2016年5月12日 (木)

サトイモの皮のチップス

Imokawa

隔月刊誌「やさい畑」(家の光協会発行 2015年春準備号)で、「サトイモの皮のチップス」が紹介されていました。サトイモの皮をサラダ油で揚げるというレシピです。

油を使わず、過熱水蒸気オーブンレンジを使って「サトイモの皮のチップス」を作ってみました。

【材料】

  • サトイモの皮

【作り方】

  1. サトイモの皮をむく。
  2. むいた皮に塩を振りかける。
  3. 過熱水蒸気オーブンレンジの揚げ物オート調理機能で揚げる。

Imokawa2

今まで捨てていたイモ皮が絶品のビールのつまみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

空き地でキクイモが自生していました

Kikuimo

坂戸の畑の近くの空き地でキクイモが自生していました。キクイモは逞しいです。

2本、掘り起こしてみました。やはりキクイモでした。

Kikuimo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

エシャレットのおかか和え

エシャレットは通常、味噌を付けて食べます。

他の食べ方はないだろうかと考え、「島らっきょうのおかか和え」を参考にして、作りました。

2パターンありますが、両方とも、単独ではなくご飯と一緒に食べるのがお勧めです。

【材料】

  • 畑で採れた小さめのエシャレット(スーパーで売っているものは大きすぎます)
  • かつお節
  • 桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」

Esha2

【作り方】

  1. 塩を振りかけて軽くもみ、1時間おく。
  2. かつお節をまぶす。このままでも美味しい。(上の写真)
  3. 桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」をかける。
  4. これはこれで美味しい。(下の写真)

Esha3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

汐留ネギ

Shiodome

汐留ネギを栽培しています。

ネギには、「白ネギ(根深ネギ・長ネギ)」と「青ネギ(葉ネギ)」があります。白ネギと青ネギの違いは、一つは栽培方法の違い(土寄せで軟白部分を長くするか否か)であり、もう一つはその栽培方法に適した品種の違いです。

(関連記事:根深ネギの部位

また、ネギには、分げつしやすい品種としにくい品種があります。白ネギとして栽培されているネギは分げつしにくい品種で、青ネギとして栽培されているネギは分げつしやすい品種です。

汐留ネギは、分げつしやすいネギです。青ネギとしても白ネギとしても栽培できます。

1pon

白ネギとして栽培する場合は、上の写真のように20cm位の穴を掘り、そこに株間15cmで2本ずつ植え付け(上の写真)、徐々に土寄せしていきます。

分げつしない白ネギ(「一本ネギ」と呼ぶ)は、下の写真のように株間5cmで植え付けますが、汐留ネギは分げつのスペースが必要なので株間15cmとします。

汐留ネギにはネギ坊主が出るのが通常の白ネギより1ケ月遅いという特徴もあります。

上の写真は、下仁田ネギのネギ坊主です。当園では3月中旬に出ました。それ以降は固くなります。

汐留ネギは4月以降も美味しいです。

Negibouzu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

菊芋の塩漬け

Kikuimo

知人からのいただきものです。

白菜漬けの漬け汁に菊芋を1カ月ほど漬けたそうです。

十分発酵していて、酸味があり、それでいてシャキシャキした菊芋らしい食感があります。

漬ける時には菊芋を丸ごとつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

越後ワケギの抽苔

Echigo

越後ワケギは夏に休眠しないワケギです。(普通のワケギは夏に休眠します。)

関連記事: 越後ワケギ、 越後ワケギ冷奴、納豆、 とう立ち

越後ワケギが抽苔しました。つまり、ネギ坊主をつけました。左は4月17日に撮影した写真です。

分球以外に種でも増えるのでしょうか?

普通のワケギは抽苔しません。アサツキは秋にも花を咲かせ、5月頃抽苔します。(アサツキの花

1pon

左の写真は一本ネギのネギ坊主です。1本ネギは、分げつも分球もせず、種だけで増えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

越のパール、越のレッド

Etsu

越のパール、越のレッドを栽培しています。

越のパールはラッキョウと葉ネギの種間雑種、越のレッドはラッキョウとタマネギの種間雑種です。

越のパール:

福井在来のラッキョウと浅黄系九条ネギを交配した世界で初めてのハイブリッドラッキョウ。外観はラッキョウと似ているが、味は独特の風味を持つ。
病害虫に強く、栽培は非常に容易である。
全体が食用可で油炒め、ヌタ等に向いている。

越のレッド:

福井在来のラッキョウと淡路中高黄タマネギを交配した世界で初めてのハイブリッドラッキョウ。外皮が透き通った赤紫色で1球重は「越のパール」に比べ重く、分球数は少ない。
病害虫に強く、栽培は非常に容易である。
全体が食用可で油炒め、てんぷら等に向いている。

( http://www.fukuiseeds.co.jp/products/yasai/healthy/healthy.html より)

上の写真で、真ん中が越のレッド、左が越のパール、右がエシャレット(若採りラッキョウ)です。越のパールとエシャレットは違いが分からないくらい似ています。

3種とも、葉は葉ネギと同じように食べられます。

越のパールの軟白部分は、エシャレット同様、味噌をつけて食べられます。

Red

越のレッドの軟白部分は生食だと少し辛すぎます。酢に数時間つければ美味しく食べられました。(左の写真)

下の写真は越のパールです。生えてるところのみでは、越のパールも越のレッドもエシャレットも区別がつきません。

Parl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

のらぼう菜の中華おしたし

 

Norabou

「のらぼう菜のごま和え」に続くのらぼう菜レシピです。 畑に自生している「のらぼう菜」を中華おしたしにしました。 (参考レシピ:のらぼう菜の中華おしたし

【材料】

  • のらぼう菜の葉茎
  • ごま油
  • ラー油
  • いりゴマ

Norabou2

【作り方】

  1. のらぼう菜の葉茎を茹でる。
  2. 冷水で冷やし、絞って水気を取る。
  3. ごま油とラー油をかけて、いりゴマをかけて、混ぜる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

今年もジャガイモの超浅植え栽培をしています

Asaue0

今年もジャガイモの超浅植え栽培をしています。

(関連記事:今年はジャガイモの「超浅植え」を試してみますジャガイモ超浅植え栽培のメリット

3月20日に種芋を植え付けて黒マルチをかぶせました。

Asaue

4月6日になると黒マルチがところどころ持ち上がっていました。

黒マルチの持ち上がっている部分をハサミで小さく切り取るとジャガイモの芽が姿を現しました。

Asaue2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

のらぼう菜のごま和え

Norabou

畑に自生している「のらぼう菜」をごま和えにしました。のらぼう菜は葉だけでなく蕾も茎も美味しいです。その意味では、同じアブラナ科のスティックブロッコリーと似ています。

(参考レシピ:のらぼう菜 基本のごま和え

【材料】

  • のらぼう菜:500g
  • 塩:少々
  • すり白ゴマ:大さじ10
  • 砂糖:大さじ2.5
  • 醤油:大さじ2.5

Norabouna

【作り方】

  1. 鍋に湯を沸かし塩少々を入れる。
  2. のらぼう菜をつけて1.5分茹でる。
  3. 冷水で締めた後、絞る。
  4. 3~4センチに切る。
  5. すり白ゴマ、砂糖、醤油を混ぜて、のらぼう菜と和える。

Norabou3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

アシタバの成長サイクル

Ashitaba

冬休眠していたアシタバが芽を出しました。(冬は根が凍らないように枯れ葉をかぶせていました。)

アシタバの成長サイクルは次のとおりです。

春と秋が生長期で新芽を食用できる時期です。夏(7~8月)は暑さのため生長がとまり、秋(9~11月)に生長、そして寒い冬(12~3月)は休眠します。

アシタバは多年草なので2~3年このサイクルを繰り返します。最後の年に夏ごろから先端に大きなつぼみをつけ、秋に小さい白い花がたくさん咲いたら種を取ることができます。

(「八丈島アシタバ頒布会」のパンフレットより)

 

アシタバの花を見てみたいものです。

アシタバはセリ科です。

セリ科の野菜として、他に、ニンジン、パセリ、セロリ、三つ葉などが挙げられます。皆、名脇Ashitaba2役の野菜たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

ヤーコンとわかめの酢のもの

Yakonsu_2

クックパッドで見つけた「ヤーコンとわかめの酢の物」をアレンジして作りました。

ほんの少しくせがあるヤーコンですが、この食べ方だと大好きになります。

 
【材料】

  • ヤーコン:2本位
  • わかめ:ひとつかみ
  • かにかまぼこ:2本
  • 酢:適量
  • 水:適量
  • 白だし:適量

Yakonsu

【作り方】

  1. ヤーコンは皮をむいて太目の千切りにする。
  2. 水につけて、10分くらいアクを抜く。
  3. アクで緑色になった水を捨てて、さらに酢水で10分くらいアク抜きと一緒に味付けもする。
  4. わかめを切って皿によそる。
  5. ヤーコンの水気を切って、わかめの上に乗せる。
  6. カニカマをのせる。
  7. 白だしをかけて、混ぜる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

大根の葉ともやしのナムル

Namuru2

大根の葉もったいないレシピ第3弾です。(第1弾:大根の葉の味噌汁、第2弾:大根の葉で混ぜご飯

参考レシピ:おいしい大根の葉ともやしのナムル、 大根の葉ともやしのナムル

【材料】

  • 大根の葉:1本分
  • もやし:250g
  • 鶏がらスープの素:小さじ2分の1
  • 塩:小さじ1
  • すりごま:大さじ3
  • 砂糖:小さじ1

Namuru

【つくりかた】

  1. 沸騰したお湯でもやしを5分茹でる。
  2. 大根の葉をいれて、1分茹でる。
  3. 水を切る。
  4. 調味料と混ぜる。

Namuru1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

大根の葉で混ぜご飯

Daikonmaze2

大根の葉を捨てるなんてもったいない!大根の葉の味噌汁 に続く、大根の葉レシピです。

(参考レシピ: 超簡単!大根の葉で混ぜご飯 )

【材料】

  • 大根の葉:1本分
  • ツナ缶:1缶(70g)
  • ごま油:大さじ1
  • めんつゆ:大さじ3(ストレートタイプの場合)
  • Daikonmaze1_2

  • 【作り方】

    1. 大根の葉を細かく刻む。
    2. フライパンにごま油をひいて大根の葉を炒める。
    3. 大根の葉がしんなりしたら、ツナを入れ炒めます。
    4. めんつゆを入れて、汁気が無くなる程度に炒める。
    5. ご飯に混ぜる。

    Maze

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年2月11日 (木)

    里芋の煮ころがし

    Nikorogashi

    畑で採れた里芋を煮ころがしにしました。(参考レシピ:里芋の煮ころがし

    簡単で美味しい、里芋の鉄板レシピです。独特のぬめりがいかにも体に良さそうな感じがします。

    【材料】

    • 里芋:約10個
    • 水:里芋がひたる位
    • 酒:大さじ2
    • 砂糖:大さじ1
    • 醤油:大さじ2
    • みりん:大さじ2

    Nikorogashi2

    【作り方】

    1. 里芋は皮をむいて、大きいものは2,3個に切る。
    2. 鍋に、水と調味料を全部入れる。
    3. 落とし蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火にしてコトコト10分くらい煮込む。 (落とし蓋が無ければ上の写真のようにアルミホイルで代用可)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年2月 5日 (金)

    すいおうの芋は意外と美味しい

    Suiou

    すいおうの芋を蒸し焼き芋にしました。(「電子レンジで甘い焼き芋を作るコツ」参照)

    すいおうの芋はまずいと聞いていました(Yahoo知恵袋の記事)が、美味しかったです。但し、皮は厚くて硬かったです。

    紅アズマや紅ハルカは皮が薄く、実と一緒に食べれますが、すいおうは食べるときに手で皮をむく必要があります。

    Suiou_beni

    左の写真で赤い芋は紅ハルカ、白い芋はすいおう。さすがに紅ハルカほどは甘くありませんでしたが、すいおうもそこそこ甘かったです。紅ハルカについては、「三島ファームさんの「べにはるか」」を参照してください。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年2月 1日 (月)

    ヤーコンの鉄板レシピ:きんぴら

    Kinpira3

    ヤーコンの鉄板レシピはきんぴらです。ヤーコンのシャキシャキ感とほのかな甘さが生きるレシピです。クックパッドで検索すると、ヤーコンのきんぴらには様々なやり方があります。それらのいくつかを試した上で、「簡単ヤーコンのきんぴら」をお勧めします。

    下記ではそれを若干アレンジしてご紹介します。

    Kinpira

    【材料】

    • ヤーコン:1、2個
    • にんじん:1 本
    • つゆ(濃縮3倍):大さじ2
    • みりん:大さじ1
    • ほんだし:小さじ1
    • 炒りごま:大さじ1
    • 胡麻油:大さじ1

    Kinpira2

    【作り方】

    1. ヤーコンの皮をむき、粗目の千切りにする。
    2. ヤーコンは10分ほど水につけて、アクをぬく。
    3. 人参も千切りにする。
    4. フライパンに胡麻油を入れて、最初に人参を3分位炒める
    5. ヤーコンを入れて2〜3分炒める
    6. つゆ、みりん、ほんだしを加え、汁気が無くなるまで弱火で煮詰める。
    7. 炒りごまを散らす。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年1月20日 (水)

    大根の葉の味噌汁

    Daikonha

    冬の露地栽培でも大根は青々とした葉を保っています。そして、大根の葉には多くの栄養が含まれています。

    大根やにんじんの葉には、βカロチン、ビタミンC、抗酸化ビタミンE、ビタミンK、葉酸などのビタミンや、カリウム、カルシウムなどのミネラルといった多くの栄養素が含まれています。(平山一政著「平山式健康食革命」より)

    ところが、通常、大根は葉を切り落として販売されます。おそらく輸送コストの問題だと思いますが、・・・。

    畑でとれた大根の葉を味噌汁に入れました。(参考レシピ:大根のおみそ汁

    【材料】

    • 大根の葉:適量
    • 油揚げ:1枚
    • ほんだし:小さじ2
    • 水:1200cc
    • 味噌:大さじ4

    Daikonmiso

    【作り方】

    1. 大根の葉を5cmくらいに切る。
    2. 油揚げを細切りにする。
    3. 鍋に水とほんばしを入れて煮立てる。
    4. 大根の葉と油揚げを入れて煮る。
    5. 味噌を入れる。

    Daikonha3

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ピーラーグローブ

    Pira Pira2

    100円ショップで安くて便利な優れものを見つけました。ピーラーグローブです。厚手のゴム手袋ですが、手の平にゴツゴツした小さな突起がついています。これをつけて、ヤーコンやサトイモの皮をこすると、簡単に皮がむけます。

    右手用と左手用が別々に売られていて、両方そろえても216円です。

    ピーラーグローブで皮をむいたヤーコン(↓)

    Yakon2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2016年1月11日 (月)

    ヤーコンの糠漬け

    Yakon

    畑で採れたヤーコンを糠漬けにしました。右の写真は掘り上げた時のヤーコンです。一つの株にたくさんの芋がついています。

    【作り方】

    ヤーコンの皮をむいて、糠に漬けるだけです。アク抜きは必要ありません。

    1週間ほど漬けました。

    Yakon3

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    «夏が旬の葉野菜