« 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました | トップページ | そば屋のかつお節の出し殻を肥料に »

2018年11月10日 (土)

モロヘイヤの花と実

Moro

スーパーでモロヘイヤの葉を買う人の多くは、植物としてのモロヘイヤの全体像をイメージできていないと思います。
 
モロヘイヤどのように生えているのかについては、「2.5メートル以上に成長したモロヘイヤ」を参照してください。
 
今回は、モロヘイヤの花や実はどのようなものか紹介します。

Morosaya

モロヘイヤはオクラ、芙蓉、綿と同じアオイ科です。オクラ、芙蓉、綿は大きく美しい花を咲かせます。

(「オクラの花」「ワタの花と実」「練馬区石神井町の空き地の芙蓉」参照)

一方、モロヘイヤは、小さく可憐な黄色い花を咲かせます。

そして、花は細長い実となります。このあたりは、オクラと似ています。

しかし、オクラと違い、モロヘイヤの実(サヤと種)には猛毒が含まれています。

Saya

|

« 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました | トップページ | そば屋のかつお節の出し殻を肥料に »

野菜(アオイ科)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モロヘイヤの花と実:

« 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました | トップページ | そば屋のかつお節の出し殻を肥料に »