« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

立てて保存する法がよい野菜

Negi

畑で収穫したネギの白い部分と緑の葉を切って1日寝かせて置いておきました。
葉は写真のように上に曲がってきました。

たまに「野菜は立てて保存しろ」ということを聞きます。
その理由はこれなのです。寝かせておくと立ち上がろうとしてエネルギー(糖分、アミノ酸)を消費してしまって、まずくなるのです。

Negi2

但し、野菜すべてが立てて保存した方がよいわけではありません。
例えば、ジャガイモやサツマイモを立てて保存しようとする人はいません。地中にできるイモにとって、寝かせる方向はどちらでも同じです。
また、トマト、ナス、キュウリのようにぶら下がっている果実も、寝かせる方向はどちらでも構いません。
上下に敏感なのは背地性のある野菜です。
 
ホウレンソウやチンゲンサイ、シュンギクのように、地面より直接、茎が立ち上がり、葉が展開している、いわゆる葉菜類は、風などで倒れても、自然に立ち上がる背地性を持っています。植物の体内にはキチンと上下感覚が刷り込まれているのです。そのため、人の場合は、寝ている方が休まり、エネルギー消費量は少ないのですが、立ち型野菜は逆に、寝かせると立ち上がろうとして、エネルギーを消耗するのです。
(相馬暁著「野菜額入門」より)

尚、ネギの白い部分は一日で1cm程伸びます。

Negi3500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

紫キクイモの浅漬け

Kikuimo3

キクイモと大根の葉を浅漬けにしました。今回は普通のキクイモ(白キクイモ)ではなく、紫キクイモを使いました。
ダイコンやカブの浅漬けよりシャキシャキ(というよりもポリポリ)感があります。
【材料】
  • キクイモ:600g
  • 大根の葉:適量・・・今朝畑から取ってきました。
  • 塩:小さじ1.5
  • 味の素:小さじ0.5
  • 酒:ほんの少し
  • 白だし:小さじ2

Kikuimo

【作り方】
  1. キクイモを適当に切って、ポリ袋に入れる。(左の写真参照)
  2. 大根の葉をざく切りして、ポリ袋に入れる。
  3. 塩、味の素、酒、白だしを入れて、もむ。(下の写真参照)
  4. 空気を抜いて口をしばって、冷蔵庫で1~2時間ねかせる。

Kikuimo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

剪定された梅の枝

坂戸の畑に梅の木があります。
2週間ほど前に梅の木の所有者が枝の剪定をしていました。
切られた枝の中から数本をもらって、会社で花瓶にさしておきました。
このように美しく花開いてきました。

Ume0 Ume1 Ume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

寒さに強い野菜

Negi

数日前から日本海側は大雪だそうですが、東京でも厳しい冷え込みさが続いています。
1月15日(日)の朝、練馬の畑のネギの葉は触ってみると、アイスキャンデーのようにコチコチに凍っていました。
大根の葉も凍っていました。

Daikon

「野菜は凍ってしまったら、溶けた時には、食べられなくなる」といわれますが、練馬の畑のネギも大根も昼間には元通りになります。
野菜によって、低温障害が発生する気温が異なるようです。
 
 
(1)寒さに強い野菜(0℃近くでも枯死しない)
 以下の野菜が挙げられる。適温は生育適温(気温)、低温障害と霜害は障害が発生する気温を示す。
 
・ダイコン、カブ(適温:10~20℃、低温障害:-5℃)
・ネギ(適温:15℃前後、低温障害:-8℃)
・ラッキョウ(適温:18~22℃前後、低温障害:-5℃以下)
・ニンニク(適温:15~20℃前後、低温障害:不明)
(「菜園おじさんのエコ野菜づくり」より)
大根やネギは0℃以下になってもー5℃、あるいはー8℃まで耐えられるようです。
他に、ラッキョウやニンニクも寒さに強いです。
下の写真はニンニクです。

Ninniku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

1月中旬でも都心のベランダのサトイモは枯れていません

数日前から東京でも厳しい冷え込みさが続いています。数年に一度の冷え込みだとか・・・。
しかし、会社のベランダでは1月15日時点でも、まだサトイモもヤーコンも枯れていません。
都心(池袋)のビルの10Fでは冬も暖かいです。1月中旬の早朝でも5℃位はあります。
 

Tomo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

長ネギの葉でおつまみ

Negi_2

スーパーで売っている長ネギはたいてい葉は切られています。
たまに葉付きで売られているときもありますが、痛んでいたり、農薬の心配もあるので、捨てることが多いでしょう。
 
真冬でも畑では長ネギの葉は青々しています。 (参考記事:根深ネギの収穫可能な期間が長い理由

畑で採ってきた長ネギの葉を使って、一品作りました。 (参考レシピ:ネギの葉の部分を使ってツマミを作る!
 

Negi2

長ネギの葉は葉ネギの葉と異なり、生のままだとまずいですが、このようにすると美味です。
【材料】
  • 長ネギの葉:適量

  • ごま油:適量

  • 醤油:適量

Negi3

【作り方】
  1. ネギの葉を刻む。(2番目の写真参照)

  2. ごま油を垂らす。

  3. レンジで1分ほど過熱する。

  4. 醤油をかける。(3番目の写真参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

菊芋ナムル

Kikuimo

菊芋を使った簡単レシピです。
(参考レシピ:菊芋のナムルとぬか漬け

【材料】

  • 菊芋:大なら2個、中なら4個
  • 塩:ふたつまみ
  • ごま油:大さじ1/2

Kikuimo3

【作り方】
  1. 菊芋を洗って、千切りにする。皮はむかなくてもOK.
  2. 塩をふって、混ぜ、しばらく置く。
  3. ごま油をかけて、混ぜる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »