« 短形じねんじょ | トップページ | 玉ねぎの皮茶 »

2016年5月20日 (金)

甘夏の中果皮の味噌汁

Kawa0

「玉ねぎみかん「皮」を食べるだけで病気にならない(熊沢義雄著)」には次のように書かれています。

私たちのからだの中では、日々、小さな炎症があちこちで起きていて、その積み重ねが、やがて病気や老化へとつながっているのです。ですから、「炎症」を極力抑えることこそが、健康と若さを維持するためには、とても大切なのです。

そして、フラボノイドという成分が炎症を抑える力を持っていて、それは玉ねぎの皮とみかんの皮に多く含まれているそうです。

Kawa

甘夏の中果皮を味噌汁に入れてみました。

 
【材料】

  • 甘夏の皮
  • エンドウ豆
  • 味噌
  • ほんだし

【作り方】

  1. 甘夏の皮を広げ、ナイフで中果皮と外果皮に切り分け、中果皮はざく切りにする(一番上の写真)。外果皮は別途使用。
  2. 中果皮を味噌汁にいれる。(二番目の写真)
  3. 朝、畑で採れたエンドウ豆を入れる。(下の写真)

Kawaendo

|

« 短形じねんじょ | トップページ | 玉ねぎの皮茶 »

料理」カテゴリの記事

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/63699282

この記事へのトラックバック一覧です: 甘夏の中果皮の味噌汁:

« 短形じねんじょ | トップページ | 玉ねぎの皮茶 »