« ナスの台木から生えてきたトゲのある枝 | トップページ | 夏の荷物 »

2021年8月16日 (月)

ステーキにバジル

Bajiru バジルは、アブラナ科、キク科、ナス科野菜のコンパニオンプランツとして知られています。独特の香りが虫を寄せ付けないそうです。
 
当菜園ではミニトマトと混植しています。

バジルはある程度(30cm位)の高さに成長したら摘心し、その後次々に伸びてくる若芽を収穫します。 
 
モロヘイヤ、クウシンサイ、シソの葉の収穫と同じ要領です。 
 
今回はバジルの葉を利用した簡単な料理を紹介します。

参考レシピ:お箸で食べる生バジル香るサイコロステーキ

Baji_niku 【材料】

  • 牛肩ロースステーキ用:200g
  • バジルの葉:適量
  • ニンニク:2片
  • 塩コショウ:適量

 
【作り方】

  1. 牛肉を一口大に切って、塩コショウをふる。
  2. バジルの葉、ニンニクをみじん切りにする。
  3. 肉の脂身部分をフライパンに入れて加熱して油が溶けてきたら、ニンニクを入れて焦げないように炒める。
  4. 牛肉を入れて焼き、最後にバジルの葉を入れてからめる。

Bajiruniku

 

|

« ナスの台木から生えてきたトゲのある枝 | トップページ | 夏の荷物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナスの台木から生えてきたトゲのある枝 | トップページ | 夏の荷物 »