« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月23日 (土)

なんちゃってタマゴサンド

Tamago

「得する人損する人」でやっていたこと。

  1. タマゴを器に割り、塩コショウを振り、軽くかき混ぜる。
  2. レンジで600W50秒。
  3. 取り出して再度軽く混ぜ、600W20秒。
  4. 4つ切りパンの真ん中に割れ目を作り、内側にバター、マヨネーズを塗り、タマゴを流し込む。

Tamago2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

完熟ゴーヤの食べ方(マヨサラダ)

Y_goya

ゴーヤは完熟すると皮は黄色く、種は赤いゼリーに包まれます。(参考記事:ゴーヤの種なぜトマトは赤く、ゴーヤやキュウリは緑なのか?
 
種の周りの赤いゼリーは甘く、そのまま食べても美味しいです。
 
黄色くなった皮は、緑のときと違い、苦みが無くなり、生でサラダとして食べられます。マヨネーズを付けるだけでも食べられますが、ほんの少し手を加えました。
 

参考レシピ:完熟ゴーヤのマヨサラダ

Ygoya

【材料】

  • 完熟ゴーヤ:1本

  • マヨネーズ:適量

  • 鰹節:適量

  • すりごま:適量

  • 醤油:適量

Yellowgoya

【作り方】

  1. ゴーヤは縦に半分に切って、わたをとり、薄切りにします。

  2. マヨネーズ、鰹節、すりごま、醤油を適量混ぜて、ゴーヤと和えます。

  3. 冷蔵庫でよーく冷やして、食べる直前に取り出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

都市農業と生産緑地

Seisan

2017年9月15日(金)の読売新聞朝刊に「都市農業と生産緑地の未来」という記事が載っていました。
 
都市農業を考える上で、非常に参考になる記事でした。
要旨は次のとおりです。

  • もともとは、政府は都市部にある農地を宅地化しようとしていた。1968年の都市計画法では、市街化区域にある農地などは概ね10年以内に宅地化することを定めた。

  • 市街化区域でも農業を続けたいという農家を少なくなかったため、そのような農家を保護するために、1974年に生産緑地法を作った。

  • 宅地の不足が深刻になったので、1991年の生産緑地法改正では、宅地並み課税の免除や相続税の納税猶予を認める条件として、「以降30年間農業を営む者だけ」という条件を付けた。

  • 多くの生産緑地が、2022年にこの30年間の営農義務期間を終える。これが「22年の生産緑地問題」である。

  • 人口減少時代になったので、宅地の需要が減ってきている。そこで、2017年の生産緑地法改正で、30年の期限が来る前に特定生産緑地の手続きをすれば、引き続き宅地並み課税の免除や相続税の納税猶予を受けられるようにした。

  • 都市農業の価格生産性は高い。1000ヘクタールあたりの農業産出額は全国平均18.9億円に対して東京41.9億円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

長くなったオクラのシンプル炒め

Longokura

スーパーで売っているオクラは7cm程度の長さに統一されています。オクラは大きくしすぎると固くなるからです。
 

(参考記事:10センチでも固くなるオクラと15センチでも柔らかいオクラがある理由

 
しかし、週末農業でオクラを栽培していると、畑に行ったらオクラが大きくなりすぎていたということはよくあります。
 
上の写真で最も大きなオクラは長さが27cmあります。
 
このサイズでも食べられる程度の柔らかさを保っている理由は二つあります。
 
一つは、「10センチでも固くなるオクラと15センチでも柔らかいオクラがある理由」で解説した「複数本立ち」です。もう一つは品種です。このオクラは丸オクラという品種で、通常の五角オクラよりも固くなりにくいのです。

とは言っても、やはり7cm程度のオクラと違って、生で食べるには固すぎます。
本当に固くなったオクラは包丁で切ることもできませんが、この程度の程度の固さならジャクジャク音を立てながらも切ることができます。

Ninniku

ジャクジャク切って、同じく畑で採れたニンニクと炒めました。(
参考レシピ:シンプルオクラ炒め
 
 
【材料】
  • オクラ:15本くらい
  • にんにく:6かけ
  • 日本酒:小さじ2
  • 塩:少々
  • 醤油:少々
  • 炒め油:適量

Okuraitame

【作り方】
  1. ニンニクを薄切りする。オクラは1cm程度に切る。
  2. 炒め油をフライパンに入れ、ます薄切りのニンニクを炒める。
  3. オクラを入れて、日本酒をかけて炒める。
  4. 塩をかけて、炒める。いたらOKです。
  5. 粘ってきたら、醤油をかけてオクラに香りをつける。

Okuraitame_2


包丁で切れないくらい固くなったオクラを食べる方法は「固くなったオクラを食べる方法」を参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

タマゴと電子レンジ

200W2分

Tamago

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

らっきょうの塩水漬け

Shio_rakkyo

7月に収穫したらっきょうの一部(下の写真)を塩水漬けにしました。
 
 

参考レシピ:らっきょうと新生姜の漬け方らっきょうの塩水漬け


【材料】
  • らっきょう:500g

  • 塩:50g

  • 水:らっきょうが浸かる量

Shio


【作り方】
  1. らっきょうを洗いながら、先端と根を切り落とし、薄皮も剥く。

  2. ポリ袋にらっきょうを入れ、塩を加え、混ぜ合わせる。

  3. 保存瓶に、塩をまぶしたらっきょうを入れる。

  4. 保存瓶に、らっきょうが浸る量の水を入れる。

  5. 10日間常温に置いておく。

  6. 10日もすれば、発行して水面に白い泡が出てくる。塩水を入れ替えて(その際の塩分は好みで)、冷蔵庫で保管する。

Shioduke


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

ジャガイモの二次生長

Kobu

スーパーで買うジャガイモは、みな形が整っていますが、ジャガイモを栽培していると、こぶができたようなイモができることがあります。
これは次のようなメカニズムで起きます。

  1. ジャガイモはイモが肥大するにしたがい休眠が深くなる。

  2. 高温乾燥が休眠を促す。

  3. 高温乾燥によって、一旦、休眠状態になったイモが、その後の降雨や低温で休眠が破れ、再度肥大することがある。 →これが「二次生長」。

  4. 二次生長の一つの形態が「こぶ」です。

二次生長は品種によって起きやすさに差があります。メークインは起きやすく、男爵は起きにくいです。(上の写真はメークインです。)
 
 

Jaga

二次生長には、こぶだけでなく、萌芽という形態もあります。
左の写真は萌芽したメークインです。
 
 

参考記事:新しくできたジャガイモから芽が出ていました

下の写真は、デジマです。(参考記事:デジマ
 

Dejimame


参考資料:二次生長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

東側ベランダでゴーヤとミニトマトを栽培しています

Goyahigashi

今年は会社の東側ベランダでゴーヤとミニトマトを栽培しています。
 
これまでに東側ベランダで栽培した野菜については、下記記事を参照してください。

Goyatomo

東側なので午前中しか日が当たりませんが、ゴーヤもトマトも成長しています。エアコンの室外機の上にプランターを置いているので、エアコンをつけると熱風が当たりますが、ゴーヤもトマトも影響を受けていません。
ゴーヤの小さな実ができています。

Goyaberanda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »