野菜(ウリ科)

2017年9月22日 (金)

完熟ゴーヤの食べ方(マヨサラダ)

Y_goya

ゴーヤは完熟すると皮は黄色く、種は赤いゼリーに包まれます。(参考記事:ゴーヤの種なぜトマトは赤く、ゴーヤやキュウリは緑なのか?
 
種の周りの赤いゼリーは甘く、そのまま食べても美味しいです。
 
黄色くなった皮は、緑のときと違い、苦みが無くなり、生でサラダとして食べられます。マヨネーズを付けるだけでも食べられますが、ほんの少し手を加えました。
 

参考レシピ:完熟ゴーヤのマヨサラダ

Ygoya

【材料】

  • 完熟ゴーヤ:1本

  • マヨネーズ:適量

  • 鰹節:適量

  • すりごま:適量

  • 醤油:適量

Yellowgoya

【作り方】

  1. ゴーヤは縦に半分に切って、わたをとり、薄切りにします。

  2. マヨネーズ、鰹節、すりごま、醤油を適量混ぜて、ゴーヤと和えます。

  3. 冷蔵庫でよーく冷やして、食べる直前に取り出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

東側ベランダでゴーヤとミニトマトを栽培しています

Goyahigashi

今年は会社の東側ベランダでゴーヤとミニトマトを栽培しています。
 
これまでに東側ベランダで栽培した野菜については、下記記事を参照してください。

Goyatomo

東側なので午前中しか日が当たりませんが、ゴーヤもトマトも成長しています。エアコンの室外機の上にプランターを置いているので、エアコンをつけると熱風が当たりますが、ゴーヤもトマトも影響を受けていません。
ゴーヤの小さな実ができています。

Goyaberanda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

ゴーヤの種

Goyatane

畑でゴーヤを2本収穫し、縦に半分に切りました。外見は同じような緑色ですが、中の種の色が違います。一つは白で、もう一つは赤です。

ゴーヤの実の中の種は最初は白く、成熟すると赤くなります。より正確にいうと、種を包む皮の内側が赤くなります。
 
もっと成熟すると、外の皮も黄色くなり、さらにはオレンジ色になります。
 
そして、種を包む赤い皮が膨らみ、ゼリー状になります。
 

(参考記事:なぜトマトは赤く、ゴーヤやキュウリは緑なのか?

Goya_tane



左は、赤い方の種を取り出したところの写真です。種がワタに包まれ、そのワタの内側が赤くなっていることがわかります。

一週間ほど乾かすと、種がポロリと簡単に取れます。
下の写真で、左下に取り出した5つの種が写っています。
この種は来年、播けば芽を出します。
多くの野菜はF1種なので、中の種を保存して翌年播いても、どうなるか分かりませんが、ゴーヤは固定種なので・・・。

Goyatane_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

節成りキュウリ

植物の茎で、葉の付け根の内側部分を「葉腋(ようえき)」と言います。ここから脇芽が出ます。キュウリの場合はここから巻きひげも出ます。キュウリの巻きひげは葉が変形したものだからです。(「キュウリやゴーヤの巻きひげ」参照)

Kyuuri

キュウリの場合は葉腋から花も出ます。その様子が左の写真で分かります。

尚、植物の花全てが葉腋に咲くわけではありません。例えば、チューリップは茎頂に花が咲きます。

キュウリの場合、葉腋を「節」と言います。


キュウリの花には雌と雄があります。(これを「雌雄異花」と言います。)

果実をつけるのは雌花のみです。キュウリを栽培する人にとっては雌花が重要です。

雌花をつける葉腋(節)の率が高いと短い茎に多くの実がなるので、集約的な栽培が可能となります。

雌花節が多いことを「節成り性」と呼びます。そして、節成り性の高い品種を「節成りキュウリ」と呼びます。

Kyuurimi

左の写真では、実のついた節の二つ下の節に花が咲いています。これは雄花なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

キュウリの巻きひげは葉、ヤブガラシの巻きひげは茎

Kyuuri_2キュウリやゴーヤの巻きひげ」に続き、巻きひげについての豆知識です。日本植物生理学会編「これでナットク!植物の謎」に次の記述がありました。

つるをもつ植物を「つる植物」といいます。同じつる植物でも、インゲンマメ、クズなどは巻きひげをもっていません。一方、キュウリ、ニガウリ、エンドウなどは巻きひげをもっています。
つるは茎です。巻きひげは多くの場合、葉が変形したものですが、ブドウ、ヤブガラシ、フウセンカズラのように茎が変形したものや、バニラの巻きひげのように根が変形したものもあります。




Yabu_2キュウリの巻きひげ(上の写真)とヤブガラシの巻ひげ(左の写真)はそっくりなのに、前者は葉が変形したもので、後者は茎が変形したものということです。


ヤブガラシの巻きひげについて、ネットで次の説明を見つけました。

 
 
 

主軸の先は1回分岐する細い巻きヒゲになる。主軸についた葉の腋芽がふつうの茎となり伸び続ける。(「植物形態学」より)



Yabugarasi

左の写真を見ると納得できるかもしれません。

写真の上の方で柵に巻きついているつるが本当は主軸で、そこから脇芽が分岐して、普通の茎として伸びていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

スイカの皮のマヨネーズ和え

Suimayoスイカの皮を有効活用するレシピ第3段です。スイカの皮を切って、塩もみし、マヨネーズと混ぜるだけの簡単レシピです。

(参考レシピ: ★漬物?夏だし! スイカの皮 でマヨ和え )

【材料】

  • スイカの皮:1/4
  • マヨネーズ:適量(好みで)
  • 塩:小さじ1/2
       

   
【作り方】

  • スイカの皮の緑の固い部分をむく。
  • 皮を0.2ミリ~0.5ミリ程度の厚さで短冊型に切る。
  • ポリ袋に入れて、塩もみし、柔らかくする。
  • 器に移して、マヨネーズと混ぜる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スイカの皮+ゴーヤ」の酢漬

Suikagoya畑で採れたゴーヤとスイカの皮を酢漬けにしました。

スイカの皮と青シソの浅漬け」に続く、スイカの皮利用レシピです。

 
(参考レシピ:ゴーヤのサッパリお酢漬け

【材料】

・ゴーヤ:1本
・スイカの皮:1/4
・砂糖(ざらめ):大さじ3
・白だし醤油:大さじ3
・お酢:大さじ3
 
 
【作り方】
Suikakawa
・スイカの皮の緑の固い部分をむく。(左の写真参照)
・皮を0.2ミリ~0.5ミリ程度の厚さで短冊型に切る。
・ゴーヤの中のワタを取り除き、細切りにする。
・上記調味料をポリ袋に入れ、スイカの皮とゴーヤを入れて、軽くもむ。
・半日くらい冷蔵庫で寝かせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュウリやゴーヤの巻ひげ

アサガオやインゲンのつるは茎ですが、キュウリやゴーヤの巻ひげは葉が変形したものです。

キュウリやヘチマなどウリ科植物は巻きひげで他の植物をつかみながら伸びていく。巻きひげはゆっくりと回旋しながら、つかむべき支柱を探していく。そして、支柱を見つけると、ひげを巻きつけていくのである。・・・(中略)・・・

先端が支柱に巻きついた後も、巻きひげは回旋運動を続ける。そのため、巻きひげは左右からよじれてらせん状に巻いてしまうのである。ねじれて丸まった巻きひげは、まるでスプリングのように伸び縮みをすることができる。そして、弾力性を保ちながらも、しっかりと支柱に引き寄せて固定させるのである。

(稲垣栄洋著「植物の不思議な生き方」より)

Higegoya Higekyuri Higebane

写真左から。

(1)ゴーヤの巻ひげがつかむべき支柱を探しています。

(2)キュウリの巻きひげがつかむべき支柱を見つけて、ひげを巻きつけています。

(3)ねじれて丸まったキュウリの巻きひげがスプリングのようになっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

スイカの皮と青シソの浅漬け

Suika夏と言えばスイカ。特に今年は猛暑なのでスイカは最高です。

さて、スイカは皮の部分も食べられます。スイカの皮と青シソで浅漬けを作りました。

(参考レシピ:エコ&簡単 スイカの皮の浅漬け

【材料】

・スイカの皮:1/4玉分

・青シソの葉:2枚くらい

・塩:小さじ1弱(参考レシピよりもかなり少なくしました)

・味の素:少々

【作り方】

Suikakawa_2・スイカの皮の緑の固い部分をむく。

・皮を0.2ミリ~0.5ミリ程度の厚さで短冊型に切る。(左の写真参照)

・青シソの葉を刻む。

・ビニール袋に全ての材料を入れて袋の上からもみ、空気を抜いて口を縛って冷蔵庫で、半日寝かせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトは赤くて、ゴーヤは緑なのか?

Tomato

畑ではトマトが真っ赤に色づいています。

植物の果実は鳥や動物に食べられることによって、種を運搬します。したがって、鳥や動物に見つけられやすいように赤や黄色に鮮やかに色づきます。

Goya一方、ゴーヤやキュウリは葉と同じ緑色をしています。目立たないので、葉に隠れて収穫時に見落としてしまうときがあります。

なぜ、ゴーヤやキュウリは目立たないように葉と同じ色をしているのでしょうか?

ゴーヤは本当に熟すれば鮮やかなオレンジ色になります。左の写真は、収穫時に見落としたゴーヤが熟して色づいたところです。

キュウリも黄色になります。(下の写真)

ゴーヤもキュウリも未熟な状態で収穫するので、緑色なのです。

Kyuri

| | コメント (0) | トラックバック (0)