« 菊芋の新芽のお浸し | トップページ | 紫陽花が美しい水色の花を咲かせていました »

2018年6月 8日 (金)

にんにくの芽

Ninniku

スーパーでは「にんにくの芽」(左の写真参照)が売られていますし、中華調理店では「にんにくの芽」を炒めた料理が出されます。
 
この「にんにくの芽」とは何でしょうか?



10月頃にんにくの鱗片を土に植え付けると芽が出てきますが、この芽が「にんにくの芽」として売られているわけではありません。
 
4月、5月ににんにくはとう立ちをします。そのとき伸びてきた花茎が「にんにくの芽」です。

Ninniku_2

←とう立ち
 
とう立ちについては、過去記事「抽苔(ちゅうだい)」を参照してください。
 
また、ニンニクの茎、葉鞘、脇芽(通常の可食部分)の関係については、過去記事「ニンニクやタマネギが「葉菜」である理由」を参照してください。

一番上の写真をよく見ると、「産地 中国」と書かれています。市場に出回っているほとんどの「にんにくの芽」は中国産です。国産の「にんにくの芽」がたべられるのは、ニンニクを栽培している農家か家庭菜園愛好家のみでしょう。中国では「にんにくの芽」採取に適した品種が栽培されているようです。


下の写真はジャンボニンニクです。「ジャンボニンニクの芽」も食べられます。

Janbo


|

« 菊芋の新芽のお浸し | トップページ | 紫陽花が美しい水色の花を咲かせていました »

野菜(ネギ属)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/66832187

この記事へのトラックバック一覧です: にんにくの芽:

« 菊芋の新芽のお浸し | トップページ | 紫陽花が美しい水色の花を咲かせていました »