« pH(酸性度)とEC(電気伝導度) | トップページ | にんにくの芽 »

2018年6月 7日 (木)

菊芋の新芽のお浸し

Kikuimo

前年に菊芋を栽培した畑では、放っておいても、4月から6月にかけて新芽が次々と出てきます。(左の写真参照)
 
芋を丹念に掘り出したつもりでも、掘り残しがあるので、そこから芽が出るのです。
 
このまま放置しておくと、競合しすぎて一本一本が弱くなってしまうので、間引きをします。

さて、菊芋の葉は食べられるのでしょうか?
 

Kikuimoha

古い葉は固くて、ゴワゴワ感があるので、食べる気がしませんが、新芽はそこそこ美味しいです。

今回はお浸しにしてみました。(味噌汁に入れてもいいです。)

【材料】菊芋の新芽
 
 
【作り方】
  1. 茹でる。

  2. 冷水で締める。

  3. 絞って水気を切る。

  4. かつお節と醤油をかける。

Kikuimo_2


|

« pH(酸性度)とEC(電気伝導度) | トップページ | にんにくの芽 »

料理」カテゴリの記事

野菜(キク目)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/66832206

この記事へのトラックバック一覧です: 菊芋の新芽のお浸し:

« pH(酸性度)とEC(電気伝導度) | トップページ | にんにくの芽 »