比較的低く、2%前後でした。
それが、グリーンシート銘柄になることにより、企業内容の開示が
行われるので、銀行も融資金利を下げてきます。
今では1%を切っているそうです。
金利がそこまで下がると、毎月の金利負担が減ります。
金利だけ払い、元本は返さなくてもさほど負担にならなくなります。
これが「返さなくてもいい借入れ」です。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[金持ちソフト会社、貧乏ソフト会社] IPA不採択
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ソフトウェア会社が派遣型アウトソース業(常駐作業)、下請け型
アウトソース業(一括請負)にとどまるなら、間接金融で十分です。
しかし、横請け型アウトソース業(水平分業)に移行するためには、
それだけでは不十分です。
(派遣型アウトソース業、下請け型アウトソース業、横請け型アウトソース業
については、第78号 http://www.kei-it.com/sailing/78-050606.html 
参照してください。)

大手の傘下に入るか、国から支援を受けるか、直接金融で資金を
調達する必要があります。

慶はあるビジネスモデルについて、2005年度IPA中小ITベンチャー
支援事業に応募しましたが、残念ながら、採択されませんでした。
IPA中小ITベンチャー支援事業については、
http://www.ipa.go.jp/software/chusho/index.html を参照してください。
80件応募があり、10件採択されたそうです。

IPAから送られてきた「採択されなかった事由」には
「アイデアは評価しました。しかし、技術的課題が多く存在し、
かつその対策の具体化検討が不十分なため、開発実現性の妥当性が
希薄であると判断いたしました」と書かれていました。

国からの支援が受けられなかったので、今度はグリーンシートについて
研究してみます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
[金持ちソフト会社、貧乏ソフト会社] 新航海術クラブ
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

「新航海術クラブ」(仮称)を立ち上げようかと思っています。

上述のN社長とは慶が所属している小さな業界団体で知り合いました。

以前加盟企業700社ほどの大きな団体にも所属していましたが、
そのような大きな団体だと逆に面白い情報が得られないので、
今年4月で退会しました。
中小ソフトウェア会社は大きな団体に入るよりも、小さな交流の場を
複数持つ方がよいと思います。

「新航海術クラブ」(仮称)の目的は次のとおりです。

1.厳選された優良案件のみ紹介し合う
他の業界団体のように二次請け、三次請けの仕事の紹介はしません。
エンドユーザ直案件、または一括請負案件のみの紹介をします。
会員制WEBページでの公開と、直接合ってニュアンスまで伝え合う
案件情報交流会の両方を考えています。

2.メルマガ連動セミナー
メルマガ「ソフトウェア業界 新航海術」と連動し、専門家の講師に
講義してもらいます。例えば、次のように。

・グリーンシート銘柄
  講師:某証券会社 X氏

・本当の成果主義賃金体系とは何か?
  講師:人事・労務専門コンサルタント U氏

3.懇親会

もしも「新航海術クラブに参画してみたい」という方がいらっしゃったら、
メールで下記アドレスまで返信してださい。
office@kei-ha.co.jp

賛同者の数によって、私のやる気も違ってきますから・・・。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
 次回以降の予告
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

次のようなテーマを取り上げたいと思っています。

・本当の成果主義賃金体系とは何か?
・最近強まっている業務請負から労働者派遣への流れ
・新航海術クラブ

次号は、7月11日発行予定です。

乞うご期待!!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
本メルマガについて
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

本メルマガは2003年12月8日に創刊されました。
創刊号 http://www.kei-it.com/sailing/01-031208.html で述べたとおり、
本メルマガのコンセプトは「読みものとしても面白い慶の事業計画」であり、
目的は「事業計画の背後にある基本的な考え方を語ること」です。

したがって、第一の読者としては、慶の社員(正社員・契約社員)及び
慶と契約している個人事業主を想定しています。
彼らには慶社内のメーリングリストで配信しています。

また、多くのソフトウェア会社・技術者が直面している問題を扱っているので、
ソフトウェア会社の経営者、管理者、技術者にとっても参考になると思い、
第33号(2004年7月19日号)からは「まぐまぐ!」で一般の方々にも公開する
ことにしました。


本メルマガの内容に興味を持つであろう方をご存知なら、是非
本メルマガの存在を教えてあげてください。

(以下をそのまま転送するだけです。)
---------------------------------------------------
【お勧めメルマガ ソフトウェア業界 新航海術】
⇒ http://www.mag2.com/m/0000136030.htm または
 http://www.kei-it.com/sailing/ 
--------------------------------------------------

|

« June 2005 | Main | August 2005 »