料理

2020年3月10日 (火)

ヤーコン挽肉炒め

Hikinikuy ヤーコンの甘みとシャキシャキ感が楽しめる料理です。(挽肉のかわりにベーコンでも美味しいです。)

参考レシピ:子供も大好き★ヤーコン炒めシャキシャキヤーコンの炒め物

【材料】

  • 豚ひき肉:100g位
  • ヤーコン:400g位
  • 塩:適量
  • こしょう:適量
  • オリーブオイル:適量

 

【作り方】

  1. ヤーコンは太めの千切りにして酢水にさらす。(酢水だと後で変色しません。)
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、挽肉を炒める。
  3. ひき肉の色が変わったら、ヤーコンも2分ほど炒める。
  4. 塩こしょうをふる。

Hiki

Hikiniku_20200310192601

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ビーツの葉・ベーコン炒め

Beets 暖冬のせいか、ビーツが立派に育ちました。

ビーツは主に根を食べますが、葉も美味しいです。

ビーツはホウレン草と同じくヒユ科です。

ホウレン草ベーコン炒めと同じ要領で、ビーツの葉・ベーコン炒めを作りました。
 

参考レシピ:ビート炒め(甜菜)

 

【材料】

  • ビーツの葉:3株分
  • ベーコン:5枚
  • 塩、こしょう:適量

 

【作り方】

  1. 茎を3cm位に切る。
  2. ベーコンを炒め、かりかりになったら、茎を入れ炒める。
  3. 塩、胡椒をする。
  4. しんなりしたら出来上がり。

Bekon Bekonbeets

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

ニンジンのオイル煮

「その調理、9割の栄養捨ててます!」(東京慈恵会医科大学附属病院栄養部 監修)でニンジンのオイル煮を勧めていたので、作ってみました。

生で食べるβ-カロテンの吸収率は8%程度。でも加熱すれば、その吸収率は2倍以上に。油を使えば、さらに吸収率は70%までに上昇。(「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)

参考レシピ:ニンジンのにんにくオイル煮 レシピ・作り方にんじんのオイル煮

Ninjin_20200207185001 【材料】

  • ニンジン:1本
  • 小さめのジャンボニンニク:1個
  • 塩:小さじ1/5
  • オリーブオイル:小さじ1
  • 水:100cc
  • 黒こしょう:少々

Nin_20200207185101 【作り方】

  1. ニンジンは拍子切り、にんにくは薄切りにして、鍋に入れる。
  2. 鍋に塩、オリーブオイル、水をいれ、蓋をして火にかける。
  3. 蒸気が上がったら弱火にし、20分蒸し煮する。
  4. 最後にコショウをかける。

Ninjinoil

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

カリフラワーの葉も食べられます

Kari ブロッコリー同様、カリフラワーの葉も食べられます。(参考レシピ:ブロッコリーの葉って何気に美味しい。)

【材料】カリフラワーの葉:数枚

Kari_kuki_ha500 【作り方】

  1. 葉脈の太いところだけ切り分け、1cm位に切ります。
  2. 葉は適当な大きさに切ります。
  3. フライパンにオリーブオイルをひいて、葉脈の太いところを先に炒めます。
  4.  次に葉を入れて炒めます。
  5. 最後に塩コショウを振ってできあがり。

Karif

今回はシンプルに葉のみ炒めましたが、挽肉と炒めても美味しいです。(参考レシピ:ブロッコリーの葉・挽肉いため)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

ビーツの甘酢漬け

Bitsu_20191224184301  ビーツはヒユ科です。

身近な野菜ではホウレンソウがヒユ科です。
ヒユ科に関する過去記事:雑草スベリヒユのお浸しポーチュラカ
Bitu 葉は茹でてお浸しにしても、味噌汁に入れても美味しいです。
 
根はカブやダイコンのように肥大します。茎も赤いですが、肥大した根の赤さは強烈です。
 
今回はこれを甘酢漬けにしてみました。(参考レシピ:万能調味料!作り置き甘酢
 
【材料】
  • 酢:300ml
  • 砂糖:大8
  • 塩:小2
  • ビーツ:2個

 

【作り方】

  1. 酢、砂糖、塩を小鍋に入れて、砂糖が溶けるまで煮る。
  2. 常温になるまで冷ます。
  3. ビーツを薄く切る。
  4. ビーツを甘酢に漬けて、冷蔵庫で一晩寝かせる。

Amazu

 

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

コールラビをぬか漬けにしました

Koru_20191104122801 畑で収穫したコールラビをぬか漬けにしました。(参考レシピ:ぬか漬け コールラビ

コールラビは地面のすぐ上の茎が丸く膨れ、その部分を食べます。
丸く膨れた部分も茎なので、そこからも葉が出ます。
ブロッコリー、キャベツ、カブ、ダイコンと同じくアブラナ科です。

Korurabi 【材料】

  • ぬか床
  • コールラビ

 
Korur 【作り方】

  1. コールラビの皮は厚くむき、1/4に切る。
  2. ぬか床に1~2日漬ける。
  3. 漬かったら薄切りにして皿にもる。

Koru 【豆知識】
ダイコンの可食部は茎と根(白い部分の上部は茎で、中部と下部は根)で、カブの可食部(白い部分)は茎です。
コールラビの可食部も茎で、味はカブに似ています。

(参考記事:大根の上部は茎

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

カーボロネロ挽肉炒め

Nero_20191026170001
カーボロネロは結球しない葉キャベツの一種で、黒キャベツとも呼ばれています。

Nero_20191026165901
やや太めの茎が伸びて、次々に葉を伸ばします。

その葉を適当に摘み取り、食します。

以前、調理情報に「ブロッコリーの葉・挽肉いため」を掲載しました。

カーボロネロの葉も挽肉いためがおすすめです。

尚、ブロッコリーもカーボロネロもアブラナ科です。

【材料】

  • カーボロネロの葉:8枚くらい
  • 豚ひき肉:150gくらい
  • 塩コショウ:適量
  • 醤油:適量
  • ごま油:適量

Hikiniku

【作り方】

  1. カーボロネロの葉を食べやすい大きさに切る。(主脈の太い部分は硬めなので、分離して1cm位に切る。他の部分は適当に乱切り。)
  2. フライパンに挽肉を入れて炒める。油は不要。
  3. 挽肉が茶色になってきたら、主脈の太い部分を入れ炒める。
  4. 葉を入れ、炒める。
  5. 塩コショウを振る。
  6. 醤油とごま油をかける。

Ha

Nero

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

葉生姜の醬油漬け

今から1か月前の話です。
8月18日に畑から葉生姜を収穫し、翌日、醤油漬けにしました。
 

参考レシピ:簡単なのに美味しい♫葉生姜の醤油漬け

Hashouga 左の写真で葉の下側の白色の部分を使います。
右側に見える黄土色の二つの塊は、植え付け時の種生姜(ひね生姜)です。
ひね生姜も調理用(煮物など)に利用できます。

参考記事:「ひね生姜」の定義

 

【材料】

  • 葉生姜:あるだけ
  • 醤油:葉生姜の白色の部分が浸るくらい。

 
【作り方】

  1. 葉生姜を洗う。
  2. 葉生姜を容器に立てて、醤油を白色の部分が浸るように入れる。
  3. 半日ほどで食べられる。

Hashougas_20190918181601

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

レンチン 夏野菜カレー

NatuMBS毎日放送の「教えてもらう前と後(2019.07.23放送)」で「10分でできる絶品カレー」が紹介されていました。
それを参考にして、畑から採れた夏野菜でカレーを作ってみました。
 
畑にあった野菜を使っているので、「教えてもらう前と後」とは材料が少し違っています。

【材料】

  • トマト:中1
  • ピーマン:2
  • ジャガイモ:小5(下茹でしたものを使用)
  • インゲン豆:8本
  • カボチャ:5切れ(下茹でしたものを使用)
  • 大葉:8枚
  • 市販のカレールー(今回はハウスこくまろカレー中辛4皿分を使用)
  • ツナ缶(マグロ・油):1
  • 醤油:小1


 (「教えてもらう前と後」では、ナス、トウモロコシ、枝豆も使っていました。逆に、ジャガイモ、インゲン豆、カボチャは使っていませんでした。)

Natuya

【作り方】

  1. トマトのヘタを取る。お尻に十字の切れ込みを入れる。
  2. 刻んだ野菜を耐熱容器に入れる。
  3. 水を入れる。(ルーの箱に書いてある量の半分)今回は250ml
  4. 醤油を小1入れる。(1枚目の写真参照)
  5. ラップでふたをして、600W5分レンジで加熱。
  6. トマトをつぶし、かき混ぜる。
  7. 市販のカレールーを刻んで溶かす。(2枚目の写真参照)
  8. ツナ缶を入れる。
  9. ラップでふたをして、600W3分レンジで加熱。(3枚目の写真参照)
  10. 大葉を刻んで乗せる。
  11. お好みでタバスコを入れる。

Natuyasai

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

夏野菜の豆知識

教えてもらう前と後(2019.07.23)

【トマト】尻に白い線がある方が美味しい。白い線と線の間を切るとゼリーが流れない。

【ピーマン】縦に切る。→苦み成分が出ないし、栄養素が保たれる。

【トウモロコシ】切り口が(茶色でなく)白い方が新鮮。皮つきで600w5分または500w7分。実のお尻近くを切って、穂先を持って振れば、簡単に皮がむける。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧