料理

2018年8月10日 (金)

レンチンでナスの南蛮漬け

Nasu

農家から頂いた長ナスと丸ナスを、レンチンで南蛮漬けにしました。左の写真で左4つが丸ナス、右2つが長ナスです。
 

参考レシピ:ポン酢で簡単 レンチン なすの南蛮漬け

 
このレシピは栄養面でも理にかなっています。 
 

ナスは栄養価が高くない・・・というのは、皮をうまく料理していない時のこと。ナスの皮にはナスニンを始め、注目の抗酸化成分がたっぷり。ただし、ナスニンは水溶性のため、茹でたり煮たりすると流出します。

・・・(中略)・・・

調理するなら油で炒める、揚げるなど油でコーティングして、流出を防ぎましょう。

(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)


【材料】
 
  • なす:5本

  • ごま油: 少々

  • ポン酢:大さじ4

  • 砂糖:小さじ3

  • 煎りゴマ:大さじ1

Nasunannbann



【作り方】
 
 
  1. ナスを食べやすい大きさに切る。

  2. ポリ袋に入れて、ごま油を少し入れて袋の上からもんで、ナスにごま油をなじませる。

  3. ポリ袋のまま、レンジ600wで3分加熱する。

  4. 適当な容器にポン酢と砂糖を入れて混ぜる。

  5. レンチンが終わったポリ袋に上記タレを入れて、軽くもんで、なじませる。

  6. タッパーに移して、煎りゴマをかける。

  7. 冷蔵庫で冷やす。

Nasukannsei


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

伝統的な梅干し作り

今年は、坂戸の畑に植わっている梅の木に生った梅の実を使って、伝統的な方法で梅干しを作りました。思っていたよりも簡単でした。

 関連記事:本物の梅干し、偽物の梅干し

 参考にしたレシピ:柔らか梅干しの作り方

【材料】

  • ウメ:3.1kg

  • 塩:600g

  • 赤しその葉:180g

【作り方】

Ume_3



  1. ガラス容器に梅の実と塩を交互に入れる。
  2. 徐々に梅から透明な梅酢が染み出してくる。左の写真は半日後の状態。数センチの梅酢が溜まっていることが分かる。
  3. 2日くらいで梅酢が梅の実の3/4位まで上がってくる。おもりを乗せて、梅の実が梅酢に浸かるようにする。(今回は水を入れたペットボトルや缶ジュースをポリ袋に入れて、おもりにした。)
  4. 3日後に梅の実全てが梅酢に浸る状態になっているので、赤しその葉を入れる。 お茶パックに詰めてから入れると、後で取り出すときに便利。
  5. 1か月後、梅の実と赤しその葉を取り出し、干し網で干す。下右の写真では上段で赤しそ、中段と下段で梅の実。天候にもよりますが、3日程度干す。

Ume_4 Hosu_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

本物の梅干し、偽物の梅干し

Umebosi

今年は、坂戸の畑に植わっている梅の木に生った梅の実を使って、伝統的な方法で梅干しを作りました。
 

(参考にしたレシピ:柔らか梅干しの作り方

 
食べてみて驚きました。
スーパーで売っている梅干しとは別物です。
 

Super

旨味があるのです。

スーパーで売っている梅干しは酸っぱいだけ・・・。
←スーパーの梅干し
Googleなどで、例えば「梅干し 偽物」と検索してみてください。

 
例えば、次のような記事がたくさん出てきます。

Seibun

スーパーで売っている「梅干し」は「調味梅干し」です。

 
 
伝統的な製法の「梅干し」は調味料として塩しか使いません。
梅から梅酢が出て、酸っぱくなります。
 
 
しかし、「調味梅干し」は、醸造酢で酸っぱくしています。(成分表の写真参照)
塩分を少なくしたために、十分に梅酢が出ないからです。
他にも多くの調味料、添加物を使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

冷凍バナナ

Banana

猛烈な暑さが続いています。この時期にお勧めの超簡単レシピです。


アイスキャンディーほどは固くなく、ナイフで切ることも、歯でかじることもできます。
 
【材料】バナナ数本

Reitobanana

【作り方】
  1. バナナの皮をむく。

  2. サランラップでつつむ。

  3. 冷凍する。

Retoubanana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

切り干し大根

Daikon

スーパーで売っている大根は程よいサイズに揃っていますが、それは農家が規格に合わせて、収穫して出荷しているからです。
 
 
畑に植えたままにしておくと、スーパーで売っているサイズの2倍くらいの大きさにまで成長します。
 
 Kiriboshi私の家庭菜園の大根も収穫の時期が遅れて、規格外のサイズになりました。

食べきれないので、切り干し大根にしました。
【材料】大根(規格外)
 
【作り方】5mm幅の棒状に切って干すだけです。(2,3日)

Kiribosi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

鯖みぞれ和え

Sabakan

福井県小浜市にふるさと納税をして、礼品として鯖缶をもらいました。その鯖缶と畑で採れた大根と使って、みぞれ和えを作りました。
 
 
 
 
【材料】
 

Mizuni

  • 鯖缶(水煮):1缶

  • 大根:たっぷり

  • ポン酢醬油:適量
【つくり方】
  1. 鯖缶の身を汁を切って、皿に乗せる。

  2. 大根おろしをたっぷりのせる。

  3. ポン酢醬油をかける。

Mizore



大根は栄養面のみを考えれば、大根おろしで食べるのがベストだそうです。
 
大根の栄養素を余さず摂るなら、皮ごと生で食べられる「大根おろし」が最強。辛味成分イソチオシアネートが活性化しますが、血液サラサラ効果やアンチエイジング効果のほか、発ガン抑制効果も期待できる頼もしい存在。おろして15分ほどで半減してしまうので、卸すのは食べる直前が鉄則です!

(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

菊芋の新芽のお浸し

Kikuimo

前年に菊芋を栽培した畑では、放っておいても、4月から6月にかけて新芽が次々と出てきます。(左の写真参照)
 
芋を丹念に掘り出したつもりでも、掘り残しがあるので、そこから芽が出るのです。
 
このまま放置しておくと、競合しすぎて一本一本が弱くなってしまうので、間引きをします。

さて、菊芋の葉は食べられるのでしょうか?
 

Kikuimoha

古い葉は固くて、ゴワゴワ感があるので、食べる気がしませんが、新芽はそこそこ美味しいです。

今回はお浸しにしてみました。(味噌汁に入れてもいいです。)

【材料】菊芋の新芽
 
 
【作り方】
  1. 茹でる。

  2. 冷水で締める。

  3. 絞って水気を切る。

  4. かつお節と醤油をかける。

Kikuimo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

菊芋の新芽のお浸し

Kikuimo

前年に菊芋を栽培した畑では、放っておいても、4月から6月にかけて新芽が次々と出てきます。(左の写真参照)
 
芋を丹念に掘り出したつもりでも、掘り残しがあるので、そこから芽が出るのです。
 
このまま放置しておくと、競合しすぎて一本一本が弱くなってしまうので、間引きをします。



Kikuimoha

さて、菊芋の葉は食べられるでしょうか?

 
古い葉は固くて、ゴワゴワ感があるので、食べる気がしませんが、新芽はそこそこ美味しいです。
今回はお浸しにしてみました。(味噌汁に入れてもいいです。)
【材料】菊芋の新芽


【作り方】
  1. 茹でる。

  2. 冷水で締める。

  3. 絞って水気を切る。

  4. かつお節と醤油をかける。

Kikuimo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

陳皮(ちんぴ)酒

ミカンの皮で果実酒を作りました。

ミカンの皮は漢方薬では「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、驚きの抗炎症パワーがあると言われています。(参考文献:「玉ねぎ みかん「皮」を食べるだけで病気にならない(熊沢義雄著)」)
【材料】
 
ミカンの皮(甘夏、はっさく、オレンジの皮も可)
 

作り方
  1. ミカンの皮を、包丁で中果皮と外果皮に分ける。(面倒なら分けなくてもよい)

  2. 上記をカラカラになるまで天日干しする。(下の左の写真)

  3. 35度のホワイトリカーに漬ける。(ミカンの皮10gにつきホワイトリカー190cc)
下真ん中の写真は5月9日に漬け込んだときの写真、右の写真は5月26日時点の写真です。

Mikan Mikankawa Mikan_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

キャベツの芯の糠漬け

いつもは捨ててしまうキャベツの芯を糠漬けにしました。(参考レシピ:美味しいキャベツの芯の糠漬け

【材料】

  • キャベツの芯(1枚目の写真)

  • 糠床

【作り方】
  1. キャベツの芯を適当に切る。(2枚目の写真)

  2. 糠床に漬ける。

  3. 取り出す。(3枚目の写真は、4月27日に漬けて、5月5日に取り出したもの)

Kyabetu Kyabe Kyabetu_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧