農業一般

2020年7月24日 (金)

遺伝子組み換え

Zoom600 コロナ以降、ZOOMによるオンラインセミナーが普通になりました。
 
私も7月12日(日)に、株式会社ナチュラル・ハーモニー主催の今、改めて知っておきたい「種子」のお話」というオンラインセミナーを受講しました。
 
上の画像はオンラインセミナー(ZOOMの画面)のプリントスクリーンです。

セミナーでは遺伝子組み換え作物についても解説していました。
 
その中のほんの一部を紹介します。
 
Kumikae600 例えば、納豆の包装には、「この納豆には遺伝子組み換え大豆は使用しておりません」等の文言が印刷され、原材料名には「丸大豆(遺伝子組み換えでない)」などと書かれています。(左の画像参照)
 
しかし、上記セミナーでは「発酵菌(麹菌、酵母菌、乳酸菌、納豆菌、キノコ類、その他酵母エキスなど旨味調味料の原料を生み出す菌)のほとんどは遺伝子を改変している」と言っていました。
 
納豆の原材料は大豆と納豆菌ですが、大豆は遺伝子組みでないとしても、納豆菌は遺伝子組み換えしています。また、たれに含まれる調味料の原料を生み出す菌も、おそらく遺伝子組み換えしています。

同セミナーでは「遺伝子組み換え技術は、医療の分野でも応用され飛躍的な進化を遂げている」とも述べていました。
 
Nougyou600 この点は、数か月前に読んだ「誰も農業を知らない」(有坪民雄著)にも同様の記述がありました。
 

現在日本で使われている遺伝子組み換えを利用した製品として最も影響力が大きいのは、糖尿病の薬として使われるインスリンや抗ガン剤、抗ウイルス剤として使われるインターフェロンでしょう。

「誰も農業を知らない」(有坪民雄著)より)

 
「誰も農業を知らない」では遺伝子組み換え作物についても肯定的に書かれています。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

ステビア栽培

Sute Sutebia スーパーで小松菜を買ったところ、包装に「ステビア栽培 Stevia Cultivation YAMASASHUKKAKUMIAI 」「茨城県ヤマサ出荷組合ステビア栽培生産グループ」と印刷されていました。

ステビアは、パラグアイ原産のキク科の多年草で、葉から抽出した成分から低カロリーの甘味料が作られます。
 
近くのスーパーの食品売り場で調べたところ、次の食品に使われていました。

Ste 佃煮(しそしらす、山椒小魚)珍味(華にしん)、松前漬け、塩辛、いか明太、etc.

左の写真は、いか明太です。「甘味料(カンゾウ、ステビア)」と書かれています。
 

ステビアの葉茎は、肥料の原料としても利用されるそうです。

作物の生育が旺盛になり、食味もよくなるそうです。
 
(参考資料:ステビアとは
 
ステビアを肥料として利用した栽培が「ステビア栽培」です。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

新型コロナと農家

Haiki500 2020年4月24日のANN NEWSで、千葉県の某農業生産法人の新型コロナによる苦境を取り上げていました。

その農業生産法人の主な出荷先は学校給食や飲食店です。

新型コロナによる休校や営業自粛のため、野菜の行き場が無くなり、毎日1トン以上を廃棄する状態となっているそうです。

しかし、全ての農家が苦境に陥っているわけではありません。

私は練馬区の農のサポーターとして、練馬区内の農家に援農ボランティアに行きます。

4月12日(日)に伺った農家は作った野菜のほとんどを自宅前の無人直売所で売っています。
 
Tomioka600 私が着いたのは10時半でしたが、ほとんどの商品が売り切れていました。(無人直売所の開店は10時)

新型コロナが流行りだしてから、開店前に10人ほど並び、直ぐに売り切れてしまうようになったそうです。その農家にとっては売上増です。
 
自宅で料理するようになってたくさん野菜を買うようになったのか、不安で買いだめしているのか、あるいは、買いに来るのは近所のお年寄りなのでスーパーでの感染が怖くて無人直売所に来ているのか・・・。
  
但し、開店前の行列、開店直後の店内は3密かもしれません。

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

炭火焼鳥店の木炭の灰

Yakitori 私がたまに行く炭火焼鳥の店では、頼めば、焼鳥に使った木炭の灰を無料でくれます。
 
木炭の灰はネットでも販売されています。しかも、5kg6,300円とか、10kg8,580円とかそこそこの価格です・・・。

その焼鳥屋さんでは、ビニール袋10数個に入れて、合計10kgくらいの灰を一度にくれます。焼鳥屋さんも処分に困っているのかもしれません。

Haisumi 木炭の灰は、カリウム、石灰分(酸化カルシウム)を多く含むアルカリ肥料です。
 
カリウムは、「根肥(ねごえ)」とも呼ばれます。
根の発達の促進に効果があります。
 
また、植物の生理作用を円滑にさせ、生長を促進させます。
 
耐病性、耐寒性強化にも効果があります。
 
(関連記事:「化成肥料の基本」、「元肥は山型、追肥は谷型」)

Hai 木炭灰は上述のとおり石灰分(酸化カルシウム)も多く含むので、酸性土壌の改良目的でも利用できます。
 

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

食品表示(栄養成分表示、アレルギー表示、栄養機能食品)

2016年に施工された食品表示法により、加工食品の栄養成分表示が義務化されました。
 
下は丸大食品のフィッシュソーセージの包装紙です。これを例にして食品表示について解説します。(関連記事:JASマーク、有機JASマーク

Fish


2016年4月1日に施行された食品表示法は、それまで食品衛生法、JAS法、健康増進法の3つでそれぞれ定められていた食品表示に関する規定をひとつの法律にまとめたもの。併せて加工食品の栄養成分表示が義務化され、ナトリウム表記は食塩相当量に変更。他にもアレルギー表示や製造所固有番号のルールなどが変更された。(「日本農業検定1級テキスト」より)

下の画像でも、栄養成分表示が見られます。また、ナトリウムの食塩相当量が記載されていることが分かります。

Fish_eiyou


また、一番下の画像にはアレルギー表示が見られます。


機能性の表示や栄養成分の機能の機能の表示ができる食品には、特定保健用食品(通称:トクホ)、機能性表示食品、栄養機能食品があります。
 
上の画像では、この食品が栄養機能食品であることが分かります。

Fish_are


 

栄養機能食品 1日に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給補完のために利用される食品。すでに科学的根拠が確認された栄養成分が、定められた上・下限値にある食品であれば、特に届け出をしなくても機能性を表示できる。(「日本農業検定2級テキスト」より


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

坂戸と向山

坂戸の畑の方がよく育つ作物
  • 広い面積が必要だから: カボチャ、菊芋
  • 越冬が必要だから: ニンニク、タマネギ、アサツキ、ラッキョウ
  • 宿根性だから: ニラ
  • 土が固くても根が強いから: モロヘイヤ、オクラ
向山の畑の方がよく育つ作物
  • 土が深くまで耕されているから?: ヤーコン、ダイコン
  • 雑草、虫が少ないから: 葉物野菜、枝豆
  • 高い支柱を立てられるから: アピオス、キュウリ、トマト等支柱野菜
  • 毎日見れるから: 苗一般
両方同じくらいよく育つ作物
 サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

そば屋のかつお節の出し殻を肥料に

Katuo

私は、しばしば農家さんにボランティアとして伺います。
  
10月上旬に東京都練馬区の農家さんに伺ったところ、庭にゴザが敷かれ、そこで何かを干していました。


「あれは何ですか?」と尋ねたところ、「近所のそば屋さんが、かつお節の出し殻を持ってくるんですよ。干して、肥料として使います」とおっしゃっていました。

魚粕(ぎょかす)は昔から有機肥料として使われています。
 

Katsuo

ものの本によれば、魚粕は「窒素(
N)-リン酸(P)-カリ(K)=8%-4%-0%、有機物70%」だそうです。窒素分の豊富な有機肥料です。
 
 
関連する記事:「有機肥料」、「牛ふん堆肥」、「化成肥料の基本



Katuobusi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

台風24号の塩害

Nasu

練馬区の農家さんに農作業ボランティアに行きました。路地栽培の野菜が全体的に痛んでいました。
  
左はナスの写真です。葉が縮んだようになっています。

これは台風24号の影響だそうです。

Nasuengai

台風24号は、9月30日(日)深夜から10月1日(月)早朝にかけて関東地方を通過した、記録的な暴風雨をもたらしました。 
 
ナスの葉が痛んだ原因は暴風だけでなく、台風の雨に含まれる塩分です。つまり「塩害」です。 
 
しかし、ナスは強いので、放っておいても新しい脇芽がでてくるそうです。
 
ちなみに、農家さんによると、暖冬のときナスは冬でも枯れない場合があり、その場合は多年草のようにそのまま翌年、実が生るそうです。

Rakkasei

左の写真は落花生です。ところどころ葉が黄色くなっています。

これも塩害によるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

牛ふん堆肥

有機肥料は次の3つに分類されます。
 
(1)植物体であったもの:なたね油粕、腐葉土
 
(2)動物隊であったもの:魚粕、骨粉
 
(3)排泄物:牛、豚、ニワトリなどの糞尿
 
   
分解の速度は、(3)>(2)>(1)です。
 
(3)の中では、ニワトリ>豚>牛です。牛は草を食べているので、分解が遅くなります。
 
関連記事:有機肥料化成肥料の基本

Gyuhun

左の写真は「発酵牛ふん堆肥」の袋です。

 
窒素0.8%、りん酸0.9%、カリ0.9%なので、肥料分は少ないことが分かります。
 
 
牛ふん堆肥は、「有機物の補給による物理性の向上」を目的に使用されます。
袋にも「土壌改良特殊肥料」と書かれています。
 
 
鶏ふん堆肥は、窒素3.5%、リン酸3.0%、カリ2.0%程度です。
 
 
鶏ふん堆肥は、牛ふん堆肥と異なり、「肥料分の補給による化学性の改善向上」を目的に使用されます。無期肥料の代替えとも考えられます。

Taihi

左の写真に「炭素窒素比 14」とあります。

 
「炭素窒素比」とは、有機物に含まれる炭素(C)と窒素(N)の比率です。「C/N比」とも書かれます。
 
 
炭素窒素比が低い(20以下)有機物は、分解が速く、しかも分解過程で無機質窒素の発生するので、肥料的効果が速く現れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

有機肥料

Housaku

「有機肥料」とは有機物を原料にした肥料のことで、なたね油粕、魚粕(ぎょかす)、骨紛、腐葉土、鶏糞、牛糞、豚糞、ぼかし肥などがあります。
 
「有機配合肥料」とは複数の有機肥料を配合した肥料です。
左の写真は有機配合肥料の袋です。


「100%有機質由来成分で安全・安心」「油粕+魚粕+骨紛 入り」などと印刷されています。


袋の裏面には「指定配合肥料生産業者保証票」が印刷されています。
 

Hoshousho

そこには、保証成分量(%)として「窒素全量5.2 りん酸全量4.2 加里全量2.3」と書かれています。

 
有機肥料なのに、窒素、りん酸、加里ってどういうことでしょうか?(参考記事「化成肥料の基本 」)


有機肥料は土中で微生物によって分解され、無機物(窒素、リン酸、カリウムなど)となり、植物に吸収されます。
つまり、化成肥料も有機肥料も植物に吸収される局面では同じ無機物なのです。
但し、有機肥料は化成肥料に比べて、次の利点があります。
  • 微生物による分解の過程があるので、ゆっくり効く。

  • 有機物が含まれているので、土が団粒化する。

  • 微量栄養素が含まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)