料理

2018年6月 7日 (木)

菊芋の新芽のお浸し

Kikuimo

前年に菊芋を栽培した畑では、放っておいても、4月から6月にかけて新芽が次々と出てきます。(左の写真参照)
 
芋を丹念に掘り出したつもりでも、掘り残しがあるので、そこから芽が出るのです。
 
このまま放置しておくと、競合しすぎて一本一本が弱くなってしまうので、間引きをします。

さて、菊芋の葉は食べられるのでしょうか?
 

Kikuimoha

古い葉は固くて、ゴワゴワ感があるので、食べる気がしませんが、新芽はそこそこ美味しいです。

今回はお浸しにしてみました。(味噌汁に入れてもいいです。)

【材料】菊芋の新芽
 
 
【作り方】
  1. 茹でる。

  2. 冷水で締める。

  3. 絞って水気を切る。

  4. かつお節と醤油をかける。

Kikuimo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

菊芋の新芽のお浸し

Kikuimo

前年に菊芋を栽培した畑では、放っておいても、4月から6月にかけて新芽が次々と出てきます。(左の写真参照)
 
芋を丹念に掘り出したつもりでも、掘り残しがあるので、そこから芽が出るのです。
 
このまま放置しておくと、競合しすぎて一本一本が弱くなってしまうので、間引きをします。



Kikuimoha

さて、菊芋の葉は食べられるでしょうか?

 
古い葉は固くて、ゴワゴワ感があるので、食べる気がしませんが、新芽はそこそこ美味しいです。
今回はお浸しにしてみました。(味噌汁に入れてもいいです。)
【材料】菊芋の新芽


【作り方】
  1. 茹でる。

  2. 冷水で締める。

  3. 絞って水気を切る。

  4. かつお節と醤油をかける。

Kikuimo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

陳皮(ちんぴ)酒

ミカンの皮で果実酒を作りました。

ミカンの皮は漢方薬では「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、驚きの抗炎症パワーがあると言われています。(参考文献:「玉ねぎ みかん「皮」を食べるだけで病気にならない(熊沢義雄著)」)
【材料】
 
ミカンの皮(甘夏、はっさく、オレンジの皮も可)
 

作り方
  1. ミカンの皮を、包丁で中果皮と外果皮に分ける。(面倒なら分けなくてもよい)

  2. 上記をカラカラになるまで天日干しする。(下の左の写真)

  3. 35度のホワイトリカーに漬ける。(ミカンの皮10gにつきホワイトリカー190cc)
下真ん中の写真は5月9日に漬け込んだときの写真、右の写真は5月26日時点の写真です。

Mikan Mikankawa Mikan_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

キャベツの芯の糠漬け

いつもは捨ててしまうキャベツの芯を糠漬けにしました。(参考レシピ:美味しいキャベツの芯の糠漬け

【材料】

  • キャベツの芯(1枚目の写真)

  • 糠床

【作り方】
  1. キャベツの芯を適当に切る。(2枚目の写真)

  2. 糠床に漬ける。

  3. 取り出す。(3枚目の写真は、4月27日に漬けて、5月5日に取り出したもの)

Kyabetu Kyabe Kyabetu_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

切り干しニンジン

ニンジンのオイル煮」で、練馬区の農家さんから規格外のニンジンをたくさんいただいたことを書きました。ニンジンのオイル煮にしても、ニンジンが余ってしまったので、切り干しニンジンにしました。
 

参考レシピ:干し野菜 ③にんじん

Ninjinbig

【材料】
 
ニンジン:特大3本
 
左の写真のようなBIGサイズは業者が買い取らないし、直売所でも売れないそうです。


Ninjincut

【作り方】

 
5mm幅の棒状に切って干すだけです。(2,3日)
 
参考レシピでは、皮をむくように書いてますが、むかなくてもOKです。


Ninjinhoshi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

ニンジンのオイル煮

Ninjin

練馬区の農家さんから規格外のニンジンをたくさんいただきました。(下の写真参照)
 
規格外とは、大きすぎるもの、小さすぎるもの、割れているもの、形が悪いもの、表面に傷があるものなどです。それらは売れないので、廃棄するそうです。

そのうちの数本をオイル煮にしました。
 
(参考レシピ:にんじんのオイル煮ゴロンと人参noオイル煮
 

生のニンジンをオリーブオイルなどと和えてもβカロチンの吸収率は上がりますが、堅い細胞壁に守られているため、過熱してやわらかくしたほうがさらにお得。

(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)


Ninjinkiri



 
 
 
 
【材料】
  • ニンジン:4,5本
  • オリーブオイル:大2
  • 塩:少々

Ninjin_oil

【作り方】
  1. ニンジンを乱切りにする。(皮はむかなくてもOK)
  2. 鍋にニンジンを入れ、オリーブオイルをかける。
  3. 少し塩をふる。
  4. 弱火でふたをして煮る。(約20分)
  5. 途中でニンジンをまぜて、オイルが全体にまわるようにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ブロッコリーの茎入り玉子焼き

ブロッコリーの葉をすりおろす

塩、砂糖:少々
黒コショウ:少々
酒:大2
醤油:小1
玉子とよく混ぜる
焼く
オイスターソース:大1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

日光浴させたシイタケを使って煮物を作りました

Siitake

生シイタケは調理前に天日干しすれば、ビタミンDなどの栄養価が飛躍的に高くなるそうです。 
 
 

しいたけの「エルゴステロール」は、紫外線を浴びることでビタミンDへと変化します。そのため、調理前に30分~1時間干せばビタミンDは何と10倍!食物繊維やビタミンB1も10倍にアップするので、美容効果も抜群です。
(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)


 日光浴させたシイタケを使って煮物を作りました。
 

Zairyou

 
【材料】

  • 里芋:800g

  • ヤイリカ:3杯(スルメイカでも可)

  • 椎茸:3パック

  • ニンジン:3本

  • だし汁:600cc

  • 醤油:大6

  • 砂糖:大4

  • みりん:大2


Nimono

【作り方
 
  1. 里芋の皮をむく。

  2. 里芋をだし汁に入れて煮る。

  3. 煮立ったらヤリイカを鍋に入れて、5~6分煮る。

  4. 調味料(醤油、砂糖、みりん)を全て入れる。

  5. クッキングシートを落とし蓋にして15分位煮る。

 
 
 
 
 
参考レシピ:どんこ椎茸と里芋とイカの煮物スルメイカとさといもの煮物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

発酵と腐敗

発酵と腐敗はどのように違うのでしょうか?
 

微生物の増殖によって、人の役に立つ食べ物を生み出すことを発酵といい、一方、人が食べられない食べ物として食品が分解されることを腐敗という。(「日本農業検定2級テキスト」より)

 
代表的な発酵食品として糠漬けがあげられます。糠漬けは乳酸菌の働きで発酵します。

糠漬けは、糠と塩などで、野菜や魚を漬け込み熟成、発酵させてつくる。食物繊維、脂質、タンパク質、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれている栄養食である。(「日本農業検定2級テキスト」より)

写真左から、
  • 糠床
  • 糠床から菊芋の漬け物を取り出したところ
  • 洗ったところ

Nuka Kikuimo Tukemono


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

中華ドレッシングでチャーハン

Yakimeshi

日本テレビ「得する人、損する人」(2018年1月25日)で、「超一流シェフも驚いた得ワザベスト15」という特集がありました。
 
その中の11位「中華ドレッシングを使えば、味付け不要!パラパラチャーハンが出来る」を実際にやってみました。


Yakimeshinegi

【材料】

  • ご飯:150g(番組では300gでしたが、一人前は150g)

  • 中華ドレッシング:大さじ2(番組では4でしたが、一人前なので)

  • 冷凍アサツキ:少々(番組ではありませんでしたが、以前ベランダで収穫したものが冷蔵庫にあったので)

  • 卵:1

Yakimeshitamago


【作り方】
  1. フライパンにご飯を置く。(油は不要)

  2. 中華ドレッシングをかけて、混ぜる。(1枚目の写真)

  3. 炒める。ある程度炒めたら、冷凍アサツキも追加し、炒める。(2枚目の写真)

  4. 炒めたご飯を左半分に寄せて、空いた場所にタマゴを割って入れる。

  5. タマゴを軽くかき混ぜながら熱し、半熟になったら、ご飯に混ぜ合わせ、さらに炒める。(3枚目の写真)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧