« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

ナスと豚肉の煮浸し

Nasubara この季節には家庭菜園でもナスがたくさん採れるので、ナスを大量消費するために、ナスと豚肉の煮浸しを作りました。


Nasubara
【材料】 
  • ナス:6本
  • 豚バラ肉(切り落とし、または、薄切り):200g
  • 麺つゆ(4倍濃縮):100cc
  • 水:400cc
  • 生姜:ひとかけ
  • みりん:小2
  • 砂糖:小4
  • ごま油:大2

Nasubuta

【作り方】

  1. ナス、豚バラ肉を一口サイズに切る。
  2. 生姜をすりおろす。
  3. フライパンにごま油を入れ、茄子と豚肉を炒める。
  4. ナスに焼き色がついたら、生姜、麺つゆ、水、みりん、砂糖をフライパンに入れ、10分煮る。
  5. 冷ましてから、冷蔵庫で冷やす。

Nasunikomi

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

クウシンサイの伸びすぎた脇芽

Kushin クウシンサイは酷暑の中でも元気に育ちます。

クウシンサイは最初に草丈が20cm~30cmになったところで、先端の15cm位を摘芯します。

そして、その後は脇芽が次々に出てくるので、その脇芽が15cm~20cmになったら収穫します。

したがって、プロの農家さんはクウシンサイの脇芽を伸ばし過ぎるということはありません。

Kuturu 私は週末農家なので、1本の脇芽を見落としてしまい、2メートルほどに伸ばしてしまいました。

このようになると、茎が硬くなって、不味くなります。(食べられはしますが・・・。)

Kune よく見ると茎の節から小さな根が出ています。

このまま放っておけば、スイカ、カボチャ、サツマイモのツルのように地面に根を張って際限なく伸びていくのでしょう。

| | コメント (0)

クウシンサイの伸びすぎた脇芽

Kushin クウシンサイは酷暑の中でも元気に育ちます。

クウシンサイは最初に草丈が20cm~30cmになったところで、先端の15cm位を摘芯します。

そして、その後は脇芽が次々に出てくるので、その脇芽が15cm~20cmになったら収穫します。

したがって、プロの農家さんはクウシンサイの脇芽を伸ばし過ぎるということはありません。

Kuturu 私は週末農家なので、1本の脇芽を見落としてしまい、2メートルほどに伸ばしてしまいました。

このようになると、茎が硬くなって、不味くなります。(食べられはしますが・・・。)

Kune よく見ると茎の節から小さな根が出ています。

このまま放っておけば、スイカ、カボチャ、サツマイモのツルのように地面に根を張って際限なく伸びていくのでしょう。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

キュウリの生姜炒め

Kyuribig プロの農家は、キュウリの実の長さが20cmになったら収穫します。

実を大きくし過ぎるすると、エネルギーを消費してしまい、長く収穫できなくなるからです。

したがって、スーパーで見かけるキュウリは長さ20cm前後に統一され、太さも直径2~2.5cm程度です。

一方、週末農業では一週間に一回しか畑に行けないので、ついついキュウリを大きくし過ぎてしまいます。

上の写真のキュウリは長さ約35cm、直径約4cmあります。
  
スーパーで売っているキュウリだと「炒めてやろう」とは思いませんが、これだけ大きなキュウリだと炒めたくなります。
  
この大きなキュウリを生姜と炒めました。

参考レシピ:きゅうりの生姜炒め☆

【材料】

  • 大きなキュウリ:1本(普通のキュウリなら2~3本)
  • 生姜大:一かけ
  • ゴマ油:小1
  • 酒:大1
  • みりん:小1
  • 鳥ガラスープの素(顆粒):小1
  • 塩胡椒:適量

Kyu

【作り方】

  1. キュウリを3cmくらいの長さに切り、それを4等分する。
  2. 生姜をおろす。
  3. 熱したフライパンにゴマ油を入れ、生姜とキュウリを炒める。
  4. 油が回ったら、酒、みりん、鳥ガラスープの素の調味料を入れて、炒める。
  5. 最後に塩胡椒をふる。

Kyuita



| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »