« 家庭菜園で大根を作る二つの利点 | トップページ | ヤーコンの甘酢漬けを作りました »

2014年1月18日 (土)

大根の上部は茎

Daikon

写真は今日家庭菜園で収穫した大根です。
驚きました。
一つの大根に3つの芽が出ています。
根の部分が複数に分かれることはよくありますが、3つに分かれて葉が伸びている大根は初めて見ました。

一つの種から三つの芽が出たってこと?
三つの芽が一つに合流したとは思えないし・・・。

その後、調べて、初めて知って感動したことがあります。

大根の太った白い部分の上部は茎で、中部と下部は根だということです。
一方、ニンジンは太った赤い部分全てが根です。

実際に育ててみると分かりますが、ニンジンは太った部分が全て地下に埋まっているのに、大根は上部が勢いよく地上に飛び出てきます。
また、ニンジンは太った部分の全てに小さなくぼみ(側根のあと)があるのに、大根は上部はつるつるで、中部、下部のみに小さなくぼみがあります。

この理由は「大根の上部は茎だから」だったのです!!
これが分かったときには感動しました。

つまり、ニンジンの太った部分は根なので下にのみ成長するのに対し、大根の上部は茎なので上にも成長し、地上に勢いよく出てくるし、その部分には側根が生えないのです。

また、茎だから、写真のように、複数の葉の起点が出てくることもあり得るわけです。

参考文献:植物形態学

|

« 家庭菜園で大根を作る二つの利点 | トップページ | ヤーコンの甘酢漬けを作りました »

野菜(アブラナ科)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根の上部は茎:

« 家庭菜園で大根を作る二つの利点 | トップページ | ヤーコンの甘酢漬けを作りました »