野菜(ユリ科)

2016年6月10日 (金)

アサツキのとう立ちの仕方

Asatuki

玉ねぎの可食部分は茎の周りについた葉鞘です。ニンニクの可食部分は茎の周りの葉鞘についた腋芽です。(「ニンニクやタマネギは葉っぱを食べないのになぜ葉菜類なのか?」参照)

玉ねぎもニンニクもその茎が伸びて、花を咲かせます。

アサツキのように分球する野菜のとう立ちとはどのようなものでしょうか?

上の写真はとう立ちしたアサツキを掘り起こしたものです。下の写真は根本部分の接写です。

アサツキは次々と分球ししていきますが、そのうちのごく一部しかとう立ちしません。

Asatuki2

10個位の塊のなかで1個しかとう立ちしません。

玉ねぎのとう立ちは可食部分を消滅させます。

ニンニクのとう立ちも、養分が花茎の生長に使われるという意味で、可食部分の肥大化を抑制します。しかし、玉ねぎのとう立ちほどには致命的ではありません。

 
アサツキのとう立ちは上記仕組みから考えると、ニンニクのとう立ちよりもさらに影響が少ないと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

玉ねぎの皮茶

Tamakawa

甘夏の中果皮の味噌汁」でも「フラボノイドという成分が炎症を抑える力を持っていて、それは玉ねぎの皮とみかんの皮に多く含まれている」と記しました。みかんの皮にはヘスペリジンというフラボノイドが、玉ねぎの皮にはケルセチンというフラボノイドがたくさん含まれています。

「玉ねぎみかん「皮」を食べるだけで病気にならない(熊沢義雄著)」には、ケルセチンについて次のように書かれています。

 玉ねぎの皮をはじめ、りんごの皮、緑茶などに多く含まれている黄褐色の色素です。

 フラボノイドの中でもっとも強い抗炎症作用を持っていると考えられる成分であり、アレルギーを抑制する力も期待されています。熱にも強いため、調理しやすいのも特徴です。また、ビタミンに似た働きをするビタミン様物質であるため、ビタミンPと呼ばれることもあります。

Tamakawa0

玉ねぎの皮茶を作りました。

 
【材料】

  • 玉ねぎの皮:4個分
  • 水:1リットル

【作り方】

  1. 玉ねぎの皮をよく洗う。
  2. 鍋に皮と水を入れる。(写真では皮を直接、鍋に入れているが、お茶パックに入れてから鍋に入れると後で皮を取り出すのが楽)
  3. 沸騰後2分ほど煮る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

ジャンボニンニクの鋭い芽

Ken畑を耕していると、芽を出したジャンボニンニクが出てきました。6月に掘り残したジャンボニンニクです。白く美しい芽が伸びています。この鋭い剣のような芽で土を突き破って地上に出てきます。

Ken2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

ジャンボニンニクの花のドライフラワー

ジャンボニンニクの花をドライフラワーにしました。全体が淡い紫色をしていて、美しいです。

Dry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

ジャンボニンニクとニンニクの花

ジャンボニンニクはとう立ちしたら、白または紫の花を咲かせます。(左の写真)

ニンニクもとう立ちすると似たような形態になりますが、花は小さく、丸い実のようなものができます。(右の写真)

Janbo_2

Ninniku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

アスパラガスの可憐な花

アスパラガスがどのような花を咲かせるかご存知ですか?

スーパーで売っているアスパラガスは芽の部分です。それを見て花を想像することは難しいでしょう。

写真のとおり、黄色い小さな可憐な花を咲かせます。花の形は一見スズランのようです。

しかし、アスパラガスはユリの仲間です。

テッポウユリやカサブランカなどの大きなユリの花を観察してみると、花びらが六枚あります。この六枚のうち、ユリの花の本当の花びらは内側の三枚で、外側の三枚は萼(がく)が花びらのように変化したものです。・・・(中略)・・・

-------------(以下、アスパラガスについての記述)---------------------
この小さな小さな花を目を凝らしてみると、同じように花びらが六枚あります。しかもユリの花と同じように、ちゃんと内側に三枚、外側に三枚ついているのです。
。(稲垣栄洋著「キャベツにだって花が咲く」より)

Asupara_2 Asupara2_2 Asupara3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

ニンニクやタマネギは葉っぱを食べないのになぜ葉菜類なのか?

以前、私は「EMでいきいき家庭菜園」という本を読んで、疑問に思ったことがあります。

この本では野菜を、果菜類、葉菜類、根菜類、豆類の4つに分類しています。

そして、葉菜類と根菜類に次の野菜が分類されています。

【葉菜類】
コマツナ、青ジソ、パセリ、シュンギク、チンゲンサイ、ホウレンソウ、ネギ、ニラ、レタス・サニーレタス、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、ニンニク、タマネギ

【根菜類】
ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ヤマイモ、カブ、ラディッシュ、ダイコン、ニンジン、ショウガ

これを見て、皆さん、違和感を覚えませんか?

「ニンニクやタマネギは葉っぱを食べないのになぜ葉菜類なの?土の中にできるから根菜じゃないの?」と。

最近になって、ようやくこの理由が分かりました。

Tamanegi

タマネギの食べる部分は、根が肥大化したものではなく、葉鞘が肥大したものです。したがって、葉菜類です。

タマネギは、短い茎についた葉の葉鞘が何重にも重なったもの(鱗茎)だ。サトイモやショウガと同じように、葉鞘は茎の回りを一周している。茎は非常に短く、食べるところのほとんどは葉鞘で、表面の「皮」と呼ばれる部分も古くなり、薄くなった葉鞘だ。
(「植物形態学」より)

Ninniku

一方、ニンニクの食べる部分は腋芽が成長して子ニンニクになったところです。したがって、やはり葉菜類です。(左の写真はジャンボニンニク)

ニンニクは、タマネギと同じで、茎を葉鞘が何重にも取り巻いて厚くなったもの(鱗茎)だ。タマネギでは、重なり合った葉鞘が食べるところだが、ニンニクでは、葉鞘についた腋芽が成長して「子ニンニク」になったところで収穫され、子ニンニクが食用となる。写真のニンニクは葉鞘がみずみずしい状態で売られていたが、乾いて薄膜になっていることの方が多い。
(「植物形態学」より)

「EMでいきいき家庭菜園」の分類は、「食べるところが植物形態学的に何であるか」という分類だったのです。

尚、ダイコンやカブは、コマツナなどと同じアブラナ科ですが、根が肥大化した部分を食べるので根菜類です。

関連記事:大根の上部は茎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

アスパラガスの苗を植えました

知り合いからアスパラガスの苗をもらったので、坂戸の畑に植えました。雑草に負けずに、来春、芽を出してくれるかどうか・・・。

Asupara Asupara2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日)

ニンニクとジャンボニンニクの最も簡単な調理方法

6月22日に、坂戸の畑で残ったニンニク(写真右)とジャンボニンニク(写真左)を収穫しました。この時期になると、鱗片どうしの間に隙間ができてきます。見てくれは悪いですが、食べる分には全く問題ありません。

さて、ニンニクやジャンボニンニクのもっとも簡単な調理方法は、電子レンジでチンするだけです。500ワットで1分~2分加熱し、皮をむいて、そのまま食べます。味つけも必要ありません。

Janbo Ninniku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

ニンニク、ジャンボニンニクの収穫開始

ニンニク、ジャンボニンニクの収穫を開始しました。

Jambo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)