« 冬の時代の慶の戦略 | トップページ | anycode »

他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術

第220号の補足です。

私が理事長を務めている業界団体の羅針盤21( http://r21.arrow.jp/ )で6月8日(月)に研修会がありました。( http://r21.arrow.jp/blog/2009/04/post-1.html )

その研修会には3つのテーマがあり、そのうちの2番目のテーマが、「他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術」でした。

プレジデンツ・データ・バンク株式会社( http://www.p-db.com/ )の営業マンに講演していただきました。

内容は次のようなものでした。

----------------------------------------

システム開発会社など、他社と差別化しづらい会社には広報活動が重要。
その手段としては次の3つがある

①自社メディアを運営する
このようなサイトを作れるということをアピールできる。

例:

  • Webサイトおよびネット広告の企画・制作会社が介護情報サイト「親ケア.com」を運営している。
  • 慶が「農家.com」を運営している。

②実績をアピールする
例えば、自社パッケージが大手企業に導入されたことをアピールして、見込み顧客に安心感を与える

③社内制度をアピールする
面白い制度を持っている会社は、事業自体も順調と見られ、好印象である。

|

« 冬の時代の慶の戦略 | トップページ | anycode »

第220号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他社から“一歩抜きん出る”ための中小企業広報術:

» 結婚の理想と現実 [結婚の理想と現実]
よく結婚を人生のゴールみたいに感じて、結婚さえすれば全てが幸せにいくと思っている人も多いと思いますが、結婚と言うのは「ゴール」では無いのです。実際のところ結婚は「スタート」ではないかと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 14時52分

« 冬の時代の慶の戦略 | トップページ | anycode »