« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

無限ピーマン

Photo

畑で採れたピーマンを使って、無限ピーマンを作りました。無限ピーマンとは、「無限に食べ続けられるピーマン」のことです。
 

参考レシピ:南蛮風☆無限ピーマン!


【材料】
  • ピーマン:10個位

  • しょう油:大1.5

  • 酢:大1.5

  • 砂糖:大1

Piman


【作り方】
  1. ピーマンを半分にカットし、種を取り除く。

  2. フライパンに油をひき、ピーマンを入れる。

  3. 最初は皮から、その後何度か裏返し、しんなりするまで焼く。

  4. 調味料を合わせて、フライパンに入れ、絡める。

Pimanitame

Pima


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

柿の種についての豆知識

Kaki

坂戸にある畑で作業していたら、近所のおばあさんが「柿持って行くかね?」と言って、枝付きの柿の実をくれました。やや小粒で、見てくれも良くありませんが、甘くて、美味しかったです。
 
今回は「柿の種」についての豆知識です。



おばあさんがくれた柿には種が入っていました。しかし、スーパーで売られている柿には種無しのものが多いです。何故でしょうか?

Kakikaki

これには単為結果性が関連しています。

単為結果性は「トマトの受粉とホルモン剤」でも取り上げましたが、受粉しなくても果実が成長するという性質です。単為結果で成長した果実には種がありません。

そして、柿には品種によって、単為結果性の強弱があります。

単為結果性が強い品種として「次郎」が代表的です。

「富有」は単為結果性が弱いので、通常は種がありますが、中には種無しもできます。おばあさんがくれた柿は富有系の品種なのだと思います。

もう一つ柿の種についての豆知識です。

 

Kakitane

柿には、雌花と雄花の両方をつける品種と、雄花を付けない品種があります。

富有や次郎は雄花を付けない品種です。甘柿は雄花を付けない品種が多いです。

 

では、何故、おばあさんの柿は、受粉して種を作れたのでしょうか?

おそらく近く(約1キロメートル圏内)に、雄花をつける品種の柿(渋柿)があるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間引きニンジン+畑で収穫したゴーヤの酢漬け

Ninjingoya

間引きニンジンの葉炒め」の続きです。
間引きニンジン+畑で収穫したゴーヤを酢漬けにしました。「スイカの皮とゴーヤの酢漬け」ではスイカの皮を使いましたが、今回は間引きニンジンです。
 
参考レシピ:ゴーヤのサッパリお酢漬け

【材料】
  • 間引きニンジン、ゴーヤ:適量

  • 砂糖:大4

  • 白だし醤油:大4

  • お酢:大4

Ningoyasu

【作り方】

  1. ニンジンとゴーヤを好きな形に切る。

  2. ポリ袋にニンジン、ゴーヤ、調味料を入れ、軽くもむ。

  3. 空気を抜いてポリ袋の口を縛り、一晩冷蔵庫で寝かせる。
 
関連記事:大根の頭が勢いよく地上に出る理由
(ニンジンの赤い部分は根、大根の白い部分は根と茎という記事です。)


Ningoyasuduke


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

玉ねぎの皮パウダー

Tamanegi

玉ねぎの皮茶」で「フラボノイドという成分が炎症を抑える力を持っていて、それは玉ねぎの皮とみかんの皮に多く含まれている」と記しました。みかんの皮にはヘスペリジンというフラボノイドが、玉ねぎの皮にはケルセチンというフラボノイドがたくさん含まれています。
 

みかんの皮レシピ:

Tamanegikawa

【材料】

玉ねぎの皮:適量

【作り方】
  1. 玉ねぎの皮をむき、1枚目の皮は汚れている場合があるので捨てる。

  2. 干し網で干す。

  3. ミルで粉末にする。

Tamanegikona

【用途】
  • 味噌汁に入れる。

  • 炒め物に混ぜる。

  • サラダのトッピングにする。・・・etc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

ツルムラサキ

ツルムラサキには、その名のとおりツルが紫の品種(左の写真)と、ツルが緑の品種(真ん中の写真)があります。ツルが紫の品種が原種だそうです。

市場ではツルが緑の品種が主流となっています。(右の写真)


Murasaki_2 Midori Super


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

間引きニンジン葉の炒り煮

Ninjin

畑で育てているニンジンの間引きをしました。
その間引きニンジンの葉を炒り煮してみました。
 

参考レシピ:人参葉の炒り煮


【材料】
  • 間引きニンジンの葉:適量
  • ごま油:適量
  • 醤油:適量
  • みりん:適量

Ninjinhaitame


(上記参考レシピによれば、醤油、みりんはともに、人参の葉100gにたいして大さじ1くらい)

【作り方】
上記参考レシピでは、成長したニンジンの葉を使っているので、ニンジンの葉を最初にサッと茹でます。
しかし、間引きニンジンの葉は柔らかいので、茹でなくてもOKです。 

Ninjinmabiki


  1. ニンジンの葉をみじん切りにする。

  2. フライパンに油を引いて、ニンジンの葉を炒める。

  3. ニンジンの葉に火が通ったら、醤油、みりんを加えて炒め煮する。

Ninjinha

熱々のご飯に乗せて食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

サツマイモ葉の簡単炒め

Itame

畑で採れたピーマンとサツマイモ葉を炒めてみました。(参考レシピ:さつま芋の葉 簡単炒め



【材料】
  • サツマイモの葉:10本位

  • ピーマン:5個

  • ちくわ:2本

  • 生姜のみじん切り:1かけ

  • 塩コショウ:適量

  • 油(炒め用): 大さじ1

Itame_satsuma_2


【作り方】
  1. サツマイモの葉柄を3cmくらいに切る。

  2. サツマイモの葉身をざく切りする。

  3. ピーマンを種付きで縦に1cm程度に切る。

  4. フライパンに油を入れ、生姜、葉柄、ピーマンを炒める。(1枚目の写真)

  5. 葉柄が柔らかくなったら、葉身を入れて炒める。

  6. 薄くスライスしたちくわを入れて炒める。(2枚目の写真)

  7. 塩コショウをかけて完成。(塩コショウではなく、つゆの素(大さじ1)でも可)

Itame_kanryou


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

アサツキはベランダ菜園に最適

Asatuki

会社の東側ベランダでアサツキを栽培しています。アサツキは半日陰でも育つので、ベランダ菜園にうってつけの野菜です。
20cmほど伸びたら、切り取って、納豆に混ぜたり、スープの具にしたりしています。(鶏・蒸しショウガスープで、ネギの代わりにアサツキを入れるなど・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »