« 肉アピオス | トップページ | 都心はやはり暖かい »

2013年1月 9日 (水)

アピオスの種芋の保存と植え付け

私はアピオスを栽培して3年になります。
その経験を元にお話します。

アピオスは雑草化するほどたくましい面もありますが、意外とデリケートな
面も持っています。

(1)種芋の保存
アピオスは芋の状態では乾燥に極めて弱いので土に深く埋めておくことをおすすめします。
あるいは植木鉢の下の方に埋め、上に土をかけておき、土が乾かないようにします。
寒さには強いです。

(2)植え付け
3月になれば、株間15cmくらいで5~10cmの深さに埋めてください。
3cm程度の浅植えでも構いませんが、その場合は土の表面が乾かないように注意してください。
発芽には時間がかかります。5月位にようやくヒョロヒョロと細い芽が出てきます。
発芽後も初期の生育が遅いです。
したがって、どうしても失敗したくなければ、最初はポットで苗を作ることをおすすめします。

アピオスの種芋販売ページ:
    http://www.farvesta.com/?pid=52445312 
    http://www.nou-ka.com/main/show/849

P1010798

|

« 肉アピオス | トップページ | 都心はやはり暖かい »

野菜(マメ科)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/56503239

この記事へのトラックバック一覧です: アピオスの種芋の保存と植え付け:

« 肉アピオス | トップページ | 都心はやはり暖かい »