« ゴーヤ炒め | トップページ | 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました »

2018年10月25日 (木)

ラッカセイの実の生り方

ラッカセイの実の生り方を解説します。
 

参考文献:ラッカセイの育て方・栽培方法

 

Rakkahana

 
(1) 夏から秋にかけて、小さな黄色い花を咲かせます。

左の写真でも下の方に二つ咲いています。
花は翌日にはしおれます。

(2) 開花後3日目に子房柄が伸び始めます。

Rakka

(3) 花は枯れて脱落し、尖った子房柄が地面に向かって伸びます。
  
(4) 子房柄が土に潜ります。
 
(5) 土に潜った子房柄の先端部が土の中で肥大します。
 
 
左の写真は土に埋まった子房柄を少し持ち上げたところ。尖ってまっすぐに伸びている子房柄とほんの少し肥大し始めた子房柄が見えます。

(6) 10月下旬か11月上旬に収穫します。

Rakkasei

ラッカセイはマメ科なので、根にはびっしりと根粒ができています。


マメ科の根粒についての参考記事: エンドウ豆の根粒 カラスノエンドウ 

|

« ゴーヤ炒め | トップページ | 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました »

野菜(マメ科)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/67311471

この記事へのトラックバック一覧です: ラッカセイの実の生り方:

« ゴーヤ炒め | トップページ | 練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました »