« 社内でカラフルフライドポテトを作りました | トップページ | 安納芋、白ニガウリ、インゲン豆を収穫 »

2012年10月 1日 (月)

半日陰ってどんなところ?

私ベランダ菜園をこれから始めたいという方に分葱(わけぎ)栽培をお薦めする理由の一つとして「半日陰でも大丈夫」があります。

さて、ここでいう「半日陰」とはどのようなところをいうのでしょうか?

「うちのベランダでも大丈夫かな?」と思われている方のために、「半日陰」の目安をご紹介します。
コンテナでできるはじめての野菜づくり(新星出版社)」からの引用です

「日なた」は、ほぼ1日中日が当たる環境で、5時間以上の日照時間がある場所と考えればよいでしょう。
「日陰」というのは、ほとんど日光が当たらない場所のことです。

「明るい日陰」「半日陰」というのは、日なたと日陰の中間の明るさの場所です。基本的には次のような場所のことをいいます。
・1日3~4時間程度の日照がある
・直射日光は当たらないが、反射光がほぼ1日当たる
・夏は木もれ日程度の日照で、冬は直射日光が当たる

Beranda

写真は慶本社の東側ベランダの様子です。
午前中だけ日が当たる「半日陰」です。

分葱とショウガ(後ろにある大きなコンテナ)を栽培しています。

分葱の植え付けは10月までなら大丈夫です。

私が栽培した分葱の球根を下記ページで販売しています。
  ⇒【普通郵便送料無料】【ネギの仲間☆】分葱(わけぎ)の球根【無農薬・有機栽培

|

« 社内でカラフルフライドポテトを作りました | トップページ | 安納芋、白ニガウリ、インゲン豆を収穫 »

野菜(ヒガンバナ科)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62022/55788324

この記事へのトラックバック一覧です: 半日陰ってどんなところ?:

« 社内でカラフルフライドポテトを作りました | トップページ | 安納芋、白ニガウリ、インゲン豆を収穫 »