« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

蒸散

Endo

野菜をベランダで栽培する場合、夏場ははぼ毎日水やりをする必要があります。
 
晴れている日には、朝たっぷり水やりをしても昼には土がカラカラに乾いてしまい、もう一度水やりをすることもよくあります。
 
一方、畑ではよほどのことがない限り、水やりをしません。
この違いの理由を、私は次のように考えていました。 

  • 畑では深くまで根を張ることができて、深いところから水分を吸い出せるから。

  • プランターは高畝のようなもので、水が下に落ちやすいから乾きやすい。

おそらく二つとも正しいと思います。

Apios


しかし、植物の「蒸散」について理解すると、もう一つの重要な理由が分かります。
 
蒸散とは、根から吸い上げた水を葉の気孔から放出する作用です。
 
植物はこの蒸散によって吸い上げた水を用いて光合成をします。また、蒸散によって吸い上げた水に溶けている肥料養分を吸収することができます。

しかし、蒸散にはもう一つの役割があります。植物の体温が上がりすぎることを防ぐことです。人間が汗で体温を下げるのと同じです。
 
そして、ベランダでのプランター栽培では、プランターの側面からも強烈な日光があたるので、畑の露地栽培よりも植物の体温が上がりやすいのです。


そのため、ベランダで育てた野菜は体温をさげるために蒸散を活発にする必要があり、それに大量の水が消費されるのです。
 

Jaga



 
写真は上から順に、つるありインゲン、アピオス、ジャガイモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

JASマーク、有機JASマーク

Jas

JASマークが付いている食品はよく見かけます。
JAS規格(日本農林規格)適合製品のマークです。
左の写真はカップラーメンについていたJASマークです。JASの下に「日即食協」の文字が見えます。
これは「一般社団法人日本即席食品認定協会」の略称で、そこが即席めんの登録認定機関となっています。

 

 JAS法(農林物資の規格化等に関する法律)にもとづき、農林水産大臣が品目を指定して定め、品位・成分・性能などがJAS規格に適合していると判定された製品(飲食料品や林産物)に表示される。(「日本農業検定2級テキスト」より)

Lunch

下は池袋北口地下にあるランチパックの写真です。向かって左側の柱に2枚の掲示板が貼られています。

 
2枚のうち上は「カフェインレスの美味しさのひみつ」、下は「有機栽培コーヒーとは」です。
 
「有機栽培コーヒーとは」に表示されているマークが有機JAS(有機農産物認定制度)マークです。
有機JASとは、原則として農薬・化学肥料を使用しないで栽培された有機農産物や、有機農産物を加工した食品、飼料・畜産物などにつけられるマークです。・・・(中略)・・・有機JASマークのない農産物と農産物加工に「有機」や「オーガニック」などの名称の表示をすることは禁止されている。(「日本農業検定2級テキスト」より)

Yuukijas


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

発酵と腐敗

発酵と腐敗はどのように違うのでしょうか?
 

微生物の増殖によって、人の役に立つ食べ物を生み出すことを発酵といい、一方、人が食べられない食べ物として食品が分解されることを腐敗という。(「日本農業検定2級テキスト」より)

 
代表的な発酵食品として糠漬けがあげられます。糠漬けは乳酸菌の働きで発酵します。

糠漬けは、糠と塩などで、野菜や魚を漬け込み熟成、発酵させてつくる。食物繊維、脂質、タンパク質、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれている栄養食である。(「日本農業検定2級テキスト」より)

写真左から、
  • 糠床
  • 糠床から菊芋の漬け物を取り出したところ
  • 洗ったところ

Nuka Kikuimo Tukemono


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »