« 梨農家が梨を逆さまにして箱詰めする理由 | トップページ | カーボロネロ挽肉炒め »

2019年10月22日 (火)

枝豆の夏まき栽培

一般的には枝豆は春に種をまきますが、夏に種まきをする作型もあります。
 
(1)土づくり:播種の2~3週間前

  • 全面:苦土石灰(100~150g/㎡)
  • 10cmの深さに溝施肥:米ぬか(0.2L/1m)、有機配合肥料(40~50g/1m)、牛ふん堆肥(0.5L/1m)
  • 溝回り:米ぬか、有機配合肥料(2~3mに1すくい)

 
(2)種まき:8月中旬

  • 黒マルチを張る。
  • 株間30cm、条間45cmに穴を開け、一穴に3粒を深さ2cmで。
  • 防虫ネット、遮光ネットをかける。

(3)間引き

  • 本葉が少しで出したら、2本立ちにする。1本のところは1本足す。
  • 遮光ネットを外す。


Tekishin (4)摘芯

  •  側枝が5本になったら、摘心する。左の写真は摘芯直後。先端を指でつまむように摘芯する。

 

(5)追肥:9月中旬

  • 防虫ネットを外す。
  • 通路に米ぬか、配合肥料(3-9-10)・・・70~80cmに1すくい

 
Shukaku (6)収穫:10月中

  • 左の写真は収穫時期の枝豆。春まきは種まきから収穫まで約3ヶ月だが、夏まきは2ヶ月。収量は春まきが多い。

|

« 梨農家が梨を逆さまにして箱詰めする理由 | トップページ | カーボロネロ挽肉炒め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梨農家が梨を逆さまにして箱詰めする理由 | トップページ | カーボロネロ挽肉炒め »