« 農家もマルチシートはがさず、次を植える場合がある | トップページ | ゴーヤのお浸し »

2021年9月 6日 (月)

梨の斬新な切り方

Kosui JA全農の公式Twitter梨、よくある"くし形"もよいですが」というツイートがネット上で話題となっています。
 

例:ねとらぼ「梨は“スティック型”に切ると食べやすい JA全農が勧める切り方に「試してみたい」の声

 

「梨は普通は"くし形"に切るが、“スティック型”も食べやすいし、これだと皮も食べられる」という内容のツイートです。

ちょうど「梨・洋梨の土田農園」さんから美味しい幸水が届きいたので、チャレンジしてみました。

  1. Kiru 梨を縦に1.5cm幅で輪切りにする。(1枚目の写真)
  2. Kiru02 輪切りにした1枚1枚をさらに縦に1.5cm幅で切る。スティック状になる。(2枚目の写真)
  3. 芯のあるスティックは適当に切って、芯以外は食べる。(JA全農のツイートだと「つまみぐいする」)

Kiru3 JA全農のツイートだと最後に縦につまようじを指して出来上がりとなっていますが、私は皿に盛って(3枚目の写真)、手で摘まんで食べました。
 
この切り方だと皮も自然に食べられます。
 
一般に果実は皮と皮の近くに栄養が詰まっています。

関連記事:リンゴの輪切り

 

尚、「梨・洋梨の土田農園」さんでは、現在、幸水は完売となりましたが、豊水は予約可能です。

例:

 

 

|

« 農家もマルチシートはがさず、次を植える場合がある | トップページ | ゴーヤのお浸し »

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農家もマルチシートはがさず、次を植える場合がある | トップページ | ゴーヤのお浸し »