作業日誌

2024年4月 8日 (月)

C区画でブルーベリーの剪定作業をしました

3月27日(水)にC区画でブルーベリーの剪定作業をしました。
 
ブルーベリーの剪定方法は次のとおりです。
 
【切る枝

  • 内側に入ってくる(と予想される)枝
  • 細い枝
  • 枯れている枝
  • 主軸は4、5本にする

【切り戻す枝

  • Haname 花芽はぷっくりしていて(左の写真で上から10個目までの芽)、葉芽は小さい → 花芽がついている部分のみ切り戻す
  • 先が枯れている枝は枯れている部分のみ切り戻す
  • 大きすぎる枝は1メートル位まで切り戻す

Sen_before 剪定前

Sen_after 剪定後
 
 
参考動画:初心者は絶対にやらなくてはいけないブルーベリーの剪定教えます

 

 

2023年2月19日 (日)

猪とキョンにやられました

2022年5月18日の「第1回草刈り」で書いたとおり、その時点で既にA区画、B区画、C区画では苗の成長に差が出ていました。

C区画が最も成長していて、次いでB区画、最も遅いのがA区画でした。

この傾向は8月2日の「第2回草刈り」でも10月3日「第3回草刈り」でも続き、その差はむしろ差は広まっていました。

特にA区画では多数の苗が根から掘り返されていました。

最初は土の成分の違いかと思いましたが、その後、地元の農家の方の意見も聞き、猪とキョン(鹿の一種)のせいだとの結論に至りました。

Hirayama316_sen600 C区画のそばには多くの民家が隣接しています。

       C区画の航空写真

そのため、猪やキョンは近づきません。

Hirayamaab_sen600 一方、A区画、B区画はC区画よりも山側にあり、民家から離れています。

      A、B区画の航空写真

特にA区画は山林に面しています。

猪はA区画に入ってきて、苗を掘り返し、根の下のミミズを食べたのでしょう。

キョンはA区画とB区画の一部にまで入ってきて、苗の若芽を食べたのでしょう。

雑草そのものがA区画に少ないのは、柔らかい雑草をキョンが食べたからでしょう。

3月にA区画の苗を植え直します。

Hirayama_abc600

     全体の航空写真

 

2022年8月 2日 (火)

第二回草刈り

8月2日に第二回草刈りを行いました。

AbefforeA区画草刈り前

AaffterA区画草刈り後

BafterB区画草刈り後

Bafter2B区画草刈り後(B区画は前日に業者の方がやってくださったので、草刈り前の写真はありません。)

CbefforeC区画草刈り前

CaffterC区画草刈り後

 

 

2022年5月21日 (土)

第1回草刈り

5月18日(水)に初めての草刈りをしました。

健康ブルーベリー農園にはA区画、B区画、C区画の3区画があります。

3区画合計で面積は8,355㎡、苗木の本数は838本です。

草刈りは刈り払い機を使用し、4名で4時間程で完了しました。

H3before H3a

C区画が最も雑草に覆われていましたが、苗も最も生長していました。

上の写真左はC区画の草刈り前、右は草刈り後です。

C区画はカラスノエンドウなどの豆科の雑草が生えていたため、土が肥えていたのかもしれません。

H1b H1a      

A区画、B区画は、雑草はあまり伸びていませんでした。また、苗の生長もC区画ほどではありませんでした。

上の写真左はA区画の草刈り前、右は草刈り後です。

下の写真はB区画の草刈り後です。(草刈り前の写真は取り忘れました。)

H2a

ブルーベリー栽培では年に3回草刈りをします。

まずは五月、盛りの草はすでに1m近くまで伸びているので、それを刈り払い機や歩行式の草刈り機で刈り倒す。梅雨を経ると、また草は伸びてくるので、今度は開園前の七月に刈る。そして最後は閉園の頃の九月。

(江澤貞雄著「ブルーベリーをつくりこなす」より)

 

2022年5月 1日 (日)

植え付けた苗木の品種

【A区画】

703600

ウッダード 35本
ブルージャム 35本
オースチン 36本
モンゴメリー 39本
フェスティバル 39本
デライト 40本
メデット 41本
ティフブルー 41本
ノビリス 50本
バルドウィン 50本
合計 406 本

 

【B区画】

700600

ウッダード 23 本
ブルージャム 9 本
オースチン 21 本
フェスティバル 12 本
デライト 36 本
キャラウェイ 12 本
ティフブルー 12 本
ブライトブルー 38 本
パウダーブルー 42 本
クライマックス 15 本
合計 220 本

【C区画】

3201

ブルージャム 20 本
オースチン 20 本
フェスティバル 22 本
キャラウェイ 28 本
メデット 29 本
ティフブルー 22 本
パウダーブルー 30 本
バルドウィン 41 本
合計 212 本

2022年3月28日 (月)

ブルーベリーの苗を植えました

 3月23日(水)~26日(土)にブルーベリーの苗を植えました。

26日(土)の作業は午前中のみでした。

苗の植え方は次のとおりです。

  1. Saisho 作業前の畑
  2. Ana 列間3m、株間2mに縦横に紐をはり、交差した点にスコップで穴を掘る。(穴の大きさは直径30cm、深さ30cm程度)
  3. Baiyou 1つの穴に8リットル程度のブルーベリー用培養土を入れる。
  4. Baiyoudo600 (ブルーベリー用培養土の主な成分は、ピートモス、ヤシ殻)
  5. Uetuke 苗をポットから取り出して植える。(培養土に深植えにならない程度の穴を掘り、苗を入れ、培養土を寄せて、両手でしっかり押さえる。)
  6.  竹の支柱を立てる。
  7. Iou 油粕を追わん1杯程度、硫黄をお椀半分程度撒く。
  8. Takechip 苗の周りに竹チップを山盛りにする。
  9. Shituu 苗と支柱を紐で結ぶ。