« 無限ピーマン | トップページ | 緑のトマトの甘酢漬け »

2017年11月 9日 (木)

タネの構造・胚乳の成分・発芽の4条件

(1)タネの構造
 
タネは次の3つからできています。
 

  • 胚:植物体
  • 胚乳:栄養分
  • 種皮

 

(2)胚乳の成分
 

  • イネ、ムギ:炭水化物が多い
  • ダイズ:タンパク質が多い
  • トウモロコシ:脂肪が多い

 
炭水化物は酵素の働きで、ブドウ糖に変わります。ブドウ糖は酸素と結合してエネルギーとなります。
 
タンパク質は酵素の働きで、アミノ酸となり、アミノ酸は体の中の部品を作ります。 
 
エネルギーと部品によって、植物は成長します。

Hatuga_2

(3)発芽の4条件

  • 水分→胚乳膨潤
  • 温度→酵素、播種時期
  • 酸素
  • 暗黒または光

この4条件を満たすため、播種は次のようにします。

  • タネの深さは種の大きさの3倍
  • 土の粒子の大きさはタネと同じくらいかタネより小さいこと

多くの種子は発芽に暗黒を必要としますが、ニンジン、キク、雑草は光を必要とします。そのため、ニンジン、キクの播種は浅めにまきます。

(4)プロテインダイエット

発芽に必要な吸水量は、タンパク質>炭水化物>脂肪 です。

イネ、ムギ、トウモロコシより、大豆、エンドウ豆の方が大きいのです。

プロテインダイエットの一つの方法として「豆腐や大豆などの植物性タンパク質を多く摂取する」があります。

タンパク質は「アミノ酸→筋肉」となるという意味以外に、給水量が大きいので腹が膨れて満腹感を得られるということもあります。

|

« 無限ピーマン | トップページ | 緑のトマトの甘酢漬け »

農業一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/66022960

この記事へのトラックバック一覧です: タネの構造・胚乳の成分・発芽の4条件:

« 無限ピーマン | トップページ | 緑のトマトの甘酢漬け »