« 「ITサービスの1Q決算、60%超の減益」の要旨 | トップページ | 「凄い時代 勝負は2011年」の「序章 本書の主張」の要約 »

「上昇基調に入った新規開発投資」の要旨

第223号「上は曇、下は雨」の補足です。

日経コンピュータ2009年9月30日号 景況/IT投資動向調査①「上昇基調に入った新規開発投資 運用・保守分野の緊縮ムードは続く」の要旨です。

まず、「昨年から続いていたシステム開発投資の抑制は2009年7~9月に底を打った」と指摘しています。

ただし、「企業の売上高別にIT投資DI(ディフュージョンインデックス)を算出すると明暗が分かれる」と指摘しています。

つまり、売上高500億円未満の企業に限って見ると、2009年7~9月の新規開発投資額と2009年4~6月の新規開発投資額を比較した場合、増やしている企業よりも減らしている企業の方が多いのです。

そして、

全体的に回復基調であるものの、売上高500億円未満の企業で新規開発投資が本格的に再開するまでは時間がかかりそうだ。

と結論づけています。

また、もう一つ重要な指摘は「運用・保守分野のDIはマイナス基調が続く」という点です。

運用・保守分野では、売上高の大小にかかわらず、2009年4~6月と比べて、2009年7~9月の新規開発投資額と2009年4~6月の新規開発投資額を比較した場合、増やしている企業よりも減らしている企業の方が多いのです。

IT投資額の6~7割は運用保守分野であるのが一般的だ。運用保守分野の緊縮ムードが続く限り、09年内にIT市場全体が回復することはなさそうだ。

と結論づけています。

|

« 「ITサービスの1Q決算、60%超の減益」の要旨 | トップページ | 「凄い時代 勝負は2011年」の「序章 本書の主張」の要約 »

第223号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「上昇基調に入った新規開発投資」の要旨:

« 「ITサービスの1Q決算、60%超の減益」の要旨 | トップページ | 「凄い時代 勝負は2011年」の「序章 本書の主張」の要約 »