野菜(ナス科)

2020年9月30日 (水)

ナスと豚肉の煮浸し

Nasubara この季節には家庭菜園でもナスがたくさん採れるので、ナスを大量消費するために、ナスと豚肉の煮浸しを作りました。


Nasubara
【材料】 
  • ナス:6本
  • 豚バラ肉(切り落とし、または、薄切り):200g
  • 麺つゆ(4倍濃縮):100cc
  • 水:400cc
  • 生姜:ひとかけ
  • みりん:小2
  • 砂糖:小4
  • ごま油:大2

Nasubuta

【作り方】

  1. ナス、豚バラ肉を一口サイズに切る。
  2. 生姜をすりおろす。
  3. フライパンにごま油を入れ、茄子と豚肉を炒める。
  4. ナスに焼き色がついたら、生姜、麺つゆ、水、みりん、砂糖をフライパンに入れ、10分煮る。
  5. 冷ましてから、冷蔵庫で冷やす。

Nasunikomi

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

ピーマン(または甘とう美人)とツナ炒め

Kansei 家庭菜園でピーマンや甘とう美人を栽培していると、この時期には大量に収穫できます。
その時のためのお勧めレシピです。

参考レシピ:ピーマン大量消費!ピーマンとツナ炒め♪

【材料】

  • ピーマンまたは甘とう美人 :10個(小さめなら20個)
  • ツナ缶:1つ
  • しょうゆ:20cc
  • 本みりん:20cc
  • 生姜:一かけ
  • かつお節:一握り

【作り方】

  1. ピーマンや甘とう美人を2mmくらいに切る。
  2. 生姜をする。
  3. フライパンにツナ缶の中身を油ごと入れる。
  4. Sea 生姜も入れて、炒める。
  5. Piman_20200716181101 ピーマン入れて、炒める。
  6. しょうゆと本みりんも入れて、炒める。
  7. 最後にかつお節を入れて混ぜる。(一番上の写真)

 

 

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

ピーマンの枝葉の規則性

Piman
 約1か月前(5月初旬)に定植したピーマンが順調に育っています。(左の写真)

 
枝葉が雑然と茂っているように見えます。
 
Pimanzoom600
しかし、ここには
きれいな規則性があります。

2番目の写真は1番目の写真の一部を拡大したものです。1枚の大きな葉①が生えている部分(葉腋:ようえき)に注目してください。 
 
そこから花芽も生えて、白い花が咲いています。
 
ピーマンの花は大きな1枚の葉とセットで咲きます。
 
また、大きな葉と花芽のみならず、同じ葉腋から2本の枝③④が分岐しています。
 
そして、2本の枝は全く同じ大きさではなく、③は太く長く、④は細く短いです。

Piman600
左の写真は、同じピーマンの別の部分です。①から④にかけて、全く同じ規則で成長していることが分かります。
 
そして、③の枝から、大きい葉⑤が伸びて、それから花芽と2本の枝が生えていることが分かります。
 
ピーマンの枝葉はこのようにして規則的にねずみ算のように増えていきます。
 
ねずみ算のように増えるので、茂り過ぎることになり、整枝が必要になります。
 

参考記事:トマトのわき芽

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

ナスのヘタの下の白い部分

Nasushiro ヘタの下に白い部分があるナスがあります。(白い部分がないナスもあります。)
 
Nasu この白い部分は前日の夜からその日の朝にかけて成長した部分です。

1枚目と2枚目の写真は朝採ったナスです。まだ若く、成長しているので、白い部分があります。

3枚目も朝に収穫したナスの写真ですが、採り遅れて成長しきったナスなので、白い部分がありません。

 

Nasuold

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

枝豆の豆知識

TBS「この差って何ですか?」2019.08.20

パンパンに成長した枝豆より、くびれのある枝豆の方が美味しい。(糖分、アミノ酸などの旨味成分が多い。)

 

 

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

トマトの自家採種

今年栽培したミニトマトと中玉トマトから種を採りました。

Tane_20190903182501 まず、トマトのゼリー状の部分を小さなビンに入れます。

そのまま3日放置すると、ゼリー部分が発酵します。

 

Tane 発酵したゼリーをザルにあけます。今回はザルでなく、茶こしを使いました。(目の細かいザルが無かったので、・・・。)

水を注ぐと、発酵した部分は流れて、発酵しきらなかった部分と種が残ります。

ピンセットで発酵しきらなかった部分を取り除きます。

Tanetori

キッチンタオルの上に種をバラバラにして置きます。

1週間くらい室内で乾燥させます。

乾燥したら、小袋にいれて冷蔵庫で保管します。

 

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

トマトの養液栽培

House

私が「ねりま農のサポーター」として援農に行っている農園さんでは、今年からトマトの養液栽培を始めています。

ビニールハウスはUVカットのフィルムで覆われています。紫外線をカットするとコナジラミ、アザミウマなどの害虫の侵入が抑制されるそうです。
ビニールハウス内は白いシートで覆われ、スリッパを履いて入ります。
トマトを植え付ける台にはヤシガラが入っています。
植え付けた苗は上からロープで誘引します。

Ondo

赤い機械は暖房器具です。
設定温度以下になると、接続されている大きなビニールのホースに自動的に温風が送られます。
私が訪問したときは、写真のとおりビニールのホースはペシャンコでしたが、夜気温が下がると温風で膨れます。

下は養液を希釈する装置(右)と貯水槽(左)の写真です。
 
養液と水は別系統になっていて、養液と水を別々に、設定された時刻に自動で流します。例えば、養液は1日1回、潅水は1日4回など。

 Youeki養液は循環させません。

 養液は一種類のみで、生育ステージによって量を変えます。第5果房開花期が最も多く、第1果房開花期の6倍の量となります。養液の濃度は変えません。
上記の通り生育ステージによって量が異なるので、第1果房開花期は1分56秒、第5果房開花期は約11分38秒と決まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

ピーマン・ツナ炒め(その2)

Piman

畑で大量のピーマンを収穫したときのためのレシピです。
 
2018年9月7日の「ピーマン・ツナ炒め」も良かったのですが、生姜を使うこのレシピも良いです。
 

参考レシピ:ピーマン大量消費!ピーマンとツナ炒め♪


【材料】
  • ピーマン:10~12個
  • ツナ缶:2個
  • しょうゆ:50cc
  • 本みりん:50cc
  • 生姜::一かけら
  • かつお節:一握り

Piman_tuna


【作り方】
  1. ピーマンを幅2~3mmに切る。
  2. 生姜をする。
  3. フライパンにツナ(ツナ缶の油も一緒に)を入れる。
  4. 生姜を入れる。
  5. ざっくり炒めたらピーマンも入れる。
  6. ざっくり炒めたらしょうゆと本みりんも入れて炒める。
  7. かつお節を入れて混ぜる。

Piman_itame



 
 
尚、ピーマンを切るときにワタや種は捨てないまま切り、炒める方が栄養的には良いです。
 
 

ピーマンの苦みのもととして捨てられてしまうワタと種、実は血液サラサラ効果成分「ピラジン」の宝庫なのです。
(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

ピーマン・ツナ炒め

Piman500

家庭菜園でピーマンがたくさん採れたので、ピーマン大量消費用のレシピを探して、作ってみました。

【材料】
  • ピーマン:約10個

  • ツナ缶:60g2つ

  • すり胡麻:大1

  • ごま油:大1

  • 麺つゆ:3倍濃縮大さじ1

  • 塩コショウ:2振り

Pituna500



【作り方】
  1. ピーマンのヘタと種をとり、5ミリ幅位で切る。

  2. フライパンに少し油をきったツナとピーマンを入れて、軽く炒める。

  3. 塩コショウ、麺つゆをかけて、さらに炒める。

  4. すり胡麻、ごま油を入れて絡める。

Pimantuna


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

レンチンでナスの南蛮漬け

Nasu

農家から頂いた長ナスと丸ナスを、レンチンで南蛮漬けにしました。左の写真で左4つが丸ナス、右2つが長ナスです。
 

参考レシピ:ポン酢で簡単 レンチン なすの南蛮漬け

 
このレシピは栄養面でも理にかなっています。 
 

ナスは栄養価が高くない・・・というのは、皮をうまく料理していない時のこと。ナスの皮にはナスニンを始め、注目の抗酸化成分がたっぷり。ただし、ナスニンは水溶性のため、茹でたり煮たりすると流出します。

・・・(中略)・・・

調理するなら油で炒める、揚げるなど油でコーティングして、流出を防ぎましょう。

(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)


【材料】
 
  • なす:5本

  • ごま油: 少々

  • ポン酢:大さじ4

  • 砂糖:小さじ3

  • 煎りゴマ:大さじ1

Nasunannbann



【作り方】
 
 
  1. ナスを食べやすい大きさに切る。

  2. ポリ袋に入れて、ごま油を少し入れて袋の上からもんで、ナスにごま油をなじませる。

  3. ポリ袋のまま、レンジ600wで3分加熱する。

  4. 適当な容器にポン酢と砂糖を入れて混ぜる。

  5. レンチンが終わったポリ袋に上記タレを入れて、軽くもんで、なじませる。

  6. タッパーに移して、煎りゴマをかける。

  7. 冷蔵庫で冷やす。

Nasukannsei


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧