« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月28日 (金)

シソの実の佃煮

Tukudani3

畑で採れたシソの実を佃煮にしました。
(参考レシピ:簡単紫蘇の実の佃煮♪保存
アツアツのご飯にかけて食べると美味倍増です。

Shisonomi_2

【材料】
  • 紫蘇の実:300g
  • 砂糖:50g
  • 醤油:150㏄
  • 水:150㏄

Tukudani

【作り方】
  1. シソの実を洗います。
  2. 熱湯に1分ほど浸したのち、冷水にさらし、水を切ります。
  3. 砂糖、醤油、水を入れて汁が少し残る位迄煮詰めます。(10分位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

シソの実の醤油漬け

Shiso

シソは神草だと思います。
種をまかないのに毎年生えてきて、肥料も農薬も不要で、雑草にも負けずに成長し、しかも葉も実も美味しい!シソの実の醤油漬けを作りました。
(参考レシピ:シソの実の醤油漬け
左の写真は実がついている青シソです。
 

Shisomi

【材料】
  • シソの実:あるだけ(青シソでも赤シソでもよい)
  • 醤油:適量
【作り方】
  1. シソの実を採取し、洗い。水を切る。
  2. シソの実をビンに入れて、醤油を注ぐ。(全体が浸るまで)
  3. 一日おく。

Shisoshouyu

【利用例】
例えば、「酢キャベツでコールスロー」にまぜます。この場合、醤油味がついているので、塩は不要です。(下の写真参照)

Shusokyabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

キクイモの花

Kiku

坂戸の畑では普通のキクイモと紫キクイモを栽培しています。 普通のキクイモの花が咲きました。紫キクイモ(左の写真で一番左の株)の花はまだです。(写真は10月1日に撮影)
同じキク科のヤーコンの花もまだ咲いていません。
キクイモは2メートルくらいまで成長します。
キクイモは中心の幹から次々と枝が出てきます。

Kikuhana

Kikuimo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

すいおうとニンニクは相性が良い

すいおうの葉を持って池袋を歩いていると、台湾人から「その葉っぱ美味しいよ」と声をかけられました。その人によると、サツマイモの葉を茹でて、ニンニク+ごま油+味の素+塩 をかけて食べるのが、台湾の代表的な家庭料理の一つだそうです。

すいおうの葉を茹でて、ニンニク+ごま油+鶏がらスープの素+醤油 をかけて食べてみました。ニンニクとすいおうがの相性がこれほど良いとは思いもよりませんでした。

 

Kitarou

ニンニクは畑で栽培している喜太郎という品種を使いました。喜太郎は暖地向きの品種です。

【材料】

  • すいおう:200g(ちなみに、すいおう10本で約70g、そのうち葉身が約40g)
  • ニンニク:5片
  • ゴマ油:大さじ2
  • 醤油:小さじ1
  • 鶏がらスープの素:小さじ2

Suiouyude

【作り方】

  1. すいおうの葉柄を3cmくらいに切る。
  2. すいおうの葉身をざく切りする。
  3. ニンニクを潰し、それとゴマ油、醤油、鶏がらスープの素を混ぜておく。
  4. 沸騰したお湯に葉柄を入れて柔らかくなるまで茹でる。
  5. 葉身を入れて軽く茹でる。
  6. ザルで水を切り、冷水でしめ、ギューっとしぼる。
  7. 3をかけて、混ぜる。

Suiou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »