2019年1月14日 (月)

菊芋チップス

Kikuimo

菊芋チップスを作りました。
 
ほんのりとした甘みがありますが、太りません。
 
なぜなら、菊芋はデンプンをほとんど含まないからです。
 
主成分は多糖類イヌリンを含む食物繊維。(イヌリンは血糖値をほとんど上げないため「天然のインシュリン」とも言われます。)
 
カリウム、カルシウム、マグネシウムも多く含まれます。
 

参考記事:【家庭菜園応援企画】菊芋の種イモ【無農薬・有機栽培】

Hoshi

【材料】菊芋:適量


【作り方】
  1. 菊芋を洗う。(菊芋はデコボコしているので、歯ブラシなどを使うと汚れが落ちやすいです。)

  2. 3ミリ~5ミリに薄く切る。

  3. 干す。

  4. 食べるときに好みで塩をふる。

Kiku_hosu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

食品表示(栄養成分表示、アレルギー表示、栄養機能食品)

2016年に施工された食品表示法により、加工食品の栄養成分表示が義務化されました。
 
下は丸大食品のフィッシュソーセージの包装紙です。これを例にして食品表示について解説します。(関連記事:JASマーク、有機JASマーク

Fish


2016年4月1日に施行された食品表示法は、それまで食品衛生法、JAS法、健康増進法の3つでそれぞれ定められていた食品表示に関する規定をひとつの法律にまとめたもの。併せて加工食品の栄養成分表示が義務化され、ナトリウム表記は食塩相当量に変更。他にもアレルギー表示や製造所固有番号のルールなどが変更された。(「日本農業検定1級テキスト」より)

下の画像でも、栄養成分表示が見られます。また、ナトリウムの食塩相当量が記載されていることが分かります。

Fish_eiyou


また、一番下の画像にはアレルギー表示が見られます。


機能性の表示や栄養成分の機能の機能の表示ができる食品には、特定保健用食品(通称:トクホ)、機能性表示食品、栄養機能食品があります。
 
上の画像では、この食品が栄養機能食品であることが分かります。

Fish_are


 

栄養機能食品 1日に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給補完のために利用される食品。すでに科学的根拠が確認された栄養成分が、定められた上・下限値にある食品であれば、特に届け出をしなくても機能性を表示できる。(「日本農業検定2級テキスト」より


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

西南のひかりとβ-クリプトキサンチン

Seinan

β-クリプトキサンチンとは、骨密度低下予防効果のある機能性成分です。
 
β-クリプトキサンチンは、温州みかん(「オンシュウミカン」ではなく「ウンシュウミカン」と読みます)に多く含まれますが、面白いことに、オレンジやグレープフルーツにはあまり含まれないそうです。
 
 
参考文献:


Hikari

ミカン類の中でも、西南のひかりは、とりわけ多くのβ-クリプトキサンチンを含んでいます。(写真は、西南のひかりです。)

 
果肉中100g当たりに含まれるβ-クリプトキサンチンは、西南のひかりが2.29mg、太田ポンカンが0.68mg、はれひめが0.82mgだそうです。
 
(出典:「品種詳細 西南のひかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

坂戸と向山

坂戸の畑の方がよく育つ作物
  • 広い面積が必要だから: カボチャ、菊芋
  • 越冬が必要だから: ニンニク、タマネギ、アサツキ、ラッキョウ
  • 宿根性だから: ニラ
  • 土が固くても根が強いから: モロヘイヤ、オクラ
向山の畑の方がよく育つ作物
  • 土が深くまで耕されているから?: ヤーコン、ダイコン
  • 雑草、虫が少ないから: 葉物野菜、枝豆
  • 高い支柱を立てられるから: アピオス、キュウリ、トマト等支柱野菜
  • 毎日見れるから: 苗一般
両方同じくらいよく育つ作物
 サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

豚肉・長ネギ鍋

Buta

畑で長ネギが採れたので、豚肉と長ネギだけで鍋を作ってみました。
 

【材料】
  • 豚バラ:200g

  • 長ネギ:2本

  • 和風顆粒だし:小1

  • 水:300g

Butanegi

【作り方】
  1. ネギ1本目は、1cm程度に斜め切り。

  2. ネギ残り1本は小口切り。(今回は緑の部分もつかいました。)

  3. 豚バラは食べやすい大きさに切る。

  4. 鍋に1cm幅のネギを半分乗せ、その上に豚肉を乗せ、さらにネギ、豚肉の順に交互に乗せる。

  5. 和風顆粒だし(小1)をかける。

  6. 水300ccを入れ、煮立たせる。

  7. ふたをして5分くらい煮る。

  8. 小口に切ったネギを乗せる。

  9. 器に取り、ぽん酢をかける。

Butaneginabe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

マメ科植物と根粒菌の共生関係

Konryuu

マメ科植物の根には小さなコブがたくさんついています。
 
このコブは根粒と呼ばれ、この中には莫大な数の根粒菌が住み着いています。
 
土の中にいた根粒菌がマメ科植物の根毛から入ると、マメ科植物は根粒菌の住処となるよう自らコブを作り、そこに根粒菌を迎い入れます。

Konryu_kakudai



以下はエダマメの根粒菌についての説明ですが、「エダメマ」を「マメ科植物」に置き換えて読んでください。
 

根粒菌は空気中の窒素を取り入れて、作物が利用できる形に変えてエダマメに供給します。その代わりにエダマメは、光合成で作った炭水化物を根粒菌に供給します。このように、異なる種の生物が互いに関係を持ちながら同じ場所に生活することを共生といいます。

(「日本農業検定3級テキスト」より)



上2枚の写真は落花生の根粒、下の写真はエダマメの根粒です。

Konryu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

ピーマン・ツナ炒め(その2)

Piman

畑で大量のピーマンを収穫したときのためのレシピです。
 
2018年9月7日の「ピーマン・ツナ炒め」も良かったのですが、生姜を使うこのレシピも良いです。
 

参考レシピ:ピーマン大量消費!ピーマンとツナ炒め♪


【材料】
  • ピーマン:10~12個
  • ツナ缶:2個
  • しょうゆ:50cc
  • 本みりん:50cc
  • 生姜::一かけら
  • かつお節:一握り

Piman_tuna


【作り方】
  1. ピーマンを幅2~3mmに切る。
  2. 生姜をする。
  3. フライパンにツナ(ツナ缶の油も一緒に)を入れる。
  4. 生姜を入れる。
  5. ざっくり炒めたらピーマンも入れる。
  6. ざっくり炒めたらしょうゆと本みりんも入れて炒める。
  7. かつお節を入れて混ぜる。

Piman_itame



 
 
尚、ピーマンを切るときにワタや種は捨てないまま切り、炒める方が栄養的には良いです。
 
 

ピーマンの苦みのもととして捨てられてしまうワタと種、実は血液サラサラ効果成分「ピラジン」の宝庫なのです。
(東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

キクイモ(タキイ種苗)

タキイ種苗「人気セレクション」2018秋まき野菜&特選商品Kikuimo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

そば屋のかつお節の出し殻を肥料に

Katuo

私は、しばしば農家さんにボランティアとして伺います。
  
10月上旬に東京都練馬区の農家さんに伺ったところ、庭にゴザが敷かれ、そこで何かを干していました。


「あれは何ですか?」と尋ねたところ、「近所のそば屋さんが、かつお節の出し殻を持ってくるんですよ。干して、肥料として使います」とおっしゃっていました。

魚粕(ぎょかす)は昔から有機肥料として使われています。
 

Katsuo

ものの本によれば、魚粕は「窒素(
N)-リン酸(P)-カリ(K)=8%-4%-0%、有機物70%」だそうです。窒素分の豊富な有機肥料です。
 
 
関連する記事:「有機肥料」、「牛ふん堆肥」、「化成肥料の基本



Katuobusi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

モロヘイヤの花と実

Moro

スーパーでモロヘイヤの葉を買う人の多くは、植物としてのモロヘイヤの全体像をイメージできていないと思います。
 
モロヘイヤどのように生えているのかについては、「2.5メートル以上に成長したモロヘイヤ」を参照してください。
 
今回は、モロヘイヤの花や実はどのようなものか紹介します。

Morosaya

モロヘイヤはオクラ、芙蓉、綿と同じアオイ科です。オクラ、芙蓉、綿は大きく美しい花を咲かせます。

(「オクラの花」「ワタの花と実」「練馬区石神井町の空き地の芙蓉」参照)

一方、モロヘイヤは、小さく可憐な黄色い花を咲かせます。

そして、花は細長い実となります。このあたりは、オクラと似ています。

しかし、オクラと違い、モロヘイヤの実(サヤと種)には猛毒が含まれています。

Saya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました

練馬区石神井町の空き地に芙蓉が自生していました。(下の写真は10月8日に撮影しました。)


Wikipediaには「中国、台湾、日本の沖縄、九州・四国に自生する。日本では関東地方以南で観賞用に栽培される。」と書いてありますが、東京でも自生している姿をたまに見かけます。


池袋の劇場通りでも自生していて、毎年花を咲かせています。(参考記事:池袋の劇場通りのフヨウ(芙蓉)


Fuyou Huyou


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

ラッカセイの実の生り方

ラッカセイの実の生り方を解説します。
 

参考文献:ラッカセイの育て方・栽培方法

 

Rakkahana

 
(1) 夏から秋にかけて、小さな黄色い花を咲かせます。

左の写真でも下の方に二つ咲いています。
花は翌日にはしおれます。

(2) 開花後3日目に子房柄が伸び始めます。

Rakka

(3) 花は枯れて脱落し、尖った子房柄が地面に向かって伸びます。
  
(4) 子房柄が土に潜ります。
 
(5) 土に潜った子房柄の先端部が土の中で肥大します。
 
 
左の写真は土に埋まった子房柄を少し持ち上げたところ。尖ってまっすぐに伸びている子房柄とほんの少し肥大し始めた子房柄が見えます。

(6) 10月下旬か11月上旬に収穫します。

Rakkasei

ラッカセイはマメ科なので、根にはびっしりと根粒ができています。


マメ科の根粒についての参考記事: エンドウ豆の根粒 カラスノエンドウ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ゴーヤ炒め

Goya

畑でゴーヤの跡片付けをしていると、小さなゴーヤがたくさん見つかりました。それらを炒めてみました。
 
 

参考レシピ:ゴーヤ嫌いが好きになった♪夏の常備菜★

【材料】
  • ゴーヤ:小さいので8本

  • かつお節:ドカッと

  • 醤油:大2

  • 砂糖:大2

  • ごま油: 適量

Goyaitame



【作り方】
  1. ゴーヤを縦に切って中のワタをスプーンで取る。

  2. 5mmぐらいの幅に切る。

  3. ごま油で炒める。

  4. 醤油・砂糖を入れて、さらに炒める。

  5. タッパーに入れて鰹節をドカッとかけてかき混ぜる。

  6. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

Goyaita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

台風24号の塩害

Nasu

練馬区の農家さんに農作業ボランティアに行きました。路地栽培の野菜が全体的に痛んでいました。
  
左はナスの写真です。葉が縮んだようになっています。

これは台風24号の影響だそうです。

Nasuengai

台風24号は、9月30日(日)深夜から10月1日(月)早朝にかけて関東地方を通過した、記録的な暴風雨をもたらしました。 
 
ナスの葉が痛んだ原因は暴風だけでなく、台風の雨に含まれる塩分です。つまり「塩害」です。 
 
しかし、ナスは強いので、放っておいても新しい脇芽がでてくるそうです。
 
ちなみに、農家さんによると、暖冬のときナスは冬でも枯れない場合があり、その場合は多年草のようにそのまま翌年、実が生るそうです。

Rakkasei

左の写真は落花生です。ところどころ葉が黄色くなっています。

これも塩害によるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

自然薯のむかごご飯を作ってみました

Mukago

自然薯のむかごご飯を作ってみました。 
「むかご」とは自然薯などヤマノイモのツルにできる豆のようなものです。
 詳しくは、豆知識記事の記事(自然薯の「むかご」)を参照してください。
 

参考レシピ:自然薯のむかごご飯

【材料】
  • 米:2合(私は玄米食なので玄米にしました)

  • むかご:1カップ程度

  • 塩:小1

  • 酒:大1

Mukago_gohan

【作り方】
  1. 炊飯器に米、塩、酒をいれてかきまぜる。

  2. 2合のメモリまで水を入れる。

  3. お米の上にむかごをのせる。

  4. 普通に炊く。

Mukagogohan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

かぼちゃのだし煮

Kabocha

今年は猛暑だったせいか、農家.com農園では例年よりかぼちゃがたくさん採れました。
 
 
収穫したかぼちゃをシンプルに、だし煮にしました。
 

参考レシピ:かぼちゃのだし煮

【材料】

  • かぼちゃ:400g

  • 水:400ml

  • ほんだし:小4

Pamp




【作り方】
 
  1. かぼちゃを薄切りにして、鍋に入れる。

  2. 鍋に水とほんだしを入れて、煮る。

  3. かぼちゃが柔らかくなったら完成。

Pampdashi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

2.5メートル以上まで成長したモロヘイヤ

Moro

東京都練馬区にある市民農園で、大きく成長したモロヘイヤを見ました。
 
高さがおそらく2.5メートル以上あります


下の写真は私の菜園のモロヘイヤです。
 
通常は、モロヘイヤは60cm位の背丈になったら、摘心します。
すると脇芽がたくさん出てきて、その脇芽を収穫します。

Moroheiya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

自然薯の「むかご」

Mukago

農家.com農園では、自然薯も栽培しています。(参考記事:短形じねんじょ

自然薯は、「ヤマノイモ」あるいは「ヤマイモ」とも呼ばれます。

自然薯のツルには、秋になると、葉の付け根辺りにに豆のようなものが生ります。(左の写真参照)


これは「むかご」と呼ばれます。
 
食べることもできますし、地面に植えれば、翌年、芽が出てきます。
  

Muka

通常の自然薯栽培では、地中にできた芋を切って植えます
(参考記事:短形じねんじょが、むかごから育てることもあるようです。

←収穫したばかりのむかごです。

収穫量が限られているので、むかごをスーパーで見かけることはありません。
 
むかごを味わえるということは、家庭菜園愛好家の特権とも言えるでしょう。
 
 

Mukag

←洗浄後のむかご

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

ピーマン・ツナ炒め

Piman500

家庭菜園でピーマンがたくさん採れたので、ピーマン大量消費用のレシピを探して、作ってみました。

【材料】
  • ピーマン:約10個

  • ツナ缶:60g2つ

  • すり胡麻:大1

  • ごま油:大1

  • 麺つゆ:3倍濃縮大さじ1

  • 塩コショウ:2振り

Pituna500



【作り方】
  1. ピーマンのヘタと種をとり、5ミリ幅位で切る。

  2. フライパンに少し油をきったツナとピーマンを入れて、軽く炒める。

  3. 塩コショウ、麺つゆをかけて、さらに炒める。

  4. すり胡麻、ごま油を入れて絡める。

Pimantuna


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

自家製切り干し大根+ツナ炒め

Kiri

自家製切り干し大根をツナと炒めました。


参考レシピ:ぱりぱり食感☆切り干し大根ツナでコクうま

【材料】
  • 切り干し大根:50g

  • ツナ缶(70g):2缶

  • 砂糖:小4

  • めんつゆ(3倍濃縮):大1.5

  • 七味:少々

Tuna


【作り方】
  1. 切り干し大根を戻す(水で7〜8分)。

  2. 切り干し大根の水気を切り、鍋にいれる。

  3. 鍋にツナを入れる(缶のオイルも一緒に入れる。)

  4. 砂糖とめんつゆ、七味もいれる。

  5. 中火にかけ水分がほとんどなくなるまで炒める。

Tunakiri


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モロヘイヤの冷凍保存