2017年6月25日 (日)

土壌のPH値とアジサイの花

Ajisai

自宅の近くの公園でアジサイが花を咲かせていました。
アジサイの花は咲きだしたころは白ですが、やがて美しいアジサイ色になっていきます。
でも、アジサイ色って何色でしょうか?
 
アジサイの花の色はピンクから青までバリエーションがあります。
この違いは品種による違いの場合もありますが、同じ品種でも色に違いが出ます。
写真の花は、薄紫からピンク系で、青系とは言えません。

Ajisai2

アジサイの花はアントシアニンという色素によって発色します。
 
そして、土中のアルミニウムがアントシアニンと結合すると青系の色になりやすく、アルミニウムを吸収しないと赤系の色に色づきやすいそうです。
 
そして、アルミニウムが紫陽花の根に吸収されるかどうかは、土壌のPH値が関係してきます。アルミニウムは酸性の環境で溶け出し、吸収されやすくなります。

Ajisai3

土壌のPH値は野菜の生育にも影響します。
 
弱酸性(PH5.5~6.0)を好む野菜は、サツマイモ、ショウガ、ニンニク、ジャガイモ、ラッキョウ等です。一方、微酸性~中性(PH6.5~7.0)を好む野菜は、エンドウ、ホウレンソウ、サトウキビ菜等です。他の多くの野菜は、その中間にあります。
 
昔はアジサイで土壌の酸度診断をしていたそうです。
昔の農家は、畑に一株のアジサイを植え、花の色を見て石灰の施用量を決め、その技術は親から子へと伝えられていた。昭和二十年代までは、それが行われていた。
農業近代化の名のもとに基盤整備が行われ、畑の区画を大きくすることで抜かれて捨てられたり、機械化に邪魔になるとのことで消えていった。

(農文協編「土をみる 生育をみる」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

本格的なトマトハウス栽培

Tomato

東京都練馬区の大泉学園にある某農家を訪問しました。
そこではハウスでトマト、キュウリを栽培しています。また、露地でも、ジャガイモ、エダマメ、トウモロコシ、ナスなどの野菜を栽培しています。(下の写真2枚ともは露地でのトマトです。)
 
本格的なトマトハウス栽培を見たのは私としては初めてでした。
露地ではトマトの受粉は風や虫がやってくれます。しかし、ハウスでは風も虫も少ないので、人工的に受粉を助ける必要があります。
 
一つの方法は、ハウス内にマルハナバチを放つことです。 (参考記事:こだわりトマトのとまとやよずべぇ(2)
 
マルハナバチはミツバチと異なり、人を刺しません。
しかし、マルハナバチも万能ではありません。
暑くなると動きが鈍くなるのです。春に購入して、ハウスに放っても、夏になると死んでしまいます。
 
マルハナバチを使用しない方法としては、ホルモン剤の使用があります。花にホルモン剤を吹き付けるのです。
この農家では、ハウスによってマルハナバチとホルモン剤を使い分けていました。
 
12月に定植し、8月位まで実を成り続けるそうです。
最後は4~5メートル位まで伸びるので、誘引は支柱ではなく、紐で行い、斜めに倒して育てます。
ハウス内の写真を撮ることを失念したので、このページで写真をお見せすることはできませんが、トマト 吊る 誘引 画像」で検索すると様々な画像を参照できます。(例:つりっこ

Tomatoha

写真は露地のトマトです。
下の葉が丸まっていることが分かります。
これは窒素分が十分にあることを示しています。
したがって、この状態では追肥はしません。
 
ハウス内では水、肥料は全て計画的にパイプで運ばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

ヤングコーン

Tomorokoshi

トウモロコシは一番上についた実のみを残し、他は小さいうちに切り取ります。小さいうちに切り取った実がヤングコーンです。今日は4本切り取りました。
 
外側の皮はむきますが、内側の皮は少し残し、ラップで包みます。(下の真ん中の写真)
 
電子レンジで600W2分で加熱します。

その後、皮を全て取り、調味料なしで、そのまま食べます。(下の一番右の写真)
甘くておいしいです。

Yang Ycorn Ycornrenji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさつきを酢味噌和えにしました

Asatuki

畑で採れたあさつきを酢味噌和えにしました。

【材料】
  • 味噌:大さじ1.5
  • みりん:大さじ1
  • 酢:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1

Nabe

【作り方】
  1. 掘り上げたあさつきの葉と根を切り取り、水で洗う。
  2. 鍋で湯を沸かし、沸騰したところに少し塩を入れてからあさつきを入れて1〜2分茹で、水にとる。
  3. ざるにあけて、水気を切る。
  4. 皮をむく。
  5. 味噌、みりん、酢、砂糖で酢味噌を作る。
  6. あさつきに酢味噌をかけて出来上がり。

Asa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

島らっきょうを塩漬けにしました

Shima

島らっきょうの収穫は4月~6月に行います。畑で採れた島らっきょうを塩漬けにしました。
下の写真は収穫したばかりの島らっきょうです。
尚、この時期の島らっきょうは葉も味噌汁などで食べられます。

【材料】
  • 島らっきょう
  • 塩:お酒のおつまみなら島らっきょう100gにつき3g、ご飯のおかずなら4g
  • かつお節

Shimar

【作り方】
  1. 葉と根を切る。
  2. 洗いながら、皮を1枚むく。
  3. 水に半日さらす。
  4. 水気を切る。
  5. ビニール袋に島らっきょうを入れ、塩をまぶして、シャカシャカ振る。(左の写真)
  6. 空気を抜いて閉じ、冷蔵庫で1日以上寝かす。
  7. 器に盛り付けかつお節をかける。 (下の写真)

Shimakaka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

つるありエンドウ、つるなしエンドウ

Turuari

エンドウには「つるありエンドウ」と「つるなしエンドウ」があります。しかし、私はこの呼び方に違和感を持っています。
 
「つる」とは、支柱などに茎が巻きつくことです。インゲン、アピオスなどがは、つるを持っています。
 
一方、キュウリ、ゴーヤにはつるはなく、巻ひげをネットなどに絡ませて伸びていきます。
先ほど、「インゲン豆はつるを持っています」と書きましたが、正確には、インゲンには「つるあり」でも「つるなし」があり、「つるあり」は本当につるがあり、「つるなし」は本当につるがありません。
 
 
エンドウは「つるあり」でも「つるなし」でも、つるはなく巻きひげのみ持っています。「つるあり」と「つるなし」の違いは背丈のみです。
    

Turunasi

上の写真は、つるありエンドウ。
巻きひげをネットに絡ませ、120cmくらいまで伸びます。
 
    ↑
下の写真はつるなしエンドウ。
背丈が60cm~70cm程度にしかなりません。巻きひげで相互に絡みあいます。トンネルの支柱間に紐を張り、誘引します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

カラスノエンドウ茶

Karasuカラスノエンドウは食べられます。

 

(参考記事:カラスノエンドウ
その上、体にも良いそうです。
カラスノエンドウは食用としておいしく食べられるだけでなく、含まれている成分は体の健康に作用する効果があります。主な成分は「クエルシトリン」「アピイン」「ビタミンB1」です。
「カラスノエンドウ」は健康にもいい?おすすめレシピもあわせてご紹介! より)
カラスノエンドウの一番簡単な利用方法はお茶です。
畑に生えているカラスノエンドウをお茶にしてみました。
 

Karasucha


【材料】
カラスノエンドウ
 
【作り方】
・カラスノエンドウを洗い、干し網に入れて、乾燥させる。
・適当に切って急須に入れる。(見た目も緑茶の茶葉に似ています。)
・お湯を注ぐ。
色も緑茶そっくりです。玄米茶のようなマイルドな味がします。

Karasuendo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

ジンチョウゲ(?)

Jin

5月7日に練馬区の公園で見かけた白い花。
良い香りを放っていました。
ジンチョウの一種だと思うのですが、本などには「ジンチョウゲの開花期は3月~4月」と書かれているので、やや遅いような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

白キクイモと紫キクイモの苗

Murasaki

左の写真はキクイモの苗です。
紫キクイモのポットには「ムラサキ」の名札を刺しています。(奥の4つです。)
名札なしの手前の5つが白キクイモ(普通のキクイモ)です。
紫キクイモの方が葉の色がほんの少し濃い感じがします。
紫キクイモの方がやや発芽が遅く、そのため苗の生育も遅れます。
下の写真は去年の10月8日に撮った写真です。
左の1本が紫キクイモ、その他は白キクイモです。
紫キクイモは花が咲くのも遅いです。

Kiku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

モクレンの花

Mokuren

坂戸の畑のそばで咲いていたモクレンの花。

モクレンは葉が小さいうちに、大きな花を咲かせます。
高さは3~5メートル程度まで育ちます。

Mokurenki_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

おやつに食べるにしては大きすぎるサツマイモを干し芋に

Hosi

おやつに食べるにしては大きすぎるサツマイモを干し芋にしました。
(参考レシピ:市販品に負けないぞ~!!黄金色の干し芋
【材料】
大きめのサツマイモ
【作り方】
まず、炊飯器か電子レンジで甘い蒸し芋を作ります。蒸し芋の作り方は、次のページを参照してください。
炊飯器でさつま芋を調理
電子レンジで甘い焼き芋を作るコツ
 

Hositeru

次に、5ミリ位にスライスし、干し網で約1日干します。(途中で一度裏返します。)
上の写真は、干し網で干している様子です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

カラスノエンドウ

Karasu

カラスノエンドウは都会でもよく見かける雑草です。
練馬区のマンションの花壇でカラスノエンドウが元気よく密生していました。
(参考記事:カラスノエンドウ
カラスノエンドウは農家の畑よりもむしろ荒地によく生えます。
カラスノエンドウは、硝酸態窒素が10a当たり1kg前後しか含んでいないような土壌に多く発生する
(農文協「土をみる生育をみる」より)

Karasu2

ところで、カラスノエンドウは食べることもできるそうです。しかも体に良いそうです。
今度試してみます。
 

カラスノエンドウは食用としておいしく食べられるだけでなく、含まれている成分は体の健康に作用する効果があります。主な成分は「クエルシトリン」「アピイン」「ビタミンB1」です。
「カラスノエンドウ」は健康にもいい?おすすめレシピもあわせてご紹介! より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

ジャガイモの芋はごく初期から発生している

Jaga

サツマイモの芋は根が太ったものですが、ジャガイモの芋は茎が太ったものです。 
ジャガイモは種芋から地下茎が伸び、そこに幾つも芋ができます。
(参考記事:ジャガイモの芋の付き方がよく分かる写真
そして、芋を作る茎は極めて早い時期から発生します。
左は芽かきをした芽です。既に地下茎が伸び、先に小さな芋ができています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

菊芋の生命力

Kikuimo

菊芋は生命力の強い植物です。(参考記事:空き地でキクイモが自生していました
菊芋を収穫し終わった畝を耕していると、土の中に残った根からも芽が出ていました。
 

Kikuimokakera

こんなに小さな欠片からも芽が出ていました。

Kikuimote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

矩形じねんじょすりおろし+かちゅー湯

矩形じねんじょをすりおろし、かちゅー湯にいれました。

参考レシピ:すりおろし山芋のお味噌汁
参考記事:かちゅー湯

Jinennjo_2

【材料】
  • 矩形じねんじょ
  • だしの素
  • かつお節
  • 蒸しショウガ
  • バラ干しのり

Jinennjosuri


【作り方】
  1. 矩形じねんじょをすりおろす。
  2. その上に、かつお節、バラ干しのり、だしの素、蒸しショウガ、味噌を入れ、熱湯を注ぐ。

Kachu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ツバキの花

Tubaki Eda_2

Kamidana

坂戸の畑では2月~4月にかけて椿が花を咲かせます。
蕾がついた枝を切り取り、会社に持ち帰り、花瓶に活けました。
また、榊の代わりに神棚にお供えしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

菊芋クリームシチュー

Kikuimo4

ジャガイモの代わりに菊芋を使い、クリームシチューを作りました。
 
【材料】
  • 濃くの贅沢シチュークリーム(ハウス食品):1箱
  • 豚肉(鶏肉でも可):300g
  • 玉ねぎ:2個(400g)
  • 菊芋:300g
  • ニンジン:1本(200g)
  • 水:800ml
  • 牛乳:300ml

Kikuimo2

【作り方】
  1. 厚手の鍋にサラダ油を熱し、具材を炒める。
  2. 水を入れ、煮込む(沸騰後約15分、弱火~中火)
  3. 火を止め、ルウを割り入れて溶かす。
  4. 弱火で時々かき混ぜながら、約5分煮込む。
  5. 牛乳を入れてさらに約5分煮込む。

Kikuimo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

矩形じねんじょのポン酢漬け物

Yama

1月末に「短形じねんじょ」を収穫しました。
それを、ポン酢を使って浅漬けにしました。(参考レシピ:長芋のぽん酢漬け物
← 収穫した矩形じねんじょ
 
【材料】
  • 矩形じねんじょ:200g
  • ポン酢:大さじ2

Yamaimo

【作り方】
  1. じねんじょの皮をむいて、短冊に切り、ポリ袋に入れる。
  2. 上記ポリ袋にポン酢を入れて、軽く揉む。
  3. 冷蔵庫で数時間置く。
  4. できあがり

Yamaimo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

みかんの皮の蜂蜜漬け

Yog

みかんの皮を蜂蜜漬けにしました。
今回は外果皮のみを使いましたが、皮全体でも中果皮のみで作る場合もあるようです。
 
パンに塗ったり、ヨーグルトのトッピングにしたり、紅茶に入れたりします。
 
美味しいだけでなく、柑橘類の皮には驚きの抗炎症パワーがあります。
 
参考記事:
 
 
【材料】
  • みかんの皮
  • 蜂蜜
【作り方】
  1. 包丁で中果皮と外果皮に分ける。
  2. 外果皮をせん切りにする。
  3. 容器に入れて、蜂蜜を加え、混ぜる。

Jam

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

国産のレモンが手に入ったので、蜂蜜漬けにしました

国産のレモンが手に入ったので、蜂蜜漬けにしました。(参考レシピ:レモンの蜂蜜漬け!無添加!簡単!
紅茶に入れるとGood!
普通のレモンティーのレモンは皮が苦くて食べられませんが、蜂蜜漬けのレモンは皮が美味しいです。
美味しいだけでなく、柑橘類の皮には驚きの抗炎症パワーがあります。
参考記事:酢ヤーコン+はれひめの外果皮+陳皮塩甘夏の中果皮の味噌汁

Remon

【材料】
  • レモン:5個
  • ハチミツ:500g
【作り方】
  1. レモンを洗い、薄く輪切りにする。(タネは取る。)
  2. 瓶にレモンを入れる。(最初の写真参照)
  3. レモンが浸る程度に蜂蜜を入れる。(二番目の写真)
  4. 冷蔵庫に入れて保存。(1週間後くらいから食べられる。)

Remonduke

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«立てて保存する法がよい野菜