料理

2019年1月31日 (木)

「この差って何ですか?」で蒸しショウガが紹介されました

Shouga02

TBSのバライティ番組「この差って何ですか?」(2019年1月29日放送)で蒸しショウガが紹介されました。

番組では、まず、ショウガを使う次の料理の中で体を温める料理は、炊き込みご飯のみであることを実験で明らかにしました。

  1. ショウガ湯

  2. ショウガ焼き

  3. 厚揚げ

  4. 炊き込みご飯

  5. イワシの煮つけ

Shouga03

ショウガの有効成分ショウガオールを引き出すためには次の二つの条件が必要で、炊き込みご飯はその二つの条件を満たしているからです。

  1. 約100℃で加熱

  2. 約30分じっくり加熱

Sonosa03


ショウガオールについては、過去に農家.comの豆知識「ショウガの有効成分」でも解説しています。
 
そして、番組では、炊き込みご飯以上にショウガオールを引き出せる調理方法として「蒸しショウガ」とその作り方を紹介していました。
 

【蒸しショウガの作り方】
  1. 皮が付いたまま厚さ約1mm~2mmにスライス重ならないように並べ約30分蒸す

  2. 天日なら約1日、室内なら約7日蒸す

 
番組では最後に、蒸しショウガの利用法として、厚揚げに乗せる、サラダのトッピング、味噌汁に入れるなどを紹介していました。
 
 
 
 
 
※蒸しショウガは農家.com農園でも扱っています。
 
【送料無料】美味しい 蒸しショウガ パウダー100g【土佐大生姜使用】
 
【送料無料】美味しい 蒸しショウガ パウダー20g【土佐大生姜使用】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

豚肉・長ネギ鍋

Buta

畑で長ネギが採れたので、豚肉と長ネギだけで鍋を作ってみました。
 

【材料】
  • 豚バラ:200g

  • 長ネギ:2本

  • 和風顆粒だし:小1

  • 水:300g

Butanegi

【作り方】
  1. ネギ1本目は、1cm程度に斜め切り。

  2. ネギ残り1本は小口切り。(今回は緑の部分もつかいました。)

  3. 豚バラは食べやすい大きさに切る。

  4. 鍋に1cm幅のネギを半分乗せ、その上に豚肉を乗せ、さらにネギ、豚肉の順に交互に乗せる。

  5. 和風顆粒だし(小1)をかける。

  6. 水300ccを入れ、煮立たせる。

  7. ふたをして5分くらい煮る。

  8. 小口に切ったネギを乗せる。

  9. 器に取り、ぽん酢をかける。

Butaneginabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

ピーマン・ツナ炒め(その2)

Piman

畑で大量のピーマンを収穫したときのためのレシピです。
 
2018年9月7日の「ピーマン・ツナ炒め」も良かったのですが、生姜を使うこのレシピも良いです。
 

参考レシピ:ピーマン大量消費!ピーマンとツナ炒め♪


【材料】
  • ピーマン:10~12個
  • ツナ缶:2個
  • しょうゆ:50cc
  • 本みりん:50cc
  • 生姜::一かけら
  • かつお節:一握り

Piman_tuna


【作り方】
  1. ピーマンを幅2~3mmに切る。
  2. 生姜をする。
  3. フライパンにツナ(ツナ缶の油も一緒に)を入れる。
  4. 生姜を入れる。
  5. ざっくり炒めたらピーマンも入れる。
  6. ざっくり炒めたらしょうゆと本みりんも入れて炒める。
  7. かつお節を入れて混ぜる。

Piman_itame



 
 
尚、ピーマンを切るときにワタや種は捨てないまま切り、炒める方が栄養的には良いです。
 
 

ピーマンの苦みのもととして捨てられてしまうワタと種、実は血液サラサラ効果成分「ピラジン」の宝庫なのです。
(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ゴーヤ炒め

Goya

畑でゴーヤの跡片付けをしていると、小さなゴーヤがたくさん見つかりました。それらを炒めてみました。
 
 

参考レシピ:ゴーヤ嫌いが好きになった♪夏の常備菜★

【材料】
  • ゴーヤ:小さいので8本

  • かつお節:ドカッと

  • 醤油:大2

  • 砂糖:大2

  • ごま油: 適量

Goyaitame



【作り方】
  1. ゴーヤを縦に切って中のワタをスプーンで取る。

  2. 5mmぐらいの幅に切る。

  3. ごま油で炒める。

  4. 醤油・砂糖を入れて、さらに炒める。

  5. タッパーに入れて鰹節をドカッとかけてかき混ぜる。

  6. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

Goyaita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

自然薯のむかごご飯を作ってみました

Mukago

自然薯のむかごご飯を作ってみました。 
「むかご」とは自然薯などヤマノイモのツルにできる豆のようなものです。
 詳しくは、豆知識記事の記事(自然薯の「むかご」)を参照してください。
 

参考レシピ:自然薯のむかごご飯

【材料】
  • 米:2合(私は玄米食なので玄米にしました)

  • むかご:1カップ程度

  • 塩:小1

  • 酒:大1

Mukago_gohan

【作り方】
  1. 炊飯器に米、塩、酒をいれてかきまぜる。

  2. 2合のメモリまで水を入れる。

  3. お米の上にむかごをのせる。

  4. 普通に炊く。

Mukagogohan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

かぼちゃのだし煮

Kabocha

今年は猛暑だったせいか、農家.com農園では例年よりかぼちゃがたくさん採れました。
 
 
収穫したかぼちゃをシンプルに、だし煮にしました。
 

参考レシピ:かぼちゃのだし煮

【材料】

  • かぼちゃ:400g

  • 水:400ml

  • ほんだし:小4

Pamp




【作り方】
 
  1. かぼちゃを薄切りにして、鍋に入れる。

  2. 鍋に水とほんだしを入れて、煮る。

  3. かぼちゃが柔らかくなったら完成。

Pampdashi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

ピーマン・ツナ炒め

Piman500

家庭菜園でピーマンがたくさん採れたので、ピーマン大量消費用のレシピを探して、作ってみました。

【材料】
  • ピーマン:約10個

  • ツナ缶:60g2つ

  • すり胡麻:大1

  • ごま油:大1

  • 麺つゆ:3倍濃縮大さじ1

  • 塩コショウ:2振り

Pituna500



【作り方】
  1. ピーマンのヘタと種をとり、5ミリ幅位で切る。

  2. フライパンに少し油をきったツナとピーマンを入れて、軽く炒める。

  3. 塩コショウ、麺つゆをかけて、さらに炒める。

  4. すり胡麻、ごま油を入れて絡める。

Pimantuna


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

自家製切り干し大根+ツナ炒め

Kiri

自家製切り干し大根をツナと炒めました。


参考レシピ:ぱりぱり食感☆切り干し大根ツナでコクうま

【材料】
  • 切り干し大根:50g

  • ツナ缶(70g):2缶

  • 砂糖:小4

  • めんつゆ(3倍濃縮):大1.5

  • 七味:少々

Tuna


【作り方】
  1. 切り干し大根を戻す(水で7〜8分)。

  2. 切り干し大根の水気を切り、鍋にいれる。

  3. 鍋にツナを入れる(缶のオイルも一緒に入れる。)

  4. 砂糖とめんつゆ、七味もいれる。

  5. 中火にかけ水分がほとんどなくなるまで炒める。

Tunakiri


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

モロヘイヤの冷凍保存

Moro

真夏になると、モロヘイヤが次々と新芽を出します。
週末農業でモロヘイヤを栽培していると、毎週末にバケツ一杯の葉が採れます。
困ったことに、モロヘイヤの葉は冷蔵庫に入れても、2日くらいしか保存がききません。
 
すぐに葉がしなびてきます。
 
そこで、食べきれない量のモロヘイヤを冷凍保存してみました。
 
(参考レシピ:モロヘイヤを冷凍保存する方法


Morohe



【材料】モロヘイヤの葉



【作り方】
  1. 洗って水気を切り、100g単位くらいでポリ袋に入れる。

  2. 電子レンジ 800Wで3~4分 加熱。

  3. 皿に広げてさまし、ラップに包む。

  4. 使いやすいように1cmくらいの厚さで。

  5. 冷凍庫で保存。

Moroheiya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

レンチンでナスの南蛮漬け

Nasu

農家から頂いた長ナスと丸ナスを、レンチンで南蛮漬けにしました。左の写真で左4つが丸ナス、右2つが長ナスです。
 

参考レシピ:ポン酢で簡単 レンチン なすの南蛮漬け

 
このレシピは栄養面でも理にかなっています。 
 

ナスは栄養価が高くない・・・というのは、皮をうまく料理していない時のこと。ナスの皮にはナスニンを始め、注目の抗酸化成分がたっぷり。ただし、ナスニンは水溶性のため、茹でたり煮たりすると流出します。

・・・(中略)・・・

調理するなら油で炒める、揚げるなど油でコーティングして、流出を防ぎましょう。

(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)


【材料】
 
  • なす:5本

  • ごま油: 少々

  • ポン酢:大さじ4

  • 砂糖:小さじ3

  • 煎りゴマ:大さじ1

Nasunannbann



【作り方】
 
 
  1. ナスを食べやすい大きさに切る。

  2. ポリ袋に入れて、ごま油を少し入れて袋の上からもんで、ナスにごま油をなじませる。

  3. ポリ袋のまま、レンジ600wで3分加熱する。

  4. 適当な容器にポン酢と砂糖を入れて混ぜる。

  5. レンチンが終わったポリ袋に上記タレを入れて、軽くもんで、なじませる。

  6. タッパーに移して、煎りゴマをかける。

  7. 冷蔵庫で冷やす。

Nasukannsei


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧