« 鯖みぞれ和え | トップページ | 切り干し大根 »

2018年6月26日 (火)

化成肥料の基本

Hiryou

化成肥料の基本について解説します。
 
左の写真は100円ショップで売られていた化成肥料です。「チッソ8-リン酸8-カリ8」と書かれています。
 


肥料の3要素
 

  • チッソ:特に葉の生長に必要な成分で、葉肥(はごえ)とも言われます。

  • リン酸:主に開花結実に関係し、花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)とも言われます。

  • カリ:主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に関係するため、根肥(ねごえ)とも言われます。

 

888

「チッソ8-リン酸8-カリ8」とは、チッソ、リン酸、カリがそれぞれ8%ずつ含まれていることを示しています。
 
一袋300gなので、チッソ、リン酸、カリがそれぞれ24gずつ含まれていることになります。



この化成肥料を使って、チッソを15g与えたい場合には、15g÷0.08=187.5g を与えればよいことになります。
そして、187.5g与えるということは、チッソだけでなく、リン酸、カリも15g与えることになります。
300gでも187.5gでも、チッソ、リン酸、カリはそれぞれ8%ずつ含まれているから。


Seibun

保証成分量として「アンモニア性窒素8.0、可溶性りん酸8.0(内水溶性りん酸6.0)、水溶性加里8.0」と書かれています。

 


 
アンモニア性窒素・硝酸態窒素
 
アンモニア性窒素を畑にまくと硝酸菌によって硝酸態窒素となります。水田ではアンモニア性窒素の状態で吸収されますが、畑では硝酸態窒素として吸収されます。
 
【吸着しやすい成分・流亡しやすい成分】
 
 
土壌粒子は-に帯電しています。
 
アンモニア性窒素やカリのイオンは+に帯電するので吸着しやすく、硝酸態窒素はーに帯電するので流亡しやすいです。
また、リン酸イオンは土壌のアルミニウムと強く結合します。
 
 
そのため、追肥はチッソが中心となります。(元肥は山型、追肥は谷型」参照)
 

|

« 鯖みぞれ和え | トップページ | 切り干し大根 »

農業一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/66893653

この記事へのトラックバック一覧です: 化成肥料の基本:

« 鯖みぞれ和え | トップページ | 切り干し大根 »