植物(観賞用)

2017年6月25日 (日)

土壌のPH値とアジサイの花

Ajisai

自宅の近くの公園でアジサイが花を咲かせていました。
アジサイの花は咲きだしたころは白ですが、やがて美しいアジサイ色になっていきます。
でも、アジサイ色って何色でしょうか?
 
アジサイの花の色はピンクから青までバリエーションがあります。
この違いは品種による違いの場合もありますが、同じ品種でも色に違いが出ます。
写真の花は、薄紫からピンク系で、青系とは言えません。

Ajisai2

アジサイの花はアントシアニンという色素によって発色します。
 
そして、土中のアルミニウムがアントシアニンと結合すると青系の色になりやすく、アルミニウムを吸収しないと赤系の色に色づきやすいそうです。
 
そして、アルミニウムが紫陽花の根に吸収されるかどうかは、土壌のPH値が関係してきます。アルミニウムは酸性の環境で溶け出し、吸収されやすくなります。

Ajisai3

土壌のPH値は野菜の生育にも影響します。
 
弱酸性(PH5.5~6.0)を好む野菜は、サツマイモ、ショウガ、ニンニク、ジャガイモ、ラッキョウ等です。一方、微酸性~中性(PH6.5~7.0)を好む野菜は、エンドウ、ホウレンソウ、サトウキビ菜等です。他の多くの野菜は、その中間にあります。
 
昔はアジサイで土壌の酸度診断をしていたそうです。
昔の農家は、畑に一株のアジサイを植え、花の色を見て石灰の施用量を決め、その技術は親から子へと伝えられていた。昭和二十年代までは、それが行われていた。
農業近代化の名のもとに基盤整備が行われ、畑の区画を大きくすることで抜かれて捨てられたり、機械化に邪魔になるとのことで消えていった。

(農文協編「土をみる 生育をみる」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

ジンチョウゲ(?)

Jin

5月7日に練馬区の公園で見かけた白い花。
良い香りを放っていました。
ジンチョウの一種だと思うのですが、本などには「ジンチョウゲの開花期は3月~4月」と書かれているので、やや遅いような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

モクレンの花

Mokuren

坂戸の畑のそばで咲いていたモクレンの花。

モクレンは葉が小さいうちに、大きな花を咲かせます。
高さは3~5メートル程度まで育ちます。

Mokurenki_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

剪定された梅の枝

坂戸の畑に梅の木があります。
2週間ほど前に梅の木の所有者が枝の剪定をしていました。
切られた枝の中から数本をもらって、会社で花瓶にさしておきました。
このように美しく花開いてきました。

Ume0 Ume1 Ume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

ポーチュラカ

Hana

夏になると畑に生えてくるスベリヒユは食べられる雑草です(調理情報「雑草スベリヒユのお浸し」参照)。

先日、マクドナルド池袋西口店にポケモンGOのバトルするために行ったところ、店の前の植え込みにスベリヒユそっくりの植物が生えていることに気づきました。

Hana2

茎も葉もスベリヒユそっくりですが、美しい花が咲いています。

花の色は、ピンク、赤、黄、白など様々です。

これはスベリヒユ科に属するポーチュラカという花です。自生しているのではなく、豊島区が植えたものです。

Suberihiyu

普通のスベリヒユも黄色い小さな花を咲せます。(左の写真)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

池袋劇場通りのオーガスタ

20160805

池袋の劇場通りでトロピカルな植物が自生していました。

おそらく観葉植物のオーガスタです。

オフィスに置いていたオーガスタを誰かが捨てて、それが根付いたのでしょう。

白い蕾もできていました。花咲くのが楽しみです。

1470387814839

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

ふうせんかずらの種

ふうせんかずらの種。黒地にくっきりと白いハートマークがついていて、かわいいです。一番右の写真は成長後の「ふうせん」。

Huusen Fuusen2 Huusen

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)